*

【デプレシャン特集1】『あの頃エッフェル塔で』回想シーンがくどい

【デプレシャン特集1】『あの頃エッフェル塔で』回想シーンがくどい

あの頃エッフェル塔で(2015)
Trois souvenirs de ma jeunesse

監督:アルノー・デプレシャン
出演:カンタン・ドルメール、ルー・ロワ=ルコリネ、
マチュー・アマルリックetc

評価:30点

妹がデプレシャンのゼミに入ったとのことなので、急遽実家でリスペクトライブ。残念ながら、マスターピースである『そして僕は恋をする』は自宅に置いてきてしまったので、姉妹作の『あの頃エッフェル塔の下で』を観た。

『あの頃エッフェル塔で』あらすじ

外交官で人類学者のポールは空港でパスポートに問題が見つかり止められてしまう。そこからポールの過去が紐解かれていく…

回想の使い方に難あり

映画単体として観た際に、本作は明らかに失敗作だ。

『失われた時を求めて』がマドレーヌの味でもって幼少期を回想したように、本作ではSEXによって幼少期から現在までが回想される。

SEXが《破壊》の象徴であるかのように、陰惨で暴力的な過去が紐解かれていく。母親にナイフを突きつける、盗んだチャリで走り出さずぶっ壊す。火炎のイメージを宿した男が、やがてスパイとして亡命を手伝うようになる。暴力的な人生は段々と落ち着き、不倫レベルに留まるようになる。

そう、これは不器用な男が、不器用なりに大人としての落とし所を見つけていく様を魅せる作品なのだ。

しかし、デプレシャンは主人公の不器用さを作品の構造にまで宿してしまった。各挿話の繋がりは唐突で投げやり。『見出された時-「失われた時を求めて」より-』と比べると、回想がワンパターンでくどく退屈だ。回想のトリガーであるSEXが全くもって必要性を感じられず、イキナリ幼少期から物語始めてもいいのでは?と感じてしまった。

どうも私はデプレシャンと相性が悪い。ただ、妹がデプレシャンのゼミに入ったからには、コンプリートしたいものだ。

ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!
ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

『夜の浜辺でひとり』ホン・サンス×キム・ミニ偏愛映画第一弾

夜の浜辺でひとり(2017) On the Beach at Night Alone(2017)

続きを読む

『メーヌ・オセアン』ジャック・ロジエ最強のgdgdバカンス映画

メーヌ・オセアン(1986) Maine-Océan(1986) 監督:ジャック・ロジエ

続きを読む

【寅さんフルマラソン㊱】「男はつらいよ 柴又より愛をこめて」ボンド要素はありませぬ

男はつらいよ 柴又より愛をこめて(1985) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 川谷拓三,

続きを読む

【寅さんフルマラソン㊾】「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別編」真の最終回

男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花  特別編(1997) 監督:山田洋次 出演:渥美清、

続きを読む

【ネタバレ酷評】『クソ野郎と美しき世界』山内ケンジ×香取慎吾編だけが救い

クソ野郎と美しき世界(2018) SMAPファンの方へ警告 WARNING:SMAP

続きを読む

【カイエデュシネマ週間】『ジャネット、ジャンヌ・ダルクの幼年期』尼僧がChoo Choo TRAINに挑戦。本当ですw

ジャネット、ジャンヌ・ダルクの幼年期(2017) Jeannette, l'enfance de

続きを読む

【#バーフバリ絶叫】マヒシュマティ王国に二度入国して気づいたこと※ネタバレあり

バーフバリ絶叫上映に行ってみた 『マッド・マックス/怒りのデス・ロード』に次ぐ映画ファンを狂わ

続きを読む

【アラン・ロブ=グリエ レトロスペクティブ】『ヨーロッパ横断特急』L’homme qui est mort quatre fois

ヨーロッパ横断特急(1966) Trans-Europ-Express 監督:アラン・ロブ=

続きを読む

【MUBI】『THE DEAD NATION』写真だけで語るルーマニア史

THE DEAD NATION(2017) 監督:ラドゥ・ジュデ 評価:60点 M

続きを読む

【釜山国際映画祭・ネタバレ】『The House that Jack Built』トリアー流、ドナルド・トランプ、ポリコレ批判

ネタバレ考察『The House that Jack Built』 本記事は、日本未公開作『ザ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑