*

【毎週インド映画6】『チャルラータ』踊らぬインド映画の巨匠サタジット・レイ渾身の一作

公開日: : 最終更新日:2018/09/28 2018映画 , , , , , , ,

【毎週インド映画6】『チャルラータ』踊らぬインド映画の巨匠サタジット・レイ渾身の一作

チャルラータ(1964)
CHRULATA(1964)


監督:サタジット・レイ
出演:マドビ・ムカージ、ショウミットロ・チャテルジー、
ジョイレン・ムカージーetc

評価:75点

今年はインド映画に力を入れている私ですが、先日サタジット・レイの『チャルラータ』ブルーレイを買いました。ウェス・アンダーソンや淀川長治を魅力させた踊らぬインド映画とのことだが果たして…

『チャルラータ』あらすじ

1880年カルカッタ。《センチネル》という政治新聞の編集長兼経営者として莫大な富を得ているブパチ・ダット。ある日、兄とその妻を呼び寄せ、彼女に自分の妻の世話を任せた。しかし、ブパチ・ダットは文学少女だったのに対し、兄の妻は無学な女。相性が悪い。そこに、文学博士のいとこが現れたことから運命の歯車が回り始める…

インドの巨匠が放つ『おたくはつらいよ』

インドならではの美しい装飾、サントラに引き込まれるが、実は本作、オタクの為の映画だ。

男尊女卑な時代、女は箱入りで刺繍をやらせていた時代。文学少女な奥さんは周りの人と話が合わず、退屈していた。夫は新聞社の男で、仕事が忙しくなかなか構ってくれない。そんな中、文学博士が彼女の面倒をみにやって来て、恋が始まるという内容。この手の恋愛映画に必須とも言えるバレルカバレナイカサスペンスは薄いので、物語の直接的な起伏を期待して観ると肩透かしを食らうのだが、2人の文学人が囁くような声で詩を詠み、それによって揺れ動く心を雨と扉の揺らぎで描く美しさには舌鼓を打つこと間違いなしだ。特に、『君の名前で僕を呼んで』にハマった人の心を鷲掴みにする内容となっています。

そしてこれはオタクに向けた究極のシンデレラストーリーではあるまいか!昨年の実写版『美女と野獣』が如く、文学で心を通わす二人に熱くなる。いや、オタクなら熱くならない訳が無い。そりゃ、ウェス・アンダーソンが惚れ込むのも納得だ。この耽美的世界。「インド映画って大味でしょ!とにかく踊るんでしょ?」と線引きをしている方にこそ観て欲しい作品でした。

毎週インド映画記事

【毎週インド映画11】『シャー・ルク・カーンのDDLJラブゲット大作戦〜花嫁は僕の胸に』驚異の20年ロングラン
【毎週インド映画10】『ビッグ・シティ』サタジット・レイが贈るハードコア・サザエさん
【毎週インド映画9】『モンスーン・ウェディング』金獅子賞を制したインド映画
【毎週インド映画8】『ボンベイ to ナゴヤ』B級インド映画名古屋で大暴れ
【毎週インド映画7】『バーフバリ 王の凱旋 完全版』はカッタッパ愛に溢れる別物だった件
【毎週インド映画6】『チャルラータ』踊らぬインド映画の巨匠サタジット・レイ渾身の一作
【毎週インド映画5】『PK』アーミル・カーン主演!多宗教が世界を救う
【毎週インド映画4】『リクシャー』インドのタクシー内で繰り広げられる罪と罰
【毎週インド映画3】『レインボー』シャー・ルク・カーンをたずねて三千里
【毎週インド映画2】『サラーム・ボンベイ!』踊らぬインド映画の傑作
【毎週インド映画1】『ダンガル きっと、つよくなる』最凶毒親映画

ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!
ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

『Madeline’s Madeline』ゴッサム賞ノミネートの注目演劇映画

マデリンズ マデリン(2018) Madeline's Madeline 監督:ジョセフィン

続きを読む

【ハル・ハートリー特集】『フェイ・グリム』こんな続編誰も予想つかないw

フェイ・グリム(2006) FAY GRIM(2006) 監督:ハル・ハートリー 出演:パ

続きを読む

【ネタバレ】『オルエットの方へ』ジャック・ロジエ流《ゆるキャン△》

オルエットの方へ(1971) Du côté d'Orouët (1971) 監督:ジャック

続きを読む

【ブンブンシネマランキング2018】新作部門第1位は『バーフバリ 王の凱旋』ジェイ!マヒシュマティ!

ブンブンシネマランキング2018:新作部門 今年もやってきましたブンブンシネマランキング。今年

続きを読む

『アリー/スター誕生』レディオ・ガガの次はレディー・ガガだ!!

アリー/スター誕生(2018) A STAR IS BORN 監督:ブラッドリー・クーパー

続きを読む

【寅さんフルマラソン㊽】「男はつらいよ 寅次郎紅の花」衝撃の最終回

男はつらいよ 寅次郎紅の花(1995) 監督:山田洋次 出演:渥美清、 吉岡秀隆、倍賞千恵

続きを読む

特集:ブンブン推薦!知られざるクリスマス映画3選

特集:ブンブン推薦!知られざるクリスマス映画3選 時はクリスマスシーズン。街はイルミネーションに照

続きを読む

【釜山国際映画祭・ネタバレ】『CLIMAX』ギャスパー・ノエがサングリアに隠した謎を読み解く

『CLIMAX』ギャスパー・ノエがサングリアに隠した謎を読み解く ギャスパー・ノエの新作『CL

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】『カサバ 町』ヌリ・ビルゲ・ジェイランの長編デビュー作

カサバ 町(1997) KASABA(1997) 監督:ヌリ・ビルゲ・ジェイラン 出演:C

続きを読む

GW暇だったのでラヴ・ディアスの10時間半映画『あるフィリピン人家族の創生』を観た結果…

あるフィリピン人家族の創生(2005) 原題:Ebolusyon ng Isang Pamilya

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑