*

【毎週インド映画8】『ボンベイ to ナゴヤ』B級インド映画名古屋で大暴れ

公開日: : 最終更新日:2018/06/15 2018映画 , , , , , , ,

【毎週インド映画8】『ボンベイ to ナゴヤ』B級インド映画名古屋で大暴れ

ボンベイ to ナゴヤ(1993)
BOMBAY TO NAGOYA(1993)


監督:チャンチャル・クマール
出演:アニル・バクシー、プリヤンカ、
プレーム・チョープラー、原智彦etc

評価:60点

TSUTAYA渋谷店でこんなユニークなタイトルのVHSを目撃した。

『ボンベイ to ナゴヤ』!

タイトル通り名古屋でロケが行われたインド映画らしい。早速借りて観てみた。

『ボンベイ to ナゴヤ』あらすじ

父と共に密輸組織を摘発する警察官ヴィジャイ。ある日、両親をギャングに殺されてしまう。そのギャングはヤクザ・佐藤の手を借りて名古屋に逃亡したらしい。ヴィジャイは名古屋に潜入し、ギャングを成敗することにする…

踊って踊って踊りまくる!狂気のB級インド映画

観るからにB級インド映画の体裁をとっている超大作。正直、ストーリーなんてあってないようなものだ。両親を殺したギャングを追って日本にやって来たインド人警官が、拳で解決するというプロットなのだが、とにかくダンスシーンによって物語が横道に逸れることそれること。

恐らくゲリラ撮影だろうと思うほどのドキュメンタリータッチな中で警官とヒロインが踊る。広場の噴水に入水したり、大通りの真ん中で歌い踊り狂うのだ(危ないなぁ)。渡航費だけで予算を大幅に使ってしまった為か、下手な日本描写に金をかけていない分、妙に1990年代の日本の様子がリアルだ。あの時代の日本の暑苦しさが妙に生々しさがある。意図されていないとは思うが、バブル崩壊後のどんよりとした日本の景色がそこにあるのだ。

もちろん、辛うじての日本らしい見せ場がある。ギャングの親分が歌舞伎を観るシーン。歌舞伎役者に紛れてヴィジャイが演じ、クライマックスで周りの役者を切りつけ、ギャングの親分に襲いかかる。このシーンの殺陣は、しっかり殺陣役者から勉強したのだろう。ドラマチック且つリアリズムがある。

シーンとシーンは唐突で、音楽も物語に絡んでいない、正直酷い作りの映画なのだが、妙に親近感があり愛さずにはいられない作品であった。

ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!
ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【ネタバレなし解説】『パンとバスと2度目のハツコイ』深川麻衣アイドル映画なのに…

パンとバスと2度目のハツコイ(2017) 監督:今泉力哉 出演:深川麻衣、山下健二郎

続きを読む

【ネタバレ解説】『インクレディブル・ファミリー』ブラッド・バードはマーベルの先を行く

インクレディブル・ファミリー(2018) Incredibles 2(2018) 監督:ブラ

続きを読む

『イカロス』ダークホース!アカデミー賞ドキュメンタリー賞受賞のネットフリックス映画

イカロス(2017) ICARUS(2017) 監督:ブライアン・フォーゲル 評価:7

続きを読む

『THE DISASTER ARTIST』日本公開希望!『ブリグズビー・ベア』に続く映画愛溢れる傑作

ディザスター・アーティスト(2017) THE DISASTER ARTIST(2017)

続きを読む

【毎週インド映画5】『PK』アーミル・カーン主演!多宗教が世界を救う

PK(2014) 監督:ラージクマール・ヒラーニ 出演:アーミル・カーン、アヌシュカ・シャル

続きを読む

【速報】第71回カンヌ国際映画祭パルムドールは『万引き家族』!21年ぶりに日本映画が受賞

第70回カンヌ国際映画祭受賞結果 パルム・ドール:万引き家族 監督:是枝裕和 すげええ

続きを読む

【アテネフランセ特集】『どん底(2008)』メンドーサの荒ぶるマニラ世界

どん底(2008) 原題:Tirador 英題:Slingshot 監督:ブリランテ・メン

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】『タクシー・ブルース』ペレストロイカがよくわかる

タクシー・ブルース(1990) TAXI BLUES(1990) 監督:パーヴェル・ルンギン

続きを読む

【ネタバレ解説】『泳ぐひと』60年代にもあった意識高い系への皮肉

泳ぐひと(1968) THE SWIMMER(1968) 監督:フランク・ペリー 出演:バ

続きを読む

【ネタバレ解説】『ジオストーム』ジェラルド・バトラー実はきちんとエンジニアやってた件

ジオストーム(2017) GEOSTORM(2017) 監督:ディーン・デヴリン 出演:ジ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑