*

【毎週インド映画1】『ダンガル きっと、つよくなる』最凶毒親映画

【毎週インド映画1】『ダンガル きっと、つよくなる』最凶毒親映画

ダンガル きっと、つよくなる(2016)
DANGAL(2016)


監督:ニテッシュ・ティワリ
出演:アーミル・カーン、サークシー・タンワル、
ファーティマー・サナーetc

評価:75点

バーフバリ』旋風で日本にインド映画ブームが到来したことを受けて、今週から毎週金曜日にインド映画を紹介していきます。今日は第一弾『ダンガル きっと、つよくなる』について語っていきます。

『ダンガル きっと、つよくなる』あらすじ

レスリングに思い入れのある男は、子どもをオリンピックで金メダル獲らせることを夢見ていた。しかし、生まれてくる子どもは皆女ばかり。男は哀しみ、村人は哀れんだ。しかし、ある日、娘のギータとバビータが男の子をフルボッコにしたことから、彼女たちにレスリングの才能を見出し、、、

服従するは我にあり

日本最強のワンダーウーマン吉田沙保里とも闘ったことがある、インド女子レスリング選手ギータの実話を基にしたスポ根映画。

しかし、予想していたのと全く違う作品だった。本作は最凶の毒親映画だ。あまりにも倫理観ぶっ壊れた世界なので、もし毒親家庭で育った人がこの作品に興味示していたら全力で止めたい。2時間半フラストレーションしかたまらないだろう。

しかし、本作は毒親映画として上手い。インド映画侮るなかれだ!

まず、レスリングに情熱を捧げる親父から生み出された2人の女の子ギータとバビータが父から死刑宣告される。子どもをオリンピックで金メダル獲らせるというエゴの塊を子どもに押し付けるのだ。

髪はばっさり切られ、お菓子もゲームも学校行事も禁じられる。姉妹は、父から繋がれたレスリングという名の鎖に苦しむ中、その鎖でもって自由を得ようとする。

そして、ギータはオリンピック選手を輩出している国立スポーツ・アカデミーに行く。ようやく父から釈放されたと思ったら、今度はコーチという名の鎖に繋がれ、しかもスランプに陥ってしまう。

その地獄の中で彼女が、《服従するは我にあり》と自分の哲学を見つけていく様子が可哀想で、切なくてたまらなかった。

もちろん、試合シーンはサイコーだ。この手の作品は結末がわかっているだけに、魅せ方が重要となる。時計のチラ見せ、息もつかせね攻防にヒヤヒヤ、そしてがんばれギータ!と燃え上がるような気持ちで惹きこまれました。

2時間半あっという間、笑いあり、戦慄ありのスポ根映画是非劇場でお楽しみあれ!

ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!
ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【Netflix】『テイク・ユア・ピル』驚愕!薬物史から紐解かれるADHD史

テイク・ユア・ピル スマートドラッグの真実(2018) Take Your Pills(2018)

続きを読む

【ネタバレ解説】『ザ・スクエア』オストルンド監督の重い槍を受け止めよ!

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017) THE SQUARE(2017) 監督:リューベン

続きを読む

【ネタバレなし】『フロリダ・プロジェクト』ウィレム・デフォーの愛と哀に涙

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017) The Florida Project(2017)

続きを読む

【寅さんフルマラソン 総括】「男はつらいよ」総選挙 結果発表!※最終回

祝:「男はつらいよ」完走! 「男はつらいよ」シリーズ全48作+1作品からなる、寅さんフルマラソン完

続きを読む

【アンジェイ・ズラウスキー特集】『悪魔』監督2作目にしてFPS視点を発明!

悪魔(1972) Le Diable(1972) 監督:アンジェイ・ズラウスキー 出演:ヴ

続きを読む

【#バーフバリ絶叫】マヒシュマティ王国に二度入国して気づいたこと※ネタバレあり

バーフバリ絶叫上映に行ってみた 『マッド・マックス/怒りのデス・ロード』に次ぐ映画ファンを狂わ

続きを読む

【ネタバレ解説】『触手』は悦楽に溺れたメキシコ社会を反映したエロ映画だ!

触手(2016) 英題:THE UNTAMED 原題:La region salvaje

続きを読む

【ネタバレ解説】『わたしたちの家』は新手の『漂流教室』だ!

わたしたちの家(2017) 監督:清原惟 出演:河西和香、安野由記子、 大沢まりをetc

続きを読む

【寅さんフルマラソン㊶】「男はつらいよ 寅次郎心の旅路」ウィーン旅行敢行編

男はつらいよ 寅次郎心の旅路(1989) 監督:山田洋次 出演:渥美清、 淡路恵子、 倍

続きを読む

【寅さんフルマラソン㊵】「男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日」寅さん早稲田大学に通うの巻き

男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日(1988) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 三田寛子,

続きを読む

Comment

  1. Tom より:

    興味深く拝読いたしましたが、大変好きな映画なのでいくつか気になった点を。
    まず「レスリング道場を営む男」と書かれていますが、父のマハヴィルはレスリング道場を営んでいません。それと「プロレスリング選手」だったわけでもありません。
    また「プロとしてギータは体育学校に行く」とありますが、彼女もその時点でプロになったわけではありません。さらに彼女が向かったのは体育学校というよりも、国立スポーツ・アカデミーと呼ばれている国の選手育成組織です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑