NetflixでナイジェリアNollywood-ノリウッド映画「The Wedding Party」が配信されているのを知っているか?

The Wedding Party(2016)

監督:Kemi Adetiba
出演: Alibaba Akporobome, Zainab Balogun

評価:40点

[blogcard url=”https://www.compathy.net/magazine/2015/06/24/nigeria-movies/”] 皆さんは、ノリウッドをご存じだろうか?アメリカにはハリウッド、インドにはボリウッドという言葉がある。どちらも映画産業を代表とする俗称となっているのだが、ナイジェリアにもノリウッドという映画産業が存在していた!ナイジェリアでは年間2000本近くの映画が作られており、映画産業が活発です。とはいっても、ナイジェリアの映画館の入場料は、あの大人1800円の日本、それを超え大人約2200円のスイスを超える5000円です。映画館も国内に10館程しかない。しかしながら、町で海賊版DVDが流通しているせいもあり、市民にとってポピュラーな存在となっているとのこと。

この度、Netflixでナイジェリア映画、いやノリウッド映画が何本か入荷したので、観てみましたよ!

「The Wedding Party」あらすじ

ある富豪家族は結婚式を催すために準備に追われるのだった…

ナイジェリア富豪の日常を覗いてみよう!

まず、度肝を抜かれた!
「サプールか!」とツッコみたくなるような、ギランギラン輝き常軌を逸したファッションな方しか登場しない映画だったのです。出てくる人、出てくる人、ファッションショー出演者かと勘違いするほどど派手な人が町を、家を闊歩する。唖然とした。確かに、映画館の入場料5000円。富豪向けに作られているんだろうなー感はある。

この異様な光景はボリウッド映画にも通じるところがある。しかし、ボリウッド映画は市民の現実逃避の娯楽であるはず。このノリウッドは庶民が海賊版で観ても楽しめるのだろうかとふと疑問が残る。

なんたって、ストーリーがあるようでない。タダ単に富豪が豪華絢爛なパーティーを開く騒動を延々と魅せられる。確かに、面白い部分もあるが、行き当たりばったりなストーリーに途中で飽きてくる。ブルジョワジーのデカダンスさに、ナイジェリアの庶民はむかついたりしないのだろうかと思ってしまいます。

初めてノリウッド映画を観たのだが、どうやら奥はかなり深い模様。他のノリウッド映画と比較して、ナイジェリアの映画事情をもっと体感したくなりました。

ブロトピ:映画ブログ更新

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です