*

TIFF2016鑑賞記録9「パリ、ピガール広場」パリ18区は最後の砦、まさに最後のパリジャン!

TIFF2016鑑賞記録9「パリ、ピガール広場」パリ18区は最後の砦、まさに最後のパリジャン!

パリ、ピガール広場(2016)
LES DERNIERS PARISIENS(2016)

パリピガール広場
監督:アメ、エクメ
出演:レダ・カテブ,
スリマヌ・ダジetc

評価:65点

ラップユニットLa Rumeurの
アメ、エクメ初長編映画。

パリ18区ピガール広場で
仮出所中の移民が
成功夢見て頑張る話だそうだが
果たして…

「パリ、ピガール広場」あらすじ

パリピガール広場
パリの歌舞伎町と言われるピガール広場を
舞台に仮出所中の移民が犯罪から
足を洗い新ビジネスで立て直しを
しようとするが、兄との関係が悪化し…

知られざるパリの一面

ブンブンが高校3年生の時、
「最強のふたり」を観て驚愕の事実を知った。
それは、パリには移民の黒人が沢山いることだ。

フランス映画では、ほとんど移民や
黒人が登場しない。
まるで世界にいないような描かれ方を
するのだが、「最強のふたり」では
移民の労働者事情に迫っていた。

現に「パリはオシャレで良い街」と思っている人に、
口を大にして言いたいのは、「そんなことはない」のだ!
パリは移民が沢山おり、中心街では移民の物売りや
バクチ屋、署名詐欺師が沢山います。
メトロには物乞いの移民が徘徊しています。

さて、本作は「最強のふたり」以上に
等身大の移民を描いた、それも移民の
監督によって描かれている。

パリ18区、丁度北駅の方にある
ピガール広場周辺は、
パリ在住の人曰く
宿泊地に選んではいけないほど
危険な地域。いうなれば歌舞伎町だ。
ブンブンも実は泊まったことがあるが、
結構ヤバそうな雰囲気ある地区だ。

そこで、映し出される光景は
アフリカ系移民が服やCDを
もって街ゆく人や店にモノを
押し売りする姿だ。
また、どんなに足を洗って
しっかりした商売をしようと、
学がないが為に騙されたりして、
犯罪の道に戻らざる得ない状況に
なる姿だ。

監督がラップ出身の方だけに、
Dopeな音がリアリズムの邪魔
してしまっている点は否めないが、
パリに行った人なら誰しも
目にするであろう移民の
プライベートのプライベート
まで垣間見ることができる
貴重な作品と言えよう。

決して、「スプリング・ブレイカーズ
のようにパリピなガールが出てくる
映画ではないぞww

Q&A:原題「LES DERNIERS PARISIENS」3つの意味

%e3%83%91%e3%83%aa%e3%80%81%e3%83%94%e3%82%ac%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%ba%83%e5%a0%b42
↑主演のレダ・カテブ、監督のアメ、エクメと
TOGETHER PHOTO(*^_^*)

Q&Aでは、フランス映画において無視される移民
を中心に監督は熱く語っていました。
また、原題の
「LES DERNIERS PARISIENS(最後のパリジャン)」
について監督は3つの意味を教えてくれました。
一つ目は、1980~1990年代以降失われたパリへの郷愁。
二つ目は、地価の高いパリにおいて、
バンリュー(郊外)へ行くかどうかの淵に
立たされた人の物語を象徴。
三つ目は、ヌーヴェルヴァーグ等1960年代
フレンチシネマへのオマージュ。

だそうです。

日本公開はビミョーなところですが、
もし機会があれば是非ご覧下さい!

その他上映作品とレビュー

既に鑑賞済み作品

「牯嶺街少年殺人事件」レビュー
「怒り」レビュー
「フロッキング」レビュー
「シン・ゴジラ」レビュー
「キングコング対ゴジラ」レビュー
「TOO YOUNG TO DIE!」レビュー
「ハッピーアワー」レビュー
「ダゲレオタイプの女」レビュー
「リップヴァンウィンクルの花嫁」レビュー
「バケモノの子」レビュー
「オデッセイ」レビュー
PFFアワード2016 グランプリ作品
「食卓」レビュー

「淵に立つ」レビュー
「誕生のゆくえ」レビュー
「名誉市民」レビュー

TIFFJPで観た映画

「7分間」レビュー
「ノクトラマ」レビュー
「メコン大作戦」レビュー
「ブルーム・オブ・イエスタディ」レビュー
「アクエリアス」レビュー
「シエラネバダ」レビュー
「メッセージ」レビュー
「ミスター・ノー・プロブレム」レビュー
「あなた自身とあなたのこと」レビュー
「痛ましき謎への子守歌」レビュー
「鳥類学者」レビュー
「パリ、ピガール広場」レビュー
「オリ・マキの人生で最も幸せな日」レビュー
「ミュージアム」レビュー
「14の夜」レビュー
「クラッシュ」レビュー

TIFF2015の作品レビュー

2015年グランプリ作「ニーゼ」レビュー
「ケンとカズ」レビュー
「シュナイダーVSバックス」レビュー
「フル・コンタクト」レビュー
「ヴィクトリア」レビュー
「ルクリ」レビュー
「コスモス」レビュー
「ビースト・オブ・ノー・ネーション」レビュー
「ヒトラーの忘れもの」レビュー
「ぼくの桃色の夢」レビュー
「IF ONLY」レビュー
「灼熱」レビュー
「さようなら」レビュー
「FOUJITA」レビュー

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”川端康成の名作を映像で!「雪国(1957)」

雪国(1957) 監督:豊田四郎 出演:池部良、岸惠子 大学のゼミで実は日本文学研究し

続きを読む

「ドライヴ」サントラ:A REAL HEROが心に染みるぜ!

第64回カンヌ国際映画祭で監督賞を獲ったニコラス・ウェンディング・レフン「ドライヴ」のサントラを買

続きを読む

【尾道映画特集】「あの、夏の日 – とんでろ じいちゃん」子供映画に見えて…ドラッグ映画だ(汗

あの、夏の日 - とんでろ じいちゃん(1999) 監督:大林宣彦 出演:小林桂樹, 厚木

続きを読む

【速報】第90回アカデミー賞(2018)ノミネート発表『シェイプ・オブ・ウォーター』が最多13ノミネート

第90回アカデミー賞ノミネート作品発表! さあ、3/4(日)に行われるアカデミー賞授賞式に

続きを読む

“Ç”映画ファンの集い試写会①「白鯨との闘い」THE船酔いムービー

白鯨との闘い 監督:ロン・ハワード 出演:クリス・ヘムズワース、ベン・ウィショーetc

続きを読む

“Ç”河瀬直美新作「あん」急遽カンヌ出品!!

公式セクション追加作品発表 (クリックすると画像が拡大表示されます。) 4/23(木)、

続きを読む

【完成披露試写会レビュー】「海賊とよばれた男」岡田准一の老経営者に注目!

海賊とよばれた男(2016) 監督:山崎貴 出演:岡田准一、 綾瀬はるか、吉岡秀隆、 染

続きを読む

【TIFF2017】『スヴェタ』カザフスタン製凶悪聾唖者犯罪劇『ザ・トライブ』のトラウマ再び

スヴェタ(2017) SVETA(2017) 監督:ジェンナ・イサバエヴァ 出演:ラウラ・

続きを読む

“Ç”キスマイ玉森裕太が有川浩映画に関西弁で挑戦「レインツリーの国」

レインツリーの国 監督:三宅喜重 出演:玉森裕太、西内まりやetc 評価:75点

続きを読む

”Ç”留学前に破傷風の予防注射しようw「震える舌」

震える舌 監督:野村芳太郎 出演:渡瀬恒彦、十朱幸代、若命真裕子etc 評価:90点 この時期

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【解説】『リズと青い鳥』カイエデュシネマに観て欲しい!幻滅は愛を囀る

リズと青い鳥(2018) 監督:山田尚子 出演:種崎敦美、東山

『タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜』ソン・ガンホの満面の笑みが光州事件で…

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2017) 택시운전사(201

『いぬやしき』ブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭は制したが…

いぬやしき(2018) 監督:佐藤信介 出演:木梨憲武、佐藤健

【ネタバレ解説】『レディ・プレイヤー1』全情報科教員に告ぐ!本作を生徒に魅せるのだ!

レディ・プレイヤー1(2018) Ready Player One(

【寅さんフルマラソン 総括】「男はつらいよ」総選挙 結果発表!※最終回

祝:「男はつらいよ」完走! 「男はつらいよ」シリーズ全48作+1作品

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑