*

【ネタバレなし】TIFF2016鑑賞記録4「メッセージ」ヴィルヌーヴのばかうけ映画はSFではない??

【ネタバレなし】TIFF2016鑑賞記録4「メッセージ」ヴィルヌーヴのばかうけ映画はSFではない??

メッセージ(2016)
ARRIVAL(2016)

%e3%83%a1%e3%83%83%e3%82%bb%e3%83%bc%e3%82%b8
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演:エイミー・アダムス、
ジェレミーレナ、フォレスト・ウィテカーetc

評価:85点

第29回東京国際映画祭
チケット争奪戦に見事勝利し、
日本公開2017年5月の
「メッセージ」を観てきました。

中国系アメリカ人テッド・チャンの
短編小説「あなたの人生の物語」

プリズナーズ」「複製された男」、
そして現在「ブレード・ランナー」の
続編を手がけるドゥニ・ヴィルヌーヴ
が映画化したものだ。
果たして…

「メッセージ」あらすじ

突如、地球12カ所に現れた巨大な
「ばかうけ」型の宇宙船。
アメリカ軍に呼ばれ言語学者である
ルイーズは宇宙人との対話を
試みるのだが…

原作小説を忠実に映画化!

本作は日本ではTwitterを始め、
「ばかうけ映画」と煽られがちなのだが
(本当にポスターにばかうけ当てはめたら
ぴったりなんだもんw)
これは紛れもない傑作です。

ドゥニ・ヴィルヌーヴは長年SF映画を
撮りたかったらしく、本作は一切妥協なく
原作の意図をくみ取って忠実に映画化している。

ネタバレになるので詳しく書かない。
というよりも本作は出来るだけ前情報を
入れずに観た方が衝撃を受けるので、
ふんわりとしか書かないが、
本作は「SF映画」ではありません。

確かにエイリアンは出てくるし、
未知との遭遇みたいに宇宙船も
沢山出てくる。
しかし、本作は「言語」と「運命」、
そして「子育て」
の映画なのである。

原作者のテッド・チャンは
コンピュータ・サイエンス畑の人で、
原作である「あなたの人生の物語」を
始め多くの作品が哲学や言語を
数学・論理学的観点から読み解いていく
理系な小説となっている。

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督は、
しっかりその理系性をくみ取って、
でも観客にもある程度わかりやすいように
描いている。なので、SF意外なものが
物語が進めば進むほど見えてくるのである。

音楽と撮影と編集に注目

内容については言及を避けたいので、
アカデミー賞の話をする。
恐らく、次のアカデミー賞では
「作品賞」「監督賞」「主演女優賞」「脚色賞」
ノミネートは堅い
でしょう。

さらに言えば、
「作曲賞」「撮影賞」、「視覚効果賞」も
堅いと言える。

アイスランドの新鋭作曲家
ヨハン・ヨハンソンの織りなす
幻想的な音楽は「メッセージ」の
世界観に非常にマッチする。
「博士と彼女のセオリー」「ボーダーライン」
と2作連続ノミネートを果たしているだけあって、
今回こそ受賞してほしい。

また浮遊感ある、幻想的なカメラワークを
手がけたブラッドフォード・ヤング
撮影賞でノミネートするでしょう。

そして、なんといっても
宇宙船やエイリアンのCGが
非常に上手いので視覚効果賞も狙えそうだ。

ただ、危惧すべきは配給会社のソニーが
アカデミー賞に「メッセージ」ではなく、
マーティン・スコセッシの「沈黙-サイレンス-」
を推そうとしているので、もしかしたら
無冠に終わる可能性もあります。

さて、アカデミー賞はどうなることやら!
日本公開は2017年5月。
それまでクビを長くして待ってください。
(一応鑑賞者向けに近日
ネタバレ解説記事をアップする予定です)

その他上映作品とレビュー

既に鑑賞済み作品

「牯嶺街少年殺人事件」レビュー
「怒り」レビュー
「フロッキング」レビュー
「シン・ゴジラ」レビュー
「キングコング対ゴジラ」レビュー
「TOO YOUNG TO DIE!」レビュー
「ハッピーアワー」レビュー
「ダゲレオタイプの女」レビュー
「リップヴァンウィンクルの花嫁」レビュー
「バケモノの子」レビュー
「オデッセイ」レビュー
PFFアワード2016 グランプリ作品
「食卓」レビュー

「淵に立つ」レビュー
「誕生のゆくえ」レビュー
「名誉市民」レビュー

TIFFJPで観た映画

「7分間」レビュー
「ノクトラマ」レビュー
「メコン大作戦」レビュー
「ブルーム・オブ・イエスタディ」レビュー
「アクエリアス」レビュー
「シエラネバダ」レビュー
「メッセージ」レビュー
「ミスター・ノー・プロブレム」レビュー
「あなた自身とあなたのこと」レビュー
「痛ましき謎への子守歌」レビュー
「鳥類学者」レビュー
「パリ、ピガール広場」レビュー
「オリ・マキの人生で最も幸せな日」レビュー
「ミュージアム」レビュー

TIFF2015の作品レビュー

2015年グランプリ作「ニーゼ」レビュー
「ケンとカズ」レビュー
「シュナイダーVSバックス」レビュー
「フル・コンタクト」レビュー
「ヴィクトリア」レビュー
「ルクリ」レビュー
「コスモス」レビュー
「ビースト・オブ・ノー・ネーション」レビュー
「ヒトラーの忘れもの」レビュー
「ぼくの桃色の夢」レビュー
「IF ONLY」レビュー
「灼熱」レビュー
「さようなら」レビュー
「FOUJITA」レビュー

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【ヴェネチア映画祭】「エル・クラン」アルモドバルは後輩育成もできるぞ!

エル・クラン(2015) EL CLAN(2015) 監督:パブロ・トラペロ 出演:ギレル

続きを読む

【絶賛】『バーフバリ 王の凱旋』前作未見でもノープロブレム 地を這ってでもこの映画を観てくれ!

バーフバリ 王の凱旋(2017) Baahubali 2: The Conclusion 監

続きを読む

“Ç”何故、この映画が不入りなんだ怒「チャッピー」

チャッピー(CHAPPIE) 監督:ニール・ブロムカンプ 出演:デーブ・パテル、ヒュー・ジャ

続きを読む

【PFFアワード2016】「ツケモノの子」「福島桜紀行」「食卓」ブンブンのレビュー

ぴあフィルムフェスティバルに 行ってきた! 先日、東京都フィルムセンターで 開催されている

続きを読む

“Ç”祝・キング牧師物語映画化!「グローリー-明日への行進-」

グローリー-明日への行進-(SELMA) 監督:エバ・デュバーネイ 出演:デビッド・オイェロ

続きを読む

“Ç”追い込まれママと教育ママ「Mommy/マミー」:新宿武蔵野館4/25公開

フランスにはAVANT PREMIÈRE という文化がある。 ロードショーの一日前の夜に

続きを読む

「おとなの恋の測り方」の元ネタ「ライオンハートCorazón de León」を観てみた!

ライオンハート(2013) Corazón de León(2013) 監督:Marcos

続きを読む

【金熊賞】「私の、息子」ルーマニアのこの親ばか映画がヤバイ!

私の、息子(2013) POZITIA COPILULUI/ CHILD’S POSE(2013

続きを読む

“Ç”【ネタバレ】タランティーノ絶賛「イット・フォローズ」、ホラーのくせに難解?謎に迫ってみた…

イット・フォローズ(2014) IT FOLLOWS(2014) 監督:デヴィッド・ロバート

続きを読む

“Ç”東京国際映画祭を賑わせたあの作品が公開11月のオススメ映画

「さようなら」「アレノ」「FOUJITA」 東京国際映画祭が終了してしまいました! 見逃した作品

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑