*

TIFF2016鑑賞記録10「オリ・マキの人生で最も幸せな日」カンヌを制すのも納得ヌーヴェルヴァーグっぽさ全開!

TIFF2016鑑賞記録10「オリ・マキの人生で最も幸せな日」カンヌを制すのも納得ヌーヴェルヴァーグっぽさ全開!

オリ・マキの人生で最も幸せな日(2016)
原題:Hymyilevä Mies
英題:The Happiest Day in
the Life of Olli Mäki

%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%83%bb%e3%83%9e%e3%82%ad%e3%81%ae%e4%ba%ba%e7%94%9f%e3%81%a7%e6%9c%80%e3%82%82%e5%b9%b8%e3%81%9b%e3%81%aa%e6%97%a5
監督:ユホ・クオスマネン
出演:ヤルコ・ラハティ、
オーナ・アイロラ、
エーロ・ミロノフetc

評価:90点

本年度カンヌ国際映画祭にて
淵に立つ」を倒し、見事
「ある視点」部門作品賞を
獲ったフィンランド映画
「オリ・マキの人生で最も幸せな日」
を東京国際映画祭で観てきました…

「オリ・マキの人生で最も幸せな日」あらすじ

1962年、プロボクサーのオリ・マキは
アメリカの世界チャンピオンと戦うチャンスを得る。
フィンランド人にとっても重要な試合で
注目を集めるのだが、オリ・マキは
こともあろうかライヤという
女性に恋をしてしまい、
減量に集中できなくなる…

一応実話モノ

本作は実在するプロボクサー、
オリ・マキのプレッシャーに
負けそうになった頃のエピソードを
元に描いた作品。

↑「突然炎のごとく」を思わせる作品だ

1960年代を完全再現するために
16ミリフィルムが使われているのだが、
それによる映像がヌーヴェルヴァーグ
そのもの過ぎて驚いた。

ロケで何気ない街と物語がシンクロするところ、
甘すぎる恋物語、なるほど「淵に立つ」が
作品賞獲れないのも無理はない。
完璧過ぎるヌーヴェルヴァーグ再現が
ここにありました。

オリ・マキの恋に萌える

なんと言っても、本作はオリ・マキ
とライヤの恋模様が甘酸っぱすぎて
キュンキュンする♡

自分を応援してくれるライヤ。
彼女のいる前では、しっかり
練習できるのだが、いなくなると
トタンに集中力が消える。
背がちょっぴり高い女の子。
流石のプロボクサーでも
想いを伝えるときは
緊張するモノ。
ガッチガチになりながら
想いを伝えると、
ライヤはくすっと笑い
「いいよ!」と返事をする。

もてあそんでいるのか
どうなのか分からないまま
本番当日を迎える。

オリ・マキの終始ライヤを
探している姿がメチャクチャチャーミング!
そしてライヤ役のオーナ・アイロラが
ちょーーーーーー可愛い(私のタイプです!)。

確かに、よくある「ロッキー」
「レイジング・ブル」
のような
熱いバトルもなければ、
苦難らしい苦難もない(あることには一応ある)
に等しいのだが、ここまでクールな
映像と甘酸っぱい恋愛を見せられると
愛着が湧いてくる。

ブンブンはメチャクチャ大好きな作品でした!

その他上映作品とレビュー

既に鑑賞済み作品

「牯嶺街少年殺人事件」レビュー
「怒り」レビュー
「フロッキング」レビュー
「シン・ゴジラ」レビュー
「キングコング対ゴジラ」レビュー
「TOO YOUNG TO DIE!」レビュー
「ハッピーアワー」レビュー
「ダゲレオタイプの女」レビュー
「リップヴァンウィンクルの花嫁」レビュー
「バケモノの子」レビュー
「オデッセイ」レビュー
PFFアワード2016 グランプリ作品
「食卓」レビュー

「淵に立つ」レビュー
「誕生のゆくえ」レビュー
「名誉市民」レビュー

TIFFJPで観た映画

「7分間」レビュー
「ノクトラマ」レビュー
「メコン大作戦」レビュー
「ブルーム・オブ・イエスタディ」レビュー
「アクエリアス」レビュー
「シエラネバダ」レビュー
「メッセージ」レビュー
「ミスター・ノー・プロブレム」レビュー
「あなた自身とあなたのこと」レビュー
「痛ましき謎への子守歌」レビュー
「鳥類学者」レビュー
「パリ、ピガール広場」レビュー
「オリ・マキの人生で最も幸せな日」レビュー
「ミュージアム」レビュー
「14の夜」レビュー
「クラッシュ」レビュー

TIFF2015の作品レビュー

2015年グランプリ作「ニーゼ」レビュー
「ケンとカズ」レビュー
「シュナイダーVSバックス」レビュー
「フル・コンタクト」レビュー
「ヴィクトリア」レビュー
「ルクリ」レビュー
「コスモス」レビュー
「ビースト・オブ・ノー・ネーション」レビュー
「ヒトラーの忘れもの」レビュー
「ぼくの桃色の夢」レビュー
「IF ONLY」レビュー
「灼熱」レビュー
「さようなら」レビュー
「FOUJITA」レビュー

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”「64-ロクヨン-後編」構造的地獄から人的地獄へ…佐藤浩市は報われるのか?

64-ロクヨン-後編 監督:瀬々敬久 出演:佐藤浩市、榮倉奈々、綾野剛etc ※「64

続きを読む

“Ç”【ネタバレ解説】「死霊館エンフィールド事件」実は音楽映画w

死霊館 エンフィールド事件(2016) The Conjuring2(2016) 監督:ジェ

続きを読む

【東京国際映画祭特集】デジリマ、ブルーレイ化希望「牯嶺街少年殺人事件」

牯嶺街少年殺人事件(1991) A Brighter Summer Day(1991) 監督

続きを読む

【アフリカ映画研究】「母たちの村」意外とバレるかバレないかサスペンスの傑作だった件

母たちの村(2005) Moolaadé(2005) 監督:センベーヌ・ウスマン 出演:フ

続きを読む

アレクサンダー・ペイン新作『ダウンサイジング』が完全『ウルトラQ 1/8計画』だった件

アレクサンダー・ペイン新作 Downsizing製作中 IMDbを読んでいたら、「ネブラスカ

続きを読む

“Ç”【採点不能】橋口亮輔監督7年ぶり長編監督作「恋人たち」

恋人たち 監督:橋口亮輔 出演:篠原篤、成嶋瞳子、池田良etc 評価:採点不能

続きを読む

“Ç”北斎の女もエロマンガを書く?「百日紅~Miss HOKUSAI~」

百日紅~Miss HOKUSAI~ 監督:原恵一 出演:杏、松重豊etc 最近、日本で

続きを読む

【ヴェネチア映画祭】「エル・クラン」アルモドバルは後輩育成もできるぞ!

エル・クラン(2015) EL CLAN(2015) 監督:パブロ・トラペロ 出演:ギレル

続きを読む

“Ç”【デンマーク映画研究】「モルグ/屍体消失」ポストドグマ映画の第一歩!

モルグ/屍体消失(1994) Nattevagten(1994) 監督:オーレ・ボールネダル

続きを読む

【毎週インド映画2】『サラーム・ボンベイ!』踊らぬインド映画の傑作

サラーム・ボンベイ!(1988) SALAAM BOMBAY!(1988) 監督:ミーラー・

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人2年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレ】『グッバイ・クリストファー・ロビン』くまのプーさんには黒歴史が…あった…

グッバイ・クリストファー・ロビン(2017) Goodbye Chr

【炎上】抗争勃発『カメラを止めるな!』盗作疑惑問題について考えてみた

【炎上】抗争勃発『カメラを止めるな!』盗作疑惑問題について考えてみ

【酷評】『銀魂2 掟は破るためにこそある』斬りたくないが斬るでごわす!

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018) 監督:福田雄一 出

『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』これぞ正しい夏休み映画!スポーツ観戦感覚で観れます♩

劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人(2018) 監督:西片康人

【ネタバレ考察】『ペンギン・ハイウェイ』ボインボインの陽のもとに

ペンギン・ハイウェイ(2018) Penguin Highway(2

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑