*

TIFF2016鑑賞記録9「パリ、ピガール広場」パリ18区は最後の砦、まさに最後のパリジャン!

TIFF2016鑑賞記録9「パリ、ピガール広場」パリ18区は最後の砦、まさに最後のパリジャン!

パリ、ピガール広場(2016)
LES DERNIERS PARISIENS(2016)

パリピガール広場
監督:アメ、エクメ
出演:レダ・カテブ,
スリマヌ・ダジetc

評価:65点

ラップユニットLa Rumeurの
アメ、エクメ初長編映画。

パリ18区ピガール広場で
仮出所中の移民が
成功夢見て頑張る話だそうだが
果たして…

「パリ、ピガール広場」あらすじ

パリピガール広場
パリの歌舞伎町と言われるピガール広場を
舞台に仮出所中の移民が犯罪から
足を洗い新ビジネスで立て直しを
しようとするが、兄との関係が悪化し…

知られざるパリの一面

ブンブンが高校3年生の時、
「最強のふたり」を観て驚愕の事実を知った。
それは、パリには移民の黒人が沢山いることだ。

フランス映画では、ほとんど移民や
黒人が登場しない。
まるで世界にいないような描かれ方を
するのだが、「最強のふたり」では
移民の労働者事情に迫っていた。

現に「パリはオシャレで良い街」と思っている人に、
口を大にして言いたいのは、「そんなことはない」のだ!
パリは移民が沢山おり、中心街では移民の物売りや
バクチ屋、署名詐欺師が沢山います。
メトロには物乞いの移民が徘徊しています。

さて、本作は「最強のふたり」以上に
等身大の移民を描いた、それも移民の
監督によって描かれている。

パリ18区、丁度北駅の方にある
ピガール広場周辺は、
パリ在住の人曰く
宿泊地に選んではいけないほど
危険な地域。いうなれば歌舞伎町だ。
ブンブンも実は泊まったことがあるが、
結構ヤバそうな雰囲気ある地区だ。

そこで、映し出される光景は
アフリカ系移民が服やCDを
もって街ゆく人や店にモノを
押し売りする姿だ。
また、どんなに足を洗って
しっかりした商売をしようと、
学がないが為に騙されたりして、
犯罪の道に戻らざる得ない状況に
なる姿だ。

監督がラップ出身の方だけに、
Dopeな音がリアリズムの邪魔
してしまっている点は否めないが、
パリに行った人なら誰しも
目にするであろう移民の
プライベートのプライベート
まで垣間見ることができる
貴重な作品と言えよう。

決して、「スプリング・ブレイカーズ
のようにパリピなガールが出てくる
映画ではないぞww

Q&A:原題「LES DERNIERS PARISIENS」3つの意味

%e3%83%91%e3%83%aa%e3%80%81%e3%83%94%e3%82%ac%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%ba%83%e5%a0%b42
↑主演のレダ・カテブ、監督のアメ、エクメと
TOGETHER PHOTO(*^_^*)

Q&Aでは、フランス映画において無視される移民
を中心に監督は熱く語っていました。
また、原題の
「LES DERNIERS PARISIENS(最後のパリジャン)」
について監督は3つの意味を教えてくれました。
一つ目は、1980~1990年代以降失われたパリへの郷愁。
二つ目は、地価の高いパリにおいて、
バンリュー(郊外)へ行くかどうかの淵に
立たされた人の物語を象徴。
三つ目は、ヌーヴェルヴァーグ等1960年代
フレンチシネマへのオマージュ。

だそうです。

日本公開はビミョーなところですが、
もし機会があれば是非ご覧下さい!

その他上映作品とレビュー

既に鑑賞済み作品

「牯嶺街少年殺人事件」レビュー
「怒り」レビュー
「フロッキング」レビュー
「シン・ゴジラ」レビュー
「キングコング対ゴジラ」レビュー
「TOO YOUNG TO DIE!」レビュー
「ハッピーアワー」レビュー
「ダゲレオタイプの女」レビュー
「リップヴァンウィンクルの花嫁」レビュー
「バケモノの子」レビュー
「オデッセイ」レビュー
PFFアワード2016 グランプリ作品
「食卓」レビュー

「淵に立つ」レビュー
「誕生のゆくえ」レビュー
「名誉市民」レビュー

TIFFJPで観た映画

「7分間」レビュー
「ノクトラマ」レビュー
「メコン大作戦」レビュー
「ブルーム・オブ・イエスタディ」レビュー
「アクエリアス」レビュー
「シエラネバダ」レビュー
「メッセージ」レビュー
「ミスター・ノー・プロブレム」レビュー
「あなた自身とあなたのこと」レビュー
「痛ましき謎への子守歌」レビュー
「鳥類学者」レビュー
「パリ、ピガール広場」レビュー
「オリ・マキの人生で最も幸せな日」レビュー
「ミュージアム」レビュー
「14の夜」レビュー
「クラッシュ」レビュー

TIFF2015の作品レビュー

2015年グランプリ作「ニーゼ」レビュー
「ケンとカズ」レビュー
「シュナイダーVSバックス」レビュー
「フル・コンタクト」レビュー
「ヴィクトリア」レビュー
「ルクリ」レビュー
「コスモス」レビュー
「ビースト・オブ・ノー・ネーション」レビュー
「ヒトラーの忘れもの」レビュー
「ぼくの桃色の夢」レビュー
「IF ONLY」レビュー
「灼熱」レビュー
「さようなら」レビュー
「FOUJITA」レビュー

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【キミにきめた!公開記念】「幻のポケモン ルギア爆誕」ロケット団の純愛映画だった!

劇場版 ポケットモンスター 幻のポケモン ルギア爆誕(1999) 監督:湯山邦彦 出演:松

続きを読む

“Ç”ブンブン映画ランキング2015家邦画部門、1位は邦画なのに日本未公開のあの作品

ブンブン映画ベストテン2015家邦画 今年は巨匠のちょっぴり隠れた名作に 恵まれた。黒澤明、

続きを読む

“Ç”今年のハロウィンはMAD MAXだ!ドゥーフ・ウォリアーになろうw

ハロウィンの季節今年は、MAD MAXになろう! 日本でも定着してきたハロウィン。 毎年、個性的

続きを読む

【ネタバレ解説】「この世界の片隅に」能年玲奈こと”のん”が覚醒!ムシ描写からみる某カルト映画との共通点

この世界の片隅に(2016) 監督:片渕須直 声の出演:のん、 細谷佳正、稲葉菜月、 小

続きを読む

“Ç”「マイ・ガール」カゲヒナタさんのイベントでDVDもらったよ!

マイ・ガール(1991) MY GIRL(1991) 監督:ハワード・ジーフ 出演:アンナ

続きを読む

”Ç”助演男優賞&録音賞&編集賞受賞作「セッション」アカデミー賞のダークホース!

さて、ここで問題。 ココはどこでしょう? んっ日本?中国? ノンノン、パリだよフランス

続きを読む

「人生フルーツ」東海テレビ制作!ただの菜園ドキュメンタリーではないぞ!

人生フルーツ(2016) LIFE IN FRUITS(2016) 監督:伏原健之 出演:

続きを読む

“Ç”【ネタバレ&解説】「リップヴァンウィンクルの花嫁」岩井俊二からあれが見られるとは!

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016) 監督:岩井俊二 出演:黒木華、綾野剛、Cocco

続きを読む

“Ç”【ゴーストバスターズ特集】緑のおばけアグリー・リトル・スパッドの変遷

8/11(木)~8/14(日)先行公開 「ゴーストバスターズ」 今月8/11(木)より 先

続きを読む

“Ç”【リービ英雄ゼミ】三島由紀夫「憂国」映画版が凄い件

憂国(1966) 監督:三島由紀夫 出演:三島由紀夫、鶴岡淑子etc 評価:80点 ブン

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【酷評】『GODZILLA 怪獣惑星』が実質『パシフィック・リム:アップライジング』の続編だった件

GODZILLA 怪獣惑星(2017) 監督:静野孔文,瀬下寛之

【解説】『エンドレス・ポエトリー』はホドロフスキー版『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』だ!

エンドレス・ポエトリー(2016) 原題:Poesia Sin Fi

【ネタバレなし解説】『全員死刑』を今、映画館で観なければいけない5の理由

全員死刑(2017) 監督:小林勇貴 出演:間宮祥太朗,毎熊克

『垂直のまま(RESTER VERTICAL)』日本公開不可能?局部の国のアリス

垂直のまま(2016) 原題:RESTER VERTICAL 英題

【寅さんフルマラソン㉚】「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」沢田研二夫婦出現!

男はつらいよ 花も嵐も寅次郎(1982) 監督:山田洋次 出演

さらに過去の記事





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑