*

【毎週インド映画8】『ボンベイ to ナゴヤ』B級インド映画名古屋で大暴れ

公開日: : 最終更新日:2018/09/28 2018映画 , , , , , , ,

【毎週インド映画8】『ボンベイ to ナゴヤ』B級インド映画名古屋で大暴れ

ボンベイ to ナゴヤ(1993)
BOMBAY TO NAGOYA(1993)


監督:チャンチャル・クマール
出演:アニル・バクシー、プリヤンカ、
プレーム・チョープラー、原智彦etc

評価:60点

TSUTAYA渋谷店でこんなユニークなタイトルのVHSを目撃した。

『ボンベイ to ナゴヤ』!

タイトル通り名古屋でロケが行われたインド映画らしい。早速借りて観てみた。

『ボンベイ to ナゴヤ』あらすじ

父と共に密輸組織を摘発する警察官ヴィジャイ。ある日、両親をギャングに殺されてしまう。そのギャングはヤクザ・佐藤の手を借りて名古屋に逃亡したらしい。ヴィジャイは名古屋に潜入し、ギャングを成敗することにする…

踊って踊って踊りまくる!狂気のB級インド映画

観るからにB級インド映画の体裁をとっている超大作。正直、ストーリーなんてあってないようなものだ。両親を殺したギャングを追って日本にやって来たインド人警官が、拳で解決するというプロットなのだが、とにかくダンスシーンによって物語が横道に逸れることそれること。

恐らくゲリラ撮影だろうと思うほどのドキュメンタリータッチな中で警官とヒロインが踊る。広場の噴水に入水したり、大通りの真ん中で歌い踊り狂うのだ(危ないなぁ)。渡航費だけで予算を大幅に使ってしまった為か、下手な日本描写に金をかけていない分、妙に1990年代の日本の様子がリアルだ。あの時代の日本の暑苦しさが妙に生々しさがある。意図されていないとは思うが、バブル崩壊後のどんよりとした日本の景色がそこにあるのだ。

もちろん、辛うじての日本らしい見せ場がある。ギャングの親分が歌舞伎を観るシーン。歌舞伎役者に紛れてヴィジャイが演じ、クライマックスで周りの役者を切りつけ、ギャングの親分に襲いかかる。このシーンの殺陣は、しっかり殺陣役者から勉強したのだろう。ドラマチック且つリアリズムがある。

シーンとシーンは唐突で、音楽も物語に絡んでいない、正直酷い作りの映画なのだが、妙に親近感があり愛さずにはいられない作品であった。

毎週インド映画記事

【毎週インド映画11】『シャー・ルク・カーンのDDLJラブゲット大作戦〜花嫁は僕の胸に』驚異の20年ロングラン
【毎週インド映画10】『ビッグ・シティ』サタジット・レイが贈るハードコア・サザエさん
【毎週インド映画9】『モンスーン・ウェディング』金獅子賞を制したインド映画
【毎週インド映画8】『ボンベイ to ナゴヤ』B級インド映画名古屋で大暴れ
【毎週インド映画7】『バーフバリ 王の凱旋 完全版』はカッタッパ愛に溢れる別物だった件
【毎週インド映画6】『チャルラータ』踊らぬインド映画の巨匠サタジット・レイ渾身の一作
【毎週インド映画5】『PK』アーミル・カーン主演!多宗教が世界を救う
【毎週インド映画4】『リクシャー』インドのタクシー内で繰り広げられる罪と罰
【毎週インド映画3】『レインボー』シャー・ルク・カーンをたずねて三千里
【毎週インド映画2】『サラーム・ボンベイ!』踊らぬインド映画の傑作
【毎週インド映画1】『ダンガル きっと、つよくなる』最凶毒親映画

ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!
ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【 #ワールドカップロシア2018 】ブンブンのオールタイムベスト ポーランド映画

【 #ワールドカップロシア2018 】ブンブンのオールタイムベスト ポーランド映画 ワールドカップ

続きを読む

【ネタバレ】『ちいさな英雄』見えないモノを見ようとして 望遠鏡を覗き込んだポノック

ちいさな英雄 カニとタマゴと透明人間(2018) 『カニーニとカニーノ』: 監督:米林宏昌

続きを読む

『コロッサス・ユース』ペドロ・コスタ、ホース・マネーへの道

コロッサス・ユース(2006) 英題:COLOSSAL YOUTH 原題:JUVENTUDE E

続きを読む

【映画BARリポート】高円寺にオープンBIG FISHでサイコーのクリスマスイヴを送ってきた!

高円寺に映画BAR"BIG FISH"爆誕!! 12/24に仮オープンする高円寺の洋画カフェ&バー

続きを読む

【ネタバレ解説】『君の名前で僕を呼んで』忍れど 死のブレード乱れ 苦き淡

君の名前で僕を呼んで(2017) CALL ME BY YOUR NAME(2017) 監督

続きを読む

【ネタバレなし考察】『若い女 Jeune femme』から観る虚言癖の心理

若い女(2017)  Jeune femme(2017) 監督:レオノール・セライユ 出

続きを読む

『ペンタゴン・ペーパーズ』は音楽のないオペラ!M.ストリープの熱演に注目!

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書(2017) THE POST(2017) 監督:スティ

続きを読む

【ブンブンシネマランキング2018】ワースト部門1位は瀬々敬久監督作『友罪』

ブンブンシネマランキング2018:ワースト部門 さあ、ついにやってきました2018年映画ワースト1

続きを読む

【毎週インド映画3】『レインボー』シャー・ルク・カーンをたずねて三千里

レインボー(2015) Dhanak(2015) 監督:ナゲーシュ・ククヌール 出演:クリ

続きを読む

【ネタバレ解説】『未来のミライ』ベルイマンの『野いちご』から謎を読み解く

未来のミライ(2018) Mirai(2018) 監督:細田守 出演:上白石萌歌、黒木

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人2年目の映画オタク。 年間500本、映

【考察・未体験ゾーンの映画たち2019】『ディアマンティーノ』サッカーから読み解くポルトガルのコンプレックス

ディアマンティーノ 未知との遭遇(2018) Diamantino

『デビルシャーク』デビルシャークと私

デビルシャーク(2015) SHARK EXORCIST 監督

第69回ベルリン国際映画祭コンペ作品追加発表、A.ヴァルダ、A.ホランド、I.コイシェetc

第69回ベルリン国際映画祭コンペ作品追加発表 先日、第69回ベルリン

『The Hate U Give』今、ブラックムービーが熱い件

ザ・ヘイト・ユー・ギブ(2018) The Hate U Give

【MUBI】『FROST』ジャーナリストには己の揺るぎなき哲学がいる

フロスト(2017) FROST 監督:シャルナス・バルタス

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑