*

【毎週インド映画6】『チャルラータ』踊らぬインド映画の巨匠サタジット・レイ渾身の一作

公開日: : 最終更新日:2018/09/28 2018映画 , , , , , , ,

【毎週インド映画6】『チャルラータ』踊らぬインド映画の巨匠サタジット・レイ渾身の一作

チャルラータ(1964)
CHRULATA(1964)


監督:サタジット・レイ
出演:マドビ・ムカージ、ショウミットロ・チャテルジー、
ジョイレン・ムカージーetc

評価:75点

今年はインド映画に力を入れている私ですが、先日サタジット・レイの『チャルラータ』ブルーレイを買いました。ウェス・アンダーソンや淀川長治を魅力させた踊らぬインド映画とのことだが果たして…

『チャルラータ』あらすじ

1880年カルカッタ。《センチネル》という政治新聞の編集長兼経営者として莫大な富を得ているブパチ・ダット。ある日、兄とその妻を呼び寄せ、彼女に自分の妻の世話を任せた。しかし、ブパチ・ダットは文学少女だったのに対し、兄の妻は無学な女。相性が悪い。そこに、文学博士のいとこが現れたことから運命の歯車が回り始める…

インドの巨匠が放つ『おたくはつらいよ』

インドならではの美しい装飾、サントラに引き込まれるが、実は本作、オタクの為の映画だ。

男尊女卑な時代、女は箱入りで刺繍をやらせていた時代。文学少女な奥さんは周りの人と話が合わず、退屈していた。夫は新聞社の男で、仕事が忙しくなかなか構ってくれない。そんな中、文学博士が彼女の面倒をみにやって来て、恋が始まるという内容。この手の恋愛映画に必須とも言えるバレルカバレナイカサスペンスは薄いので、物語の直接的な起伏を期待して観ると肩透かしを食らうのだが、2人の文学人が囁くような声で詩を詠み、それによって揺れ動く心を雨と扉の揺らぎで描く美しさには舌鼓を打つこと間違いなしだ。特に、『君の名前で僕を呼んで』にハマった人の心を鷲掴みにする内容となっています。

そしてこれはオタクに向けた究極のシンデレラストーリーではあるまいか!昨年の実写版『美女と野獣』が如く、文学で心を通わす二人に熱くなる。いや、オタクなら熱くならない訳が無い。そりゃ、ウェス・アンダーソンが惚れ込むのも納得だ。この耽美的世界。「インド映画って大味でしょ!とにかく踊るんでしょ?」と線引きをしている方にこそ観て欲しい作品でした。

毎週インド映画記事

【毎週インド映画11】『シャー・ルク・カーンのDDLJラブゲット大作戦〜花嫁は僕の胸に』驚異の20年ロングラン
【毎週インド映画10】『ビッグ・シティ』サタジット・レイが贈るハードコア・サザエさん
【毎週インド映画9】『モンスーン・ウェディング』金獅子賞を制したインド映画
【毎週インド映画8】『ボンベイ to ナゴヤ』B級インド映画名古屋で大暴れ
【毎週インド映画7】『バーフバリ 王の凱旋 完全版』はカッタッパ愛に溢れる別物だった件
【毎週インド映画6】『チャルラータ』踊らぬインド映画の巨匠サタジット・レイ渾身の一作
【毎週インド映画5】『PK』アーミル・カーン主演!多宗教が世界を救う
【毎週インド映画4】『リクシャー』インドのタクシー内で繰り広げられる罪と罰
【毎週インド映画3】『レインボー』シャー・ルク・カーンをたずねて三千里
【毎週インド映画2】『サラーム・ボンベイ!』踊らぬインド映画の傑作
【毎週インド映画1】『ダンガル きっと、つよくなる』最凶毒親映画

ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!
ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【釜山国際映画祭】『The Prey』日本公開希望!カンボジアから出てきた極上ガン=カタ映画

The Prey(2018) 監督:Jimmy Henderson 出演:Byron Bis

続きを読む

【ネタバレ】『グッバイ・クリストファー・ロビン』くまのプーさんには黒歴史が…あった…

グッバイ・クリストファー・ロビン(2017) Goodbye Christopher Robin(

続きを読む

【『ペンタゴン・ペーパーズ』公開記念】『フォッグ・オブ・ウォー』から観るマクナマラの素顔

フォッグ・オブ・ウォー マクナマラ元米国防長官の告白(2003) THE FOG OF WAR:

続きを読む

【ゴーモン特集】『鱒』もしもジョゼフ・ロージーが『俺ら東京さ行ぐだ』を映画化したら…

鱒(1982) LA TRUITE(1982) 監督:ジョゼフ・ロージー 出演:イザベル・

続きを読む

【映画館】北千住ブルースタジオで激レア映画『アデュー・フィリピーヌ』を鑑賞

北千住ブルースタジオに行ってみた♩ 先日、EUフィルムデーズでペドロ・コスタ監督作『ホース

続きを読む

【ネタバレ酷評】『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』Mamma mia! 立ち直れない もう、どうしてくれるんだ

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018) Mamma Mia! Here We Go Ag

続きを読む

【アニエス・ヴァルダ特集】『カンフー・マスター!』ショタ×格闘ゲームmeetヌーヴェルヴァーグ  

カンフー・マスター!(1987) KUNG-FU MASTER/LE PETIT AMOUR(19

続きを読む

『First Reformed』ポール・シュレイダー式『田舎司祭の日記』

ファースト・リフォームド(2017) First Reformed(2017) 監督:ポール

続きを読む

『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』超体感シネマは有給取っても観るべきだった件

ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル(2018) JUMANJI WELCOME TO JUN

続きを読む

『LE CONCOURS』ゴダールが落第!フランス名門映画学校の入試に迫る傑作ドキュメンタリー

LE CONCOURS(2016) 監督:クレール・シモン 評価:95点 フランス

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人2年目の映画オタク。 年間500本、映

【考察・未体験ゾーンの映画たち2019】『ディアマンティーノ』サッカーから読み解くポルトガルのコンプレックス

ディアマンティーノ 未知との遭遇(2018) Diamantino

『デビルシャーク』デビルシャークと私

デビルシャーク(2015) SHARK EXORCIST 監督

第69回ベルリン国際映画祭コンペ作品追加発表、A.ヴァルダ、A.ホランド、I.コイシェetc

第69回ベルリン国際映画祭コンペ作品追加発表 先日、第69回ベルリン

『The Hate U Give』今、ブラックムービーが熱い件

ザ・ヘイト・ユー・ギブ(2018) The Hate U Give

【MUBI】『FROST』ジャーナリストには己の揺るぎなき哲学がいる

フロスト(2017) FROST 監督:シャルナス・バルタス

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑