*

【自主ベルイマン生誕100周年映画祭】『インド行きの船』ベルイマン流『アタラント号』

【自主ベルイマン生誕100周年映画祭】『インド行きの船』ベルイマン流『アタラント号』

インド行きの船(1947)
英題:A Ship Bound for India
原題:Skepp till Indialand


監督:イングマール・ベルイマン
出演:ビルイェル・マルムステーン、ホルゲル・レーヴェンアドレル、
イェートルド・フリードetc

評価:50点

YEBISU GARDEN CINEMAになかなかいけないので勝手に自宅で《ベルイマン生誕100周年映画祭》開催中のブンブン。今回は、『インド行きの船』に挑戦してみました…

『インド行きの船』あらすじ

フィンランドの劇作家マッティン・セーデルイェルムの同名戯曲の映画化。老いた船乗りアレクサンデルとその息子ヨハンネスは踊り子サリーを巡って激しく対立する。アレクサンデルは、失明する運命だった。そんな彼を棄て、息子はサリーと新たな旅へと向かう…

ベルイマン流『アタラント号』

イングマール・ベルイマンといえば、デヴィッド・リンチやデヴィッド・フィンチャー、ウィリアム・フリードキン等の様々な監督に影響を与え、時にヴィジュアルをもろパクられているイメージが強い。ベルイマン映画を観ると、ベルイマン以前の作品では観られないようなクールで刺激的なヴィジュアルが待ち受けていたりする。これは、映像を撮ったことがある人であれば真似したくなるのも無理はない。しかし、そんな彼もかつては、他の監督の作品からヴィジュアルを真似ていた。

本作は明らかにジャン・ヴィゴの『アタラント号』を意識している。船に《人生》を象徴させ、船の外側に一期一会や別れといった人生の転換を強調させる。そして、船の中にいけば行くほど、人の内面の移ろいが強調されて行く。ベルイマンは、そんな『アタラント号』の技術に自分の父との確執を注ぎ込む。厳格老害な父は、息子に「お前は俺に攻撃できない。何故ならば腰抜けだ。」と言い煽る。父は、失明する運命にあるのだが、そこには息子が、周りが見えなくなることへのメタファーが込められている。船乗りとしての運命を背負いながらも、なんとか父からの呪縛から解き放たれようとする様子を、船の脱出に象徴させ、家庭の崩壊を船の沈没で表現する。長編三作目にして『アタラント号』の技術を自身の色に染める技術力の高さを伺えた。

しかしながら、本作でのベルイマンは、まだヴィジュアル系監督になりきれていない。これが10年後、13本後に『第七の封印』という究極のヴィジュアル映画を撮り、開花すると考えると非常に胸熱である。

ブロトピ:映画ブログ更新
ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!

関連記事

【ネタバレ解説】『夜明け告げるルーのうた』あり得ないほど近くそして遠い『崖の上のポニョ』

夜明け告げるルーのうた(2017) 仏題:Lou et l'Île aux sirènes 英題

続きを読む

『メーヌ・オセアン』ジャック・ロジエ最強のgdgdバカンス映画

メーヌ・オセアン(1986) Maine-Océan(1986) 監督:ジャック・ロジエ

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】『タクシー・ブルース』ペレストロイカがよくわかる

タクシー・ブルース(1990) TAXI BLUES(1990) 監督:パーヴェル・ルンギン

続きを読む

【アンジェイ・ズラウスキー特集】『夜の第三部分』男は女の幻影を観てシラミ工場へ

夜の第三部分(1972) Trzecia część nocy(1972) 監督:アンジェイ

続きを読む

【寅さんフルマラソン㊽】「男はつらいよ 寅次郎紅の花」衝撃の最終回

男はつらいよ 寅次郎紅の花(1995) 監督:山田洋次 出演:渥美清、 吉岡秀隆、倍賞千恵

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】「地獄門」日本で初めてパルムドールを獲った時代劇

地獄門(1953) 監督:衣笠貞之助 出演:長谷川一夫、京マチ子etc 評価:85点

続きを読む

【夏休み映画】『ボヤージュ・オブ・タイム』Netflixから世界の果てまで行って…

ボヤージュ・オブ・タイム(2016) Voyage of Time(2016) 監督:テレン

続きを読む

【ネタバレ解説】『インクレディブル・ファミリー』ブラッド・バードはマーベルの先を行く

インクレディブル・ファミリー(2018) Incredibles 2(2018) 監督:ブラ

続きを読む

【ネタバレ解説】『リメンバー・ミー』今年ベスト邦題当確?このタイトルの意味に涙する

リメンバー・ミー(2017) Coco(2018) 監督:リー・アンクリッチ、 エイドリア

続きを読む

【寅さんフルマラソン㊵】「男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日」寅さん早稲田大学に通うの巻き

男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日(1988) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 三田寛子,

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑