*

【デプレシャン特集1】『あの頃エッフェル塔で』回想シーンがくどい

【デプレシャン特集1】『あの頃エッフェル塔で』回想シーンがくどい

あの頃エッフェル塔で(2015)
Trois souvenirs de ma jeunesse

監督:アルノー・デプレシャン
出演:カンタン・ドルメール、ルー・ロワ=ルコリネ、
マチュー・アマルリックetc

評価:30点

妹がデプレシャンのゼミに入ったとのことなので、急遽実家でリスペクトライブ。残念ながら、マスターピースである『そして僕は恋をする』は自宅に置いてきてしまったので、姉妹作の『あの頃エッフェル塔の下で』を観た。

『あの頃エッフェル塔で』あらすじ

外交官で人類学者のポールは空港でパスポートに問題が見つかり止められてしまう。そこからポールの過去が紐解かれていく…

回想の使い方に難あり

映画単体として観た際に、本作は明らかに失敗作だ。

『失われた時を求めて』がマドレーヌの味でもって幼少期を回想したように、本作ではSEXによって幼少期から現在までが回想される。

SEXが《破壊》の象徴であるかのように、陰惨で暴力的な過去が紐解かれていく。母親にナイフを突きつける、盗んだチャリで走り出さずぶっ壊す。火炎のイメージを宿した男が、やがてスパイとして亡命を手伝うようになる。暴力的な人生は段々と落ち着き、不倫レベルに留まるようになる。

そう、これは不器用な男が、不器用なりに大人としての落とし所を見つけていく様を魅せる作品なのだ。

しかし、デプレシャンは主人公の不器用さを作品の構造にまで宿してしまった。各挿話の繋がりは唐突で投げやり。『見出された時-「失われた時を求めて」より-』と比べると、回想がワンパターンでくどく退屈だ。回想のトリガーであるSEXが全くもって必要性を感じられず、イキナリ幼少期から物語始めてもいいのでは?と感じてしまった。

どうも私はデプレシャンと相性が悪い。ただ、妹がデプレシャンのゼミに入ったからには、コンプリートしたいものだ。

ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!
ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【ネタバレ酷評】『センセイ君主』JKがすき家デートを全力で勧める、すき家プロパガンダ映画爆誕!

センセイ君主(2018) 監督:月川翔 主演:竹内涼真、浜辺美波、 佐藤大樹、新川優愛et

続きを読む

【ネタバレ解説】『ジオストーム』ジェラルド・バトラー実はきちんとエンジニアやってた件

ジオストーム(2017) GEOSTORM(2017) 監督:ディーン・デヴリン 出演:ジ

続きを読む

【毎週インド映画7】『バーフバリ 王の凱旋 完全版』はカッタッパ愛に溢れる別物だった件

『バーフバリ 王の凱旋 完全版【オリジナル・テルグ語版】』観てきた 昨年末にひっそりと公開され

続きを読む

【ネタバレ酷評】『クソ野郎と美しき世界』山内ケンジ×香取慎吾編だけが救い

クソ野郎と美しき世界(2018) SMAPファンの方へ警告 WARNING:SMAP

続きを読む

【アルベルト・セラ特集】『騎士の名誉』テリー・ギリアムのドンキホーテが上映されている裏側で

騎士の名誉(2006) Honor de Cavalleria 監督:アルベルト・セラ 出

続きを読む

【解説】『リズと青い鳥』カイエデュシネマに観て欲しい!幻滅は愛を囀る

リズと青い鳥(2018) 監督:山田尚子 出演:種崎敦美、東山奈央、 本田望結、藤村鼓乃美

続きを読む

【7/21公開記念】『暗殺のオペラ』ヴィットリオ・ストラーロの準備運動

暗殺のオペラ(1969) Strategia del ragno(1969) 監督:ベルナル

続きを読む

【速報】第68回ベルリン国際映画祭受賞結果 ウェス・アンダーソン2作品連続受賞

第68回ベルリン国際映画祭受賞結果 金熊賞:Touch Me Not 監督:Adina Pi

続きを読む

【Netflix】『生きのびるために』これは『この世界の片隅に』アカデミー賞ノミネート落選も納得だ

生きのびるために(2017) The Breadwinner(2017) 監督:Nora T

続きを読む

【酷評】『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』キネ旬1位作品は詩と映画を履き違えた最高密度の駄作だ

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2017) 監督:石井裕也 出演:石橋静河、池松壮亮、

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑