*

【絶賛】『15時17分、パリ行き』タリス銃乱射事件関係者大集合!ヒーローに執着する男の映画だ!

【絶賛】『15時17分、パリ行き』タリス銃乱射事件関係者大集合!ヒーローに執着する男の映画だ!

15時17分、パリ行き(2018)
The 15:17 to Paris(2018)


監督:クリント・イーストウッド
出演:アンソニー・サドラー、アレク・スカラトス、
スペンサー・ストーンetc

評価:90点

ロッテントマトで、批評家からも一般ピーポーからも嫌われた映画がある。その嫌われようはというと、、、


実写版『ピーター・ラビット』
批評家評:59%
一般人評:61%


『メイズ・ランナー3』
批評家評:43%
一般人評:68%


『15時17分、パリ行き』
批評家評:24%
一般人評:46%

なんと、実写版『ピーター・ラビット』や『メイズ・ランナー3』を遥かに上回る低評価っぷりだ。

辛うじて勝てたのは、ラジー賞の定番『フィフティ・シェイズ』シリーズ最終章ぐらい。

この問題作『15時17分、パリ行き』は、2015年パリ行きの列車で起きた、無差別殺人テロを防いだ3人の男を描いた物語(タリス銃乱射事件)で、なんと主役の3人はもちろん、事件当時現場にいた人々も可能な限り本人を採用した異色作だ。

てっきり、魔女狩りのように過去のセクハラを引き合いに過剰に吊るし上げる運動の一環でイーストウッドが標的にされたのかと思いきや、フランスでも頗る評判が悪い。この手のトリッキーな映画に甘いカイエ・デュ・シネマですら、「Le nouveau Eastwood est un naufrage(イーストウッドの新作は難破船だ)」とお手上げ状態だ。

ここ数年一番の不安を抱えて観に行ったところ、なんやねん大大大傑作ではありませんか。今日はそのことについて書きます。

『15時17分、パリ行き』あらすじ

2015年に起きたタリス銃乱射事件の映画化。たまたま乗り合わせていた、スペンサー・ストーンとオレゴンのアレク・スカラトス、そしてアンソニー・サドラーの半生を振り返る…

ヒーローに執着する男の映画

アンディ・ウォーホルはかつてこういった。

誰もが15分間なら有名人になれる。いずれそんな時代が来るだろう。
In the future everyone will be world-famous for 15 minutes.

この15分がやってきた男の、涙ぐましい運命の物語がここにはあった。

実は、本作、8割型スキンヘッドの男スペンサーに焦点が当たっている。そして、事件当日までの約20年間の彼を追う。幼少期、やんちゃ盛りで先生から《ADD(注意欠陥障害)》を疑われる。親は、スペンサーの個性を認めようとするが、承認欲求は満たされない。そのままアダルトチルドレンのように大人になってしまった彼は、軍に入りある目的の為に頑張るのだが、誰も認めてくれない。しかも自分のドジで尚更陰日向に追いやられる。そんな彼の「認められない」という劣等感から生じる行動の数々をイーストウッドは見事に汲み取り、一見すると退屈な挿話が終盤に強固な伏線として活きてくる。

本作は、この挿話の使い方があまりにも斬新で叩かれている模様。確かに、明らかにカットがおかしい場面がある。スペンサーとアンソニーはアレックより早く2人共々ヨーロッパ旅行に出かけていた。2人はドイツで急遽オランダに行くこととなる。次のシーンではクラブで踊り狂う2人が映し出される。何故か、その次の場面ではアレックと合流しているのだ。

イーストウッドは無駄を徹底的に排除するあまりに本来必要なカットも排除してしまっている。

ただ、観終わった後、「それでいいのだ」と思った。あれはテロ犯を撃退したスペンサーが観る走馬灯でしかないのだ。スペンサーにとって大切な思い出しかこの映画にはないのだ。

そして、ヒーローを描き続けてきたクリント・イーストウッド監督はスペンサーを通じて新鮮なヒーロー像を魅せる。スペンサーは終始、人助けに拘る。例えば、米軍基地が何者かに襲撃された際、教室内の仲間や先生は机の下に隠れるが、スペンサーはペンを片手に戦おうとする。スペンサーは、上記の通り承認欲求を満たされたいと思っている。ヒーローになりたいと思っているから、このシリアスな場面で輝こうとするのだ。

そんな彼が、タリス銃乱射事件後、ベンチに座り思いに耽る。「運命」に心踊らせられる。ようやくヒーローになれた。今までの人生が報われたと。

これぞ現実のヒーロー。ブンブンはこのカタルシスに号泣でした。

だから、本作は誰にも文句を言わせない大切な思い出を持っている人に刺さる作品なのだ。

もし、本作に乗れなかったら、《輝ける15分》に遭遇した直後に再度観てほしい。きっとあなたは痺れるであろう。

余談

実は、私がこの作品に思いを寄せたのは個人的な理由もある。スペンサーがイタリア旅行した際のルートが、私の高校時代に行った卒業旅行のルートとそっくりだったのだ。ダチと2人でローマ、ヴェネチアに渡り、現地の女性に一目惚れし、その旅が互いにその後の運命を決定的に変えた。本作と私の人生のシンクロ率がやけに高かったので、興奮しまくっていました。

ブロトピ:映画ブログ更新
ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!

関連記事

【ネタバレ】『ガーディアンズ』ロシア版X-MEN…実は司令官最強説

ガーディアンズ(2017) 原題:Защитники 英題:THE GURDIANS 監督

続きを読む

【ネタバレ解説】『ライオンは今夜死ぬ』諏訪敦彦のラブレターに隠されたメッセージとは?

ライオンは今夜死ぬ(2018) LE LION EST MORT CE SOIR(2018)

続きを読む

【ネタバレ解説】『天国はまだ遠い』濱口竜介の見えざる手

天国はまだ遠い(2016) 監督:濱口竜介 出演:岡部尚、小川あん、玄理etc 評価:

続きを読む

【ブンブン速報】第75回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞はNetflix映画『ROMA』

第75回ヴェネチア映画祭受賞結果速報 遂に発表されましたヴェネチア国際映画祭受賞結果。今回は、カン

続きを読む

【実話】『5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生』チアルートも驚愕!盲目でホテルマンを目指した男

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017) Mein Blind Date mit d

続きを読む

【絶賛】『バーフバリ 王の凱旋』前作未見でもノープロブレム 地を這ってでもこの映画を観てくれ!

バーフバリ 王の凱旋(2017) Baahubali 2: The Conclusion 監

続きを読む

【速報】第71回カンヌ国際映画祭パルムドールは『万引き家族』!21年ぶりに日本映画が受賞

第70回カンヌ国際映画祭受賞結果 パルム・ドール:万引き家族 監督:是枝裕和 すげええ

続きを読む

【酷評】『銀魂2 掟は破るためにこそある』斬りたくないが斬るでごわす!

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018) 監督:福田雄一 出演:小栗旬、菅田将暉、橋本環奈

続きを読む

『それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星』大人も唸る産業廃棄物ディザスタームービー

それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星(2018) 監督:矢野博之 声の出演:

続きを読む

【ネタバレ酷評】『グレイテスト・ショーマン』が致命的にダメダメだった8の理由

グレイテスト・ショーマン(2017) THE GREATEST SHOWMAN(2017)

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人2年目の映画オタク。 年間500本、映

『3D彼女』英勉、キモオタクまでもサイコーのコメディエンヌに…

3D彼女 リアルガール(2018) 監督:英勉 出演:中条あや

地球の急ぎ方〜うさぎしんぼる展2018に行ってきた〜

うさぎしんぼる展2018 先日、『3D彼女リアルガール』を観にい

『判決、ふたつの希望』これって、『カメラを止めるな!』盗作疑惑問題に似てるよね?

判決、ふたつの希望(2017) The Insult 監督:ジ

【ネタバレ】『愛しのアイリーン』吉田恵輔が客席に長岡花火をぶっ放す大傑作!

愛しのアイリーン(2018) 監督:吉田恵輔 出演:安田顕、ナ

【ネタバレ】『プーと大人になった僕』ニート推奨映画ではない!パラノイア克己映画だ!

プーと大人になった僕(2018) Christopher Robin

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑