*

TIFF2016鑑賞記録8「鳥類学者」そして神になる!ポルトガルの鬼才が送るゲテモノ映画

TIFF2016鑑賞記録8「鳥類学者」そして神になる!ポルトガルの鬼才が送るゲテモノ映画

鳥類学者(2016)
O Ornitologo(2016)

%e9%b3%a5%e9%a1%9e%e5%ad%a6%e8%80%85
監督:ジョアン・ペドロ・ロドリゲス
出演:ポール・アミー,
シェロ・カジアオetc

評価:55点

ロカルノ国際映画祭で話題の
鬼才ジョアン・ペドロ・ロドリゲス
最新作が第29回東京国際映画祭でお披露目!

ブンブンは、なんとなくチケットを
取ったのだが、
どうやらロドリゲス
監督が相当カルト的監督らしく
Twitterで盛り上がっていたのだが果たして…

「鳥類学者」あらすじ

鳥類学者であるフェルナンドは、
珍しい鳥を探しに森へと入っていく。
しかし、カヌーで川を下っていたところ
急流に巻き込まれ遭難する…

とっても変な映画

これだけ聞くと、至って普通の
サバイバル映画に見えるのだが、
実に変な映画だ。

なんたって、遭難した鳥類学者
で森の中で出会う人が
サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路
を巡っている中国人女性コンビだったり、
ゲイの聾唖者だったり、
天狗マン
だったりするのだw

しかも、鳥類学者が段々と
サバイバルを通して
スーパーパワーを身につけていき、
最後には聖アントニオ、つまり
神様になってしまうのだww

ぶっ飛んだ話でブンブン好みの筈だったのだが、
個人的にはあまり乗れませんでしたm(_ _)m

確かに、鳥を観る者から鳥に観られる者へと
変わるカメラワークは良かったのですが、
よく分からなかったな~

聖パドヴァのアントニオ

本作は聖パドヴァのアントニオの逸話を
モチーフに作られている。
聖アントニオは、12世紀末に
フェルナンドとして生まれ
後にアントニオとして宣教活動を
行った人
で様々な逸話を持っている。
そのエピソードが本作でも
ちりばめられており、
例えばある男が衝撃的な形で
なくしていた物をアントニオから
見つけるシーンなどに現れている。

Q&A:鳥類学者と映画監督は似ている?

%e9%b3%a5%e9%a1%9e%e5%ad%a6%e8%80%853
Q&Aでジョアン・ペドロ・ロドリゲス監督から
いくつか面白い話を聞けました。

まずこの「鳥類学者」は、西部劇を意識して
作ったとのこと。確かに言われてみれば、
さすらいの男が引き起こす騒動という点では
西部劇っぽかったな。

また、ロドリゲス監督は元々鳥類学者に
なりたかったのだが、
結局映画監督になったとのこと。
その理由について監督は
「鳥類学者と映画監督は似ている。
何をレンズに映し、
何をレンズから取り除くのかを
こだわる点二つは一緒だ」
と語っていました。

もしかすると、かなり観客のテンションが高めだったので
日本公開できるかも?
その時は是非劇場でウォッチしてみてください!

ロドリゲス監督作品予告編

↑「オー・ファンタズマ(2000)」

↑「オデット(2005)」

↑「男として死ぬ(2009)」

↑「追憶のマカオ(2012)」

↑「The King’s Body(2013)」

その他上映作品とレビュー

既に鑑賞済み作品

「牯嶺街少年殺人事件」レビュー
「怒り」レビュー
「フロッキング」レビュー
「シン・ゴジラ」レビュー
「キングコング対ゴジラ」レビュー
「TOO YOUNG TO DIE!」レビュー
「ハッピーアワー」レビュー
「ダゲレオタイプの女」レビュー
「リップヴァンウィンクルの花嫁」レビュー
「バケモノの子」レビュー
「オデッセイ」レビュー
PFFアワード2016 グランプリ作品
「食卓」レビュー

「淵に立つ」レビュー
「誕生のゆくえ」レビュー
「名誉市民」レビュー

TIFFJPで観た映画

「7分間」レビュー
「ノクトラマ」レビュー
「メコン大作戦」レビュー
「ブルーム・オブ・イエスタディ」レビュー
「アクエリアス」レビュー
「シエラネバダ」レビュー
「メッセージ」レビュー
「ミスター・ノー・プロブレム」レビュー
「あなた自身とあなたのこと」レビュー
「痛ましき謎への子守歌」レビュー
「鳥類学者」レビュー
「パリ、ピガール広場」レビュー
「オリ・マキの人生で最も幸せな日」レビュー
「ミュージアム」レビュー
「14の夜」レビュー
「クラッシュ」レビュー

TIFF2015の作品レビュー

2015年グランプリ作「ニーゼ」レビュー
「ケンとカズ」レビュー
「シュナイダーVSバックス」レビュー
「フル・コンタクト」レビュー
「ヴィクトリア」レビュー
「ルクリ」レビュー
「コスモス」レビュー
「ビースト・オブ・ノー・ネーション」レビュー
「ヒトラーの忘れもの」レビュー
「ぼくの桃色の夢」レビュー
「IF ONLY」レビュー
「灼熱」レビュー
「さようなら」レビュー
「FOUJITA」レビュー

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”「バードマン」の原作(?)「愛について語るとき我々の語ること」読む

愛について語るとき我々の語ること What we talk about when we talk

続きを読む

“Ç”コメディ監督からの卒業?「あの日の声を探して」

THE SEARCH(2014) 監督:ミシェル・アザナヴィシウス 出演:エミール・ジゴ、

続きを読む

【試写会レビュー】11/11(金)公開「オケ老人!」意外にも杏初主演作

オケ老人!(2016) 監督:細川徹 出演:杏、黒島結菜、坂口健太郎、 笹野高史etc

続きを読む

【小話】ブンブンセレクション!泣ける映画10選

「泣ける映画」探してみました 先日、同窓会があって、 友達に「泣ける映画教えて!」と言われた

続きを読む

”Ç”【日本未公開フランス映画】Château en Italie(イタリアのある城で)

Château en Italie(イタリアのある城で) 監督:ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ

続きを読む

“Ç”【速報】第72回ヴェネチア映画祭受賞発表、金獅子賞はベネズエラ映画「DESDE ALLÁ(デスデ・アジャ)」

第72回ヴェネチア映画祭受賞結果速報 コンペティション部門 金獅子賞Leone d'Or

続きを読む

“Ç”【ネタバレ/続編】「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」衣裳コリーン・アトウッド最高傑作しかし…

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅(2016) Alice Through the Looki

続きを読む

“Ç”映画「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」:スポ根としてみると…

留学、飛行機と言えば日本より早く 近日公開作品を観られる楽しみがある。 アンジェでは、 ロバート・

続きを読む

2016年11月イメージフォーラム公開!ユーゴスラビアの闇を描く「灼熱」

灼熱(ZVIZDAN) 監督:ダリボル・マタニッチ 出演:ティハナ・ラゾヴィッチ、ゴーラン・

続きを読む

“Ç”【解説】「栄光のランナー1936ベルリン」リーフェンシュタールを語る

栄光のランナー1936ベルリン(2016) RACE(2016) 監督:スティーブン・ホプキ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【寅さんフルマラソン⑮】「男はつらいよ 寅次郎相合い傘」メロン事件勃発

男はつらいよ 寅次郎相合い傘(1975) 監督:山田洋次, 出

「おとなの恋の測り方」の元ネタ「Corazón de León」を観てみた!

Corazón de León 監督:Marcos Carnev

【最終回】#45社会人になって思ったこと~時間とお金の関係~

社会人になって思ったこと~時間とお金の関係~ 4月から社会人として新

【新文芸坐】「ストップ・メイキング・センス」スタンディング強制上映が神イベントだった件

「ストップ・メイキング・センス」 スタンディング強制上映が 神イベ

【ネタバレ解説】「おとなの恋の測り方」大ヒットの秘訣はリアルな逆身長差カップル像にあり!

おとなの恋の測り方(2016) un homme à la haut

さらに過去の記事





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑