*

TIFF2016鑑賞映画15「クラッシュ」護送車の中から観るエジプト98分(最終回)

TIFF2016鑑賞映画15「クラッシュ」護送車の中から観るエジプト98分(最終回)

クラッシュ(2016)
英題:Clash
原題:Eshtebak

%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5
監督:モハメド・ディアーブ
出演:ネリー・カリム
ハニ・アデル,
タレク・アブデル・アジズetc

評価:75点

ここ2週間、
第29回東京国際映画祭で観た作品
を紹介してきたが、今日で最終話です。
高校1年生の時にミシェル・ゴンドリー
監督作「心の棘」
を観てから毎年参加
(2014年は留学中の為不参加)してきた
TIFFJPだが、今年は1週間六本木に
通い詰めて、過去最高15本
ウォッチしました。
私的東京国際映画祭受賞結果は
下記の通りです!

私的第29回東京国際映画祭受賞結果

・金サクラ賞:「痛ましき謎への子守唄
・グランプリ:「シエラネバダ
・監督賞:ダンテ・ラム(「メコン大作戦」)
・男優賞:ヤルコ・ラハティ
(「オリ・マキの人生で最も幸せな日」)
・女優賞:オッタヴィア・ピッコロ
(「7分間」)
・脚本賞:足立紳(「14の夜」)
・脚色賞:エリック・ハイセラー
(「メッセージ」)
・撮影賞:「クラッシュ」

「クラッシュ」あらすじ

ムバラク政権が転覆したエジプト革命から
2年後の2013年を舞台に、
モルシ大統領反対デモに参加したが
故に逮捕された人々が、
刑務所に輸送される様子を、
98分すべて護送車の中からの
ショットで撮った異色作。

えっつどうやって撮ったの?

いつも思うのだが、アフリカや中東地域の
政治的映画っていったいどうやって
撮ったのだろうと目を疑う時がある。

そんな中でも「クラッシュ」程、
恐ろしくもリアルで危険な映画を
観たことはない。

冒頭、ジャーナリストがスパイ容疑で
警察の護送車に詰め込まれるところから
始まる。
モルシ大統領反対デモ参加者に
助けを求めるが、
一つの誤解から暴動が発生し、
警察は一先ずデモの一団も
同じ護送車に詰める。
そして輸送中に出くわした、
危険人物も詰め込む。

見境もなく疑わしきは、護送車に
詰め込むモノだから、
車内は敵味方老若男女いるという
呉越同舟もいいところのカオス状態に
なるのだ。

車の外では暴徒と警察隊の
抗争が繰り広げられ、
車内ではトイレに行きたくても
外に出られない息苦しい環境で
喧嘩が絶えない。

もはや地獄過ぎる風景が、
メチャクチャ怖い。

そして、物語後半
警察がデモ軍団に取り囲まれて、
高速道路や草むらから車めがけて
火炎瓶や石を投げつけられる
地獄絵図が描かれるのだが、
これっつ国から許可が降りたの?
っていうぐらい大規模
(エキストラだけでも1000人ぐらいいそう)
で危険過ぎるリアルな戦場シーンに
鳥肌が立った。

たった98分なのに、
護送車の中だけの話なのに
ここまで今エジプトで
起きていることのヤバサを
突きつけてくるとは!
それがカンヌ国際映画祭や
東京国際映画祭で上映されていることが
最大の成功であり拍手喝采の
熱いドラマだ。

もちろん、惜しい点もある。
護送車の中に敵味方第三者
入り乱れているにも関わらず、
人物描写の描き分けが甘い気がした。

そこはデフォルメしてでも
いいからしっかりと登場人物の
立ち位置を確立すべきだった。
やはり「シエラネバダ」を
観ている以上見逃せない点だった。

あーもう東京国際映画祭
終わっちゃったな~
来年は社会人になっているので
頑張っても1本ぐらいしか
観られないが、
今回の作品クオリティーは
どれも素晴らしかったので、
行けたら行きたいな~(*^_^*)

その他上映作品とレビュー

既に鑑賞済み作品

「牯嶺街少年殺人事件」レビュー
「怒り」レビュー
「フロッキング」レビュー
「シン・ゴジラ」レビュー
「キングコング対ゴジラ」レビュー
「TOO YOUNG TO DIE!」レビュー
「ハッピーアワー」レビュー
「ダゲレオタイプの女」レビュー
「リップヴァンウィンクルの花嫁」レビュー
「バケモノの子」レビュー
「オデッセイ」レビュー
PFFアワード2016 グランプリ作品
「食卓」レビュー

「淵に立つ」レビュー
「誕生のゆくえ」レビュー
「名誉市民」レビュー

TIFFJPで観た映画

「7分間」レビュー
「ノクトラマ」レビュー
「メコン大作戦」レビュー
「ブルーム・オブ・イエスタディ」レビュー
「アクエリアス」レビュー
「シエラネバダ」レビュー
「メッセージ」レビュー
「ミスター・ノー・プロブレム」レビュー
「あなた自身とあなたのこと」レビュー
「痛ましき謎への子守歌」レビュー
「鳥類学者」レビュー
「パリ、ピガール広場」レビュー
「オリ・マキの人生で最も幸せな日」レビュー
「ミュージアム」レビュー
「14の夜」レビュー
「クラッシュ」レビュー

TIFF2015の作品レビュー

2015年グランプリ作「ニーゼ」レビュー
「ケンとカズ」レビュー
「シュナイダーVSバックス」レビュー
「フル・コンタクト」レビュー
「ヴィクトリア」レビュー
「ルクリ」レビュー
「コスモス」レビュー
「ビースト・オブ・ノー・ネーション」レビュー
「ヒトラーの忘れもの」レビュー
「ぼくの桃色の夢」レビュー
「IF ONLY」レビュー
「灼熱」レビュー
「さようなら」レビュー
「FOUJITA」レビュー

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

第90回アカデミー賞受賞予想⑥~脚本・脚色賞~

第90回アカデミー賞受賞予想⑥~脚本・脚色賞~ 今回は、アカデミー賞作品賞を決めると言われる脚本・

続きを読む

“Ç”実は教育書の劇場版!「映画 ビリギャル」慶応イケる気になれまっせw

映画 ビリギャル 学年ビリのギャルが1年で偏差値40上げて 慶応大学に現役合格した話 監督

続きを読む

“Ç”チェコ版イージー・ライダーがシュール過ぎる!「ひなぎく」

ひなぎく(Sedmikrásky) 監督:ヴェラ・ヒティロヴァ 出演:イヴァナ・カルバノヴァ

続きを読む

“Ç”寝ている間に犯される…「スリーピング・ビューティー/禁断の悦び」

スリーピング・ビューティー/禁断の悦び(SLEEPING BEAUTY) 監督:ジュリア・リー

続きを読む

2016年秋岩波ホール上映決定「とうもろこしの島」ジョージア産アート映画パリUGC CINÉ CITÉにて

パリChâtelet-Les hallの駅地下に 映画館がある。 ブンブン切望するUGC系列

続きを読む

“Ç”「グッド・ストライプス」一番気になるのは妊婦問題

グッド・ストライプス(2015) 監督:岨手由貴子 出演:菊池亜希子,中島歩 評価:3

続きを読む

テレビの世界に惚れた時代の懐古「夏をゆく人々」ウィーンのミニKINO DE FRANCEにて

オーストリアの映画館は基本 ドイツ語吹き替えのようだ! しかも、目当てのケン・ローチ 最新

続きを読む

「ブレックファスト・クラブ」青春映画の金字塔はかなりの異色作だった件

ブレックファスト・クラブ(1985) THE BREAKFAST CLUB(1985) 監督

続きを読む

「ドライヴ」サントラ:A REAL HEROが心に染みるぜ!

第64回カンヌ国際映画祭で監督賞を獲ったニコラス・ウェンディング・レフン「ドライヴ」のサントラを買

続きを読む

【映画遠足】「階段通りの人々」オリヴェイラ版「どん底」

階段通りの人々(1994) A Caixa(1994) 監督:マノエル・ド・オリヴェイラ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑