*

TIFF2016鑑賞記録8『鳥類学者』そして神になる!ポルトガルの鬼才が送るゲテモノ映画

TIFF2016鑑賞記録8『鳥類学者』そして神になる!ポルトガルの鬼才が送るゲテモノ映画

鳥類学者(2016)
O Ornitologo(2016)

%e9%b3%a5%e9%a1%9e%e5%ad%a6%e8%80%85
監督:ジョアン・ペドロ・ロドリゲス
出演:ポール・アミー,
シェロ・カジアオetc

評価:55点

ロカルノ国際映画祭で話題の
鬼才ジョアン・ペドロ・ロドリゲス
最新作が第29回東京国際映画祭でお披露目!

ブンブンは、なんとなくチケットを
取ったのだが、
どうやらロドリゲス
監督が相当カルト的監督らしく
Twitterで盛り上がっていたのだが果たして…

「鳥類学者」あらすじ

鳥類学者であるフェルナンドは、
珍しい鳥を探しに森へと入っていく。
しかし、カヌーで川を下っていたところ
急流に巻き込まれ遭難する…

とっても変な映画

これだけ聞くと、至って普通の
サバイバル映画に見えるのだが、
実に変な映画だ。

なんたって、遭難した鳥類学者
で森の中で出会う人が
サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路
を巡っている中国人女性コンビだったり、
ゲイの聾唖者だったり、
天狗マン
だったりするのだw

しかも、鳥類学者が段々と
サバイバルを通して
スーパーパワーを身につけていき、
最後には聖アントニオ、つまり
神様になってしまうのだww

ぶっ飛んだ話でブンブン好みの筈だったのだが、
個人的にはあまり乗れませんでしたm(_ _)m

確かに、鳥を観る者から鳥に観られる者へと
変わるカメラワークは良かったのですが、
よく分からなかったな~

聖パドヴァのアントニオ

本作は聖パドヴァのアントニオの逸話を
モチーフに作られている。
聖アントニオは、12世紀末に
フェルナンドとして生まれ
後にアントニオとして宣教活動を
行った人
で様々な逸話を持っている。
そのエピソードが本作でも
ちりばめられており、
例えばある男が衝撃的な形で
なくしていた物をアントニオから
見つけるシーンなどに現れている。

Q&A:鳥類学者と映画監督は似ている?


Q&Aでジョアン・ペドロ・ロドリゲス監督から
いくつか面白い話を聞けました。

まずこの「鳥類学者」は、西部劇を意識して
作ったとのこと。確かに言われてみれば、
さすらいの男が引き起こす騒動という点では
西部劇っぽかったな。

また、ロドリゲス監督は元々鳥類学者に
なりたかったのだが、
結局映画監督になったとのこと。
その理由について監督は
「鳥類学者と映画監督は似ている。
何をレンズに映し、
何をレンズから取り除くのかを
こだわる点二つは一緒だ」
と語っていました。

もしかすると、かなり観客のテンションが高めだったので
日本公開できるかも?
その時は是非劇場でウォッチしてみてください!

ロドリゲス監督作品予告編

↑「オー・ファンタズマ(2000)」

↑「オデット(2005)」

↑「男として死ぬ(2009)」

↑「追憶のマカオ(2012)」

↑「The King’s Body(2013)」

その他上映作品とレビュー

既に鑑賞済み作品

「牯嶺街少年殺人事件」レビュー
「怒り」レビュー
「フロッキング」レビュー
「シン・ゴジラ」レビュー
「キングコング対ゴジラ」レビュー
「TOO YOUNG TO DIE!」レビュー
「ハッピーアワー」レビュー
「ダゲレオタイプの女」レビュー
「リップヴァンウィンクルの花嫁」レビュー
「バケモノの子」レビュー
「オデッセイ」レビュー
PFFアワード2016 グランプリ作品
「食卓」レビュー

「淵に立つ」レビュー
「誕生のゆくえ」レビュー
「名誉市民」レビュー

TIFFJPで観た映画

「7分間」レビュー
「ノクトラマ」レビュー
「メコン大作戦」レビュー
「ブルーム・オブ・イエスタディ」レビュー
「アクエリアス」レビュー
「シエラネバダ」レビュー
「メッセージ」レビュー
「ミスター・ノー・プロブレム」レビュー
「あなた自身とあなたのこと」レビュー
「痛ましき謎への子守歌」レビュー
「鳥類学者」レビュー
「パリ、ピガール広場」レビュー
「オリ・マキの人生で最も幸せな日」レビュー
「ミュージアム」レビュー
「14の夜」レビュー
「クラッシュ」レビュー

TIFF2015の作品レビュー

2015年グランプリ作「ニーゼ」レビュー
「ケンとカズ」レビュー
「シュナイダーVSバックス」レビュー
「フル・コンタクト」レビュー
「ヴィクトリア」レビュー
「ルクリ」レビュー
「コスモス」レビュー
「ビースト・オブ・ノー・ネーション」レビュー
「ヒトラーの忘れもの」レビュー
「ぼくの桃色の夢」レビュー
「IF ONLY」レビュー
「灼熱」レビュー
「さようなら」レビュー
「FOUJITA」レビュー

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」:そのポケモンマスター凶暴につき

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016) Fantastic Beasts and

続きを読む

TIFF2016鑑賞記録13「ブルーム・オブ・イエスタディ」東京グランプリ受賞作!

ブルーム・オブ・イエスタディ(2016) 原題:Die Blumen von Gestern 英

続きを読む

“Ç”アカデミー賞主演女優賞受賞作「ルーム」ブリー・ラーソンも凄いが…

ルーム(2015) ROOM(2015) 監督:レニー・エイブラハムソン 出演:ブリー・ラーソン、

続きを読む

新海誠初監督作「ほしのこえ」NETFLIXにて公開中

ほしのこえ(2002) The voices of a distant star Voices

続きを読む

【TIFF2017】『マリリンヌ』A・デルミー女優賞受賞も納得のトラウマ人生劇

マリリンヌ(2017) Maryline(2017) 監督:ギヨーム・ガリエンヌ 出演:ア

続きを読む

“Ç”【生誕70周年】実写版マスオさんがイケメン「続・サザエさん」

続・サザエさん(1957) 監督:青柳信雄 出演:江利チエミ、小泉博、 藤原釜足、清川虹子

続きを読む

“Ç”スタローン好演「ロッキー」新章「クリード チャンプを継ぐ男」

クリード チャンプを継ぐ男(CREED) 監督:ライアン・クーグラー 出演:シルベスター・ス

続きを読む

“Ç”にっニンゲンがセイウチになるだと(汗 「Mr.タスク」

Mr.タスク(TUSK) 監督:ケヴィン・スミス 出演:ジャスティン・ロング、マイケル・パー

続きを読む

【ネタバレ解説】「ぼくとアールと彼女のさよなら」映画ファン必見のサンダンス国際映画祭グランプリ作

ぼくとアールと彼女のさよなら(2015) Me and Earl and the Dying Gi

続きを読む

“Ç”アカデミー賞史上最も異色な受賞作「バードマン」

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) Birdman or (The Unexpec

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

『垂直のまま(RESTER VERTICAL)』日本公開不可能?局部の国のアリス

垂直のまま(2016) 原題:RESTER VERTICAL 英題

【寅さんフルマラソン㉚】「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」沢田研二夫婦出現!

男はつらいよ 花も嵐も寅次郎(1982) 監督:山田洋次 出演

【実話】『ザ・ビッグ・シック(THE BIG SICK)』日本未公開の異文化難病ラブコメディ

ザ・ビッグ・シック(日本未公開/2017) THE BIG SICK

【日本未公開・ネタバレ酷評】『It Comes at Night』“それ”が見えたら、終わり。

イット・カムズ・アット・ナイト(日本未公開・2017) It Com

【ネタバレ考察】『A GHOST STORY』賛否両論A24が放つカルト映画

ア・ゴースト・ストーリー(2017) A GHOST STORY(2

さらに過去の記事





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑