*

【東京国際映画祭】「男子高校生の日常」松居大悟節炸裂の傑作

【東京国際映画祭】「男子高校生の日常」松居大悟節炸裂の傑作

男子高校生の日常(2013)


監督:松居大悟
出演:菅田将暉,吉沢亮,
野村周平,栗原類etc

評価:75点

東京国際映画祭のシーズンがやってきました。今年の日本映画スプラッシュ部門の注目作として「アズミハルコは行方不明」の松居大悟が撮ったワンカット映画「アイスと雨音」がある。ブンブン、残念ながらスケジュールが合わず行けず哀しくて、Netflixを漁っていたら、彼の「男子高校生の日常」がアップされていた。

「男子高校生の日常」とは山内泰延の日常系ギャグ漫画が原作であり、あらゐけいいちの「日常」に対抗してか、男子高校生のライフスタイルをリアルに描いている。それを松居大悟はどのように調理したのだろうか…

「男子高校生の日常」あらすじ

男子校真田北高校に通うタダクニ、ヒデノリ、ヨシタケはテスト期間中だというのにダラダラとした生活を送っていた。そんなある日、近隣の女子校と合同で文化祭を行うことが決まり…

「セトウツミ」に近い会話劇の妙

漫画原作ものの映画化アプローチは大きく分けて二つある。一つ目は、原作を忠実再現するというもので、三池崇史の「ジョジョの奇妙な冒険」が該当する。一方、「亜人」のようにストーリーや設定を少し踏襲し、残りは監督の作家性で描くスタイルがある。後者は原作好きに嫌われるリスクが高い(元々、漫画原作モノは叩かれがちだが…)のだが、この「男子高校生の日常」は後者を取っている。

アニメや漫画の代表的な、下校時茶番RPGの舞台を廊下に移していることから、松居大悟の「俺の映画」にしてやろうという気概が伝わってくる。そして、上記で原作は「男子高校生のライフスタイルをリアルに描いている」と語っているが、それ以上にリアリズムを出している。

佐藤二朗扮する先生以外は、非常に自然体で淡々と高校生の日々が描かれていく。テスト期間中、部屋に野郎が集まり勉強するがすぐに集中力が切れて、ボーイズトークを始める感じ。男子高校生がコンビニで女子高生に遭遇したときの気まずそうな態度。まだ、菅田将暉,吉沢亮,
野村周平が大スターになる前だからか、異様にリアルだ。

映画版だからといってドラマチックな展開が起きるわけではない。ただ、テスト期間と文化祭という高校生にとってどこかソワソワしてしまうビッグイベントの高揚感が画面を包む。この何もないんだけれども独特のリズムが観客を惹き込む感じは「セトウツミ」に近い。

確かに、本作はインディーズ映画の撮られ方をしているので、原作好きやインディーズ映画、それもインディーズ邦画の文法になれていないと退屈かもしれない。しかしながら、退廃な日々にノスタルジーを抱く、あなたのくだらなくも大切にしたい思い出を心の奥から引き出してくれる作品でした。

TIFFで観た映画レビュー

その他上映作品とレビュー

映画祭以外で鑑賞

「牯嶺街少年殺人事件」レビュー
「怒り」レビュー
「フロッキング」レビュー
「シン・ゴジラ」レビュー
「キングコング対ゴジラ」レビュー
「TOO YOUNG TO DIE!」レビュー
「ハッピーアワー」レビュー
「ダゲレオタイプの女」レビュー
「リップヴァンウィンクルの花嫁」レビュー
「バケモノの子」レビュー
「オデッセイ」レビュー
PFFアワード2016 グランプリ作品
「食卓」レビュー

「淵に立つ」レビュー
「誕生のゆくえ」レビュー
「名誉市民」レビュー
「プールサイドマン」レビュー
「七日」レビュー

TIFF2016で観た映画

「7分間」レビュー
「ノクトラマ」レビュー
「メコン大作戦」レビュー
「ブルーム・オブ・イエスタディ」レビュー
「アクエリアス」レビュー
「シエラネバダ」レビュー
「メッセージ」レビュー
「ミスター・ノー・プロブレム」レビュー
「あなた自身とあなたのこと」レビュー
「痛ましき謎への子守歌」レビュー
「鳥類学者」レビュー
「パリ、ピガール広場」レビュー
「オリ・マキの人生で最も幸せな日」レビュー
「ミュージアム」レビュー
「14の夜」レビュー
「クラッシュ」レビュー

TIFF2015の作品レビュー

2015年グランプリ作「ニーゼ」レビュー
「ケンとカズ」レビュー
「シュナイダーVSバックス」レビュー
「フル・コンタクト」レビュー
「ヴィクトリア」レビュー
「ルクリ」レビュー
「コスモス」レビュー
「ビースト・オブ・ノー・ネーション」レビュー
「ヒトラーの忘れもの」レビュー
「ぼくの桃色の夢」レビュー
「IF ONLY」レビュー
「灼熱」レビュー
「さようなら」レビュー
「FOUJITA」レビュー

ブロトピ:映画ブログ更新
ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!

関連記事

「セリーヌとジュリーは舟でゆく」ジャック・リヴェットはラノベっぽい映画を撮る

セリーヌとジュリーは舟でゆく(1974) CELINE ET JULIE VONT EN BATE

続きを読む

TIFF2016鑑賞記録12「アクエリアス」ただの立ち退きバトル映画ではありません!

アクエリアス(2016) AQUARIUS(2016) 監督:クレベール・メンドンサ・フィリ

続きを読む

第89回アカデミー賞受賞予想⑨短編アニメーション賞、短編ドキュメンタリー賞

第89回アカデミー賞受賞予想9 アカデミー賞予想ついに最終章。 例年、予想はしないのですが、

続きを読む

【ネタバレなし】「劇場版ミッフィー どうぶつえんで宝さがし」貴方の常識を覆す60分

劇場版ミッフィー どうぶつえんで宝さがし(2013) Miffy the Movie(2013)

続きを読む

「ハードコア」主人公は君だ!ロシアのエクストリームFPS映画が凄かった件!

ハードコア(2016) HARDCORE HENRY(2016) 監督:イリヤ・ナイシュラー

続きを読む

【寅さんフルマラソン⑥】「男はつらいよ 純情篇」若尾文子×森繁久彌×宮本信子ごっ豪華すぎる!

男はつらいよ 純情篇(1971) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 森繁久彌, 宮本信子,

続きを読む

【寅さんフルマラソン コラム③】「十五才 学校IV 」山田洋次のシャープな視点ここにもあり

十五才 学校IV(2000) 監督:山田洋次 出演:金井勇太, 麻実れい,赤井英和etc

続きを読む

【寅さんフルマラソン⑭】「男はつらいよ 寅次郎子守唄」労災勃発!イクメン爆誕!

男はつらいよ 寅次郎子守唄(1974) 監督:山田洋次 出演:渥美清、 月亭八方、春川ます

続きを読む

【寅さんフルマラソン⑦】「男はつらいよ 奮闘篇」珍しい!おつむの弱い女性が寅ガール!

男はつらいよ 奮闘篇(1971) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 田中邦衛, ミヤコ蝶々

続きを読む

”Ç”87回アカデミー賞予想4:脚本&脚色賞

脚色と脚本の違いって? よく友達に「脚色賞」と「脚本賞」の違いって何? って訊かれる。 実は両

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

『垂直のまま(RESTER VERTICAL)』日本公開不可能?局部の国のアリス

垂直のまま(2016) 原題:RESTER VERTICAL 英題

【寅さんフルマラソン㉚】「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」沢田研二夫婦出現!

男はつらいよ 花も嵐も寅次郎(1982) 監督:山田洋次 出演

【実話】『ザ・ビッグ・シック(THE BIG SICK)』日本未公開の異文化難病ラブコメディ

ザ・ビッグ・シック(日本未公開/2017) THE BIG SICK

【日本未公開・ネタバレ酷評】『It Comes at Night』“それ”が見えたら、終わり。

イット・カムズ・アット・ナイト(日本未公開・2017) It Com

【ネタバレ考察】『A GHOST STORY』賛否両論A24が放つカルト映画

ア・ゴースト・ストーリー(2017) A GHOST STORY(2

さらに過去の記事





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑