*

TIFF2016鑑賞記録11「ノクトラマ/夜行少年たち」問題児ボネロさんのクールすぎるテロ!

TIFF2016鑑賞記録11「ノクトラマ/夜行少年たち」問題児ボネロさんのクールすぎるテロ!

ノクトラマ/夜行少年たち(2016)
NOCTURAMA(2016)

%e3%83%8e%e3%82%af%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%9e
監督:ベルトラン・ボネロ
出演:フィネガン・オールドフィールド、
ヴァンサン・ロティエetc

評価:65点

サンローラン」でイヴサンローラン
財団から激怒され物議を醸した
ベルトラン・ボネロ監督最新作も
これまた問題作だ。

フランスの若者たちがテロを起こすまでの
一日を追ったドラマで、
2015年1月に発生した
パリのテロ事件
を彷彿させる内容となっている。
果たして…

「ノクトラマ」あらすじ

若い男女は大使館、ビル、駐車場を
爆破するテロを計画する。
その犯行当日をクールな映像で魅せる…

映像にビンビン!

本作は徹底的に、ストーリー性を廃し
ヴィジュアルで勝負をかけた作品だ。
冒頭のNOCTURAMAというタイトル
の出し方、「ドライヴ」を彷彿させる
ボネロ監督自ら監修した
フェティッシュなサウンドで観る者を
圧倒する。

そして、冒頭10分近く登場人物は
一切話すことなく淡々と
パリの町を動き回るのだが
これだけで5億点の格好良さがある。
というよりか、何故ボネロ監督は
シャネルやディオール等の
ラグジュアリーメーカーのCMをやらないのか

と思うほど、ただパリの町を映しているだけで
高級感をビンビン!出しまくっている。

「メゾン ある娼館の記憶」なんか、
もろこの手のラグジュアリーCMっぽさが
ある。

そして、爆破テロシーンや
ラストの銃撃戦など
ブンブンもサークルの動画で
真似をしたいほど心にぐっとくるヴィジュアルだ。
「サンローラン」同様、映画を撮っている人なら
間違いなく心に刺さる、痺れる、大喝采の
映像がそこにあった。

しかし、ストーリーは…

「サンローラン」もそうだが、
どうやらベルトラン・ボネロ監督は
ストーリーテリングにはあまり
興味がないらしい。というよりも上手くはない。

テロのシーンや特殊部隊にテロリストが
銃殺されるシーンを何度も巻き戻して
演出するのだが、これがかなり
くどかったりする。

そして登場人物の背景を描かない
描写をしているにも関わらず、
結構ヒントを与えてしまっている。
登場人物の背景を描かないことで
テロリストの「わからなさ」を
表現する演出なら、
「景気」に関する会話やパソコン画面
表示は回避すべきである。

「サンローラン」もそうだが、
ブンブン大好きな映像なのに
ストーリー面で不満足が残る。
ベルトラン・ボネロ監督が憎いですね~(良い意味で)
次回作はストーリーも
期待しているぞ!

おまけ:テロ当時の様子

2015年1月にパリでテロが起きた時、
ブンブンは留学中で、
フランスのアンジェにいた。
週末にホストマザーに誘われ、
デモに参加したときの動画を貼っておきます。
フランスは愛国心が強いですぞー

その他上映作品とレビュー

既に鑑賞済み作品

「牯嶺街少年殺人事件」レビュー
「怒り」レビュー
「フロッキング」レビュー
「シン・ゴジラ」レビュー
「キングコング対ゴジラ」レビュー
「TOO YOUNG TO DIE!」レビュー
「ハッピーアワー」レビュー
「ダゲレオタイプの女」レビュー
「リップヴァンウィンクルの花嫁」レビュー
「バケモノの子」レビュー
「オデッセイ」レビュー
PFFアワード2016 グランプリ作品
「食卓」レビュー

「淵に立つ」レビュー
「誕生のゆくえ」レビュー
「名誉市民」レビュー

TIFFJPで観た映画

「7分間」レビュー
「ノクトラマ」レビュー
「メコン大作戦」レビュー
「ブルーム・オブ・イエスタディ」レビュー
「アクエリアス」レビュー
「シエラネバダ」レビュー
「メッセージ」レビュー
「ミスター・ノー・プロブレム」レビュー
「あなた自身とあなたのこと」レビュー
「痛ましき謎への子守歌」レビュー
「鳥類学者」レビュー
「パリ、ピガール広場」レビュー
「オリ・マキの人生で最も幸せな日」レビュー
「ミュージアム」レビュー
「14の夜」レビュー
「クラッシュ」レビュー

TIFF2015の作品レビュー

2015年グランプリ作「ニーゼ」レビュー
「ケンとカズ」レビュー
「シュナイダーVSバックス」レビュー
「フル・コンタクト」レビュー
「ヴィクトリア」レビュー
「ルクリ」レビュー
「コスモス」レビュー
「ビースト・オブ・ノー・ネーション」レビュー
「ヒトラーの忘れもの」レビュー
「ぼくの桃色の夢」レビュー
「IF ONLY」レビュー
「灼熱」レビュー
「さようなら」レビュー
「FOUJITA」レビュー

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”行こうみんなで「ボーグマン」!カンヌ騒然エイリアン映画!

カンヌ映画祭に出品されたゲテモノ映画「ボーグマン(Borgman)」 監督:アレックス・ファン

続きを読む

“Ç”【したコメ情報】映画秘宝祭上映作品決定「グリーン・ルーム」×「The Nice Guys」

したまちコメディ映画祭in台東 恒例企画 映画秘宝祭上映作品決定! ブンブンは、地元浅草で毎年9

続きを読む

【Netflix】ナイジェリア映画「オクラを買いにいかせたら(GONE TOO FAR!)」が大大大傑作だった件

オクラを買いにいかせたら(2013) GONE TOO FAR!(2013) 監督:Dest

続きを読む

“Ç”「ソロモンの偽証 前編・事件」:事件編だからとなめたらアカン!

ソロモンの偽証 前編・事件 監督:成島出 出演:藤野涼子、石井杏奈、佐々木蔵之介etc

続きを読む

“Ç”「悪魔の毒々モンスター 新世紀絶叫バトル」激しくヤバイ映画なのに環境問題に熱い

悪魔の毒々モンスター 新世紀絶叫バトル(2000) CITIZEN TOXIE: THE TOXIC

続きを読む

【ネタバレ考察】『モリーズ・ゲーム』2つの文学作品から見出すA.ソーキンの超絶技巧

モリーズ・ゲーム(2017) MOLLY'S GAME(2017) 監督:アーロン・ソーキン

続きを読む

“Ç”MTV ムービー・アワード2015受賞結果発表!

アメリカ一チャラい映画賞MTVアワード アメリカのティーンエイジャー、20代の若者が 主に投

続きを読む

TIFF2016鑑賞記録7「痛ましき謎への子守唄」ラヴ・ディアス8時間の世界

痛ましき謎への子守唄(2016) Hele sa hiwagang hapis(2016)

続きを読む

“Ç”【ネタバレ&解釈】「善き人のためのソナタ」シュタージの心情について

善き人のためのソナタ(2006) DAS LEBEN DER ANDEREN(2006) 監

続きを読む

「バッド・チューニング」GotG Vol2が楽しみでたまらない方に贈る至福

バッド・チューニング(1993) DAZED AND CONFUSED(1993) 監督:リ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑