*

TIFF2016鑑賞記録9「パリ、ピガール広場」パリ18区は最後の砦、まさに最後のパリジャン!

TIFF2016鑑賞記録9「パリ、ピガール広場」パリ18区は最後の砦、まさに最後のパリジャン!

パリ、ピガール広場(2016)
LES DERNIERS PARISIENS(2016)

パリピガール広場
監督:アメ、エクメ
出演:レダ・カテブ,
スリマヌ・ダジetc

評価:65点

ラップユニットLa Rumeurの
アメ、エクメ初長編映画。

パリ18区ピガール広場で
仮出所中の移民が
成功夢見て頑張る話だそうだが
果たして…

「パリ、ピガール広場」あらすじ

パリピガール広場
パリの歌舞伎町と言われるピガール広場を
舞台に仮出所中の移民が犯罪から
足を洗い新ビジネスで立て直しを
しようとするが、兄との関係が悪化し…

知られざるパリの一面

ブンブンが高校3年生の時、
「最強のふたり」を観て驚愕の事実を知った。
それは、パリには移民の黒人が沢山いることだ。

フランス映画では、ほとんど移民や
黒人が登場しない。
まるで世界にいないような描かれ方を
するのだが、「最強のふたり」では
移民の労働者事情に迫っていた。

現に「パリはオシャレで良い街」と思っている人に、
口を大にして言いたいのは、「そんなことはない」のだ!
パリは移民が沢山おり、中心街では移民の物売りや
バクチ屋、署名詐欺師が沢山います。
メトロには物乞いの移民が徘徊しています。

さて、本作は「最強のふたり」以上に
等身大の移民を描いた、それも移民の
監督によって描かれている。

パリ18区、丁度北駅の方にある
ピガール広場周辺は、
パリ在住の人曰く
宿泊地に選んではいけないほど
危険な地域。いうなれば歌舞伎町だ。
ブンブンも実は泊まったことがあるが、
結構ヤバそうな雰囲気ある地区だ。

そこで、映し出される光景は
アフリカ系移民が服やCDを
もって街ゆく人や店にモノを
押し売りする姿だ。
また、どんなに足を洗って
しっかりした商売をしようと、
学がないが為に騙されたりして、
犯罪の道に戻らざる得ない状況に
なる姿だ。

監督がラップ出身の方だけに、
Dopeな音がリアリズムの邪魔
してしまっている点は否めないが、
パリに行った人なら誰しも
目にするであろう移民の
プライベートのプライベート
まで垣間見ることができる
貴重な作品と言えよう。

決して、「スプリング・ブレイカーズ
のようにパリピなガールが出てくる
映画ではないぞww

Q&A:原題「LES DERNIERS PARISIENS」3つの意味

%e3%83%91%e3%83%aa%e3%80%81%e3%83%94%e3%82%ac%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%ba%83%e5%a0%b42
↑主演のレダ・カテブ、監督のアメ、エクメと
TOGETHER PHOTO(*^_^*)

Q&Aでは、フランス映画において無視される移民
を中心に監督は熱く語っていました。
また、原題の
「LES DERNIERS PARISIENS(最後のパリジャン)」
について監督は3つの意味を教えてくれました。
一つ目は、1980~1990年代以降失われたパリへの郷愁。
二つ目は、地価の高いパリにおいて、
バンリュー(郊外)へ行くかどうかの淵に
立たされた人の物語を象徴。
三つ目は、ヌーヴェルヴァーグ等1960年代
フレンチシネマへのオマージュ。

だそうです。

日本公開はビミョーなところですが、
もし機会があれば是非ご覧下さい!

その他上映作品とレビュー

既に鑑賞済み作品

「牯嶺街少年殺人事件」レビュー
「怒り」レビュー
「フロッキング」レビュー
「シン・ゴジラ」レビュー
「キングコング対ゴジラ」レビュー
「TOO YOUNG TO DIE!」レビュー
「ハッピーアワー」レビュー
「ダゲレオタイプの女」レビュー
「リップヴァンウィンクルの花嫁」レビュー
「バケモノの子」レビュー
「オデッセイ」レビュー
PFFアワード2016 グランプリ作品
「食卓」レビュー

「淵に立つ」レビュー
「誕生のゆくえ」レビュー
「名誉市民」レビュー

TIFFJPで観た映画

「7分間」レビュー
「ノクトラマ」レビュー
「メコン大作戦」レビュー
「ブルーム・オブ・イエスタディ」レビュー
「アクエリアス」レビュー
「シエラネバダ」レビュー
「メッセージ」レビュー
「ミスター・ノー・プロブレム」レビュー
「あなた自身とあなたのこと」レビュー
「痛ましき謎への子守歌」レビュー
「鳥類学者」レビュー
「パリ、ピガール広場」レビュー
「オリ・マキの人生で最も幸せな日」レビュー
「ミュージアム」レビュー
「14の夜」レビュー
「クラッシュ」レビュー

TIFF2015の作品レビュー

2015年グランプリ作「ニーゼ」レビュー
「ケンとカズ」レビュー
「シュナイダーVSバックス」レビュー
「フル・コンタクト」レビュー
「ヴィクトリア」レビュー
「ルクリ」レビュー
「コスモス」レビュー
「ビースト・オブ・ノー・ネーション」レビュー
「ヒトラーの忘れもの」レビュー
「ぼくの桃色の夢」レビュー
「IF ONLY」レビュー
「灼熱」レビュー
「さようなら」レビュー
「FOUJITA」レビュー

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”超トリッキーな少女マンガもの「orange」

orange 監督:橋本光二郎 出演:土屋太鳳、山崎賢人、竜星涼、山崎紘菜、桜田通etc

続きを読む

“Ç”ミニシアター系シーズン到来!10月のイチオシ作品!

10月公開のオススメ作品 10月になると東京国際映画祭のシーズン到来、 と同時にミニシアター

続きを読む

フランス映画「隣の女(1981)」

監督:フランソワ・トリュフォー 出演:ファニー・アルダン、ジェラール・ド・パルデューetc

続きを読む

”Ç”【ヤバすぎ】すべての洋画ファンに捧ぐ「マッドマックス/怒りのデス・ロード」

マッドマックス/怒りのデス・ロード(MAD MAX:FURY ROAD) 監督:ジョージ・ミラ

続きを読む

「劇場版 艦これ」ただのシネフィルが観に行った結果…

劇場版 艦これ(2016) 監督:草川啓造 出演:上坂すみれ、 藤田咲etc 評価:

続きを読む

“Ç”87回アカデミー賞予想6:視覚効果・撮影・編集・音響編集賞

予想ムズい?技術賞 動画や映画を撮っているブンブンにとって 非常に興味深い技術賞。 今回、「バ

続きを読む

“Ç”第69回カンヌ国際映画祭(2016)出品作発表ジャームッシュにドランにetc

第69回カンヌ国際映画祭 2016/6/11~2016/6/22開催 今年も、この季節がやっ

続きを読む

“Ç”リオ五輪まであと2週間!ブラジルの桃太郎「マクナイーマ」を観る

マクナイーマ(1969) MACUNAIMA(1969) 監督:ジョアキン・ペドロ・デ・アン

続きを読む

“Ç”マーティ、イーストウッドの名誉のために奮闘BTTF PARTⅢ

バック・トゥ・ザ・フューチャーPARTⅢ ↑しろたんが全力でデロリアンの出発を止める...

続きを読む

“Ç”【ネタバレ&解釈】「善き人のためのソナタ」シュタージの心情について

善き人のためのソナタ(2006) DAS LEBEN DER ANDEREN(2006) 監

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑