*

【金熊賞】「私の、息子」ルーマニアのこの親ばか映画がヤバイ!

【金熊賞】「私の、息子」ルーマニアのこの親ばか映画がヤバイ!

私の、息子(2013)
POZITIA COPILULUI/
CHILD’S POSE(2013)


監督:カリン・ペーター・ネッツァー
出演:ルミニツァ・ゲオルギウ,
ボグダン・ドゥミトラケ,
イリンカ・ゴヤetc

評価:80点

2000年代以降、ルーマニア映画が国際映画祭で注目されている。「4ヶ月,3週と2日」、「エリザのために」のクリスティアン・ムンジウ、「シエラネバダ」のクリスティ・プイウ等々、いずれもほの暗い水色を基調とした色使いで陰鬱なストーリーを展開している。

今回Netflixで観た「私の、息子」はベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞した作品。例に漏れず陰鬱な作品でしたぞ…

「私の、息子」あらすじ

息子が交通事故で子どもを殺してしまった!親ばかなオカンは、なんとかして息子が刑務所にいってしまうのを防ごうと、警察や目撃者を賄賂等で説得していく。しかし、息子はそんなオカンにうんざりし軋轢が軋轢を生むのだった…

親ばか映画の真骨頂!

息子が交通事故で、他人の子どもを殺してしまう。日本なら「一生償います」で色んな意味で終わるのだが、本作はなんとオカンがなんとかして息子を刑務所に入れまいと、警察に交渉したり、目撃者を買収しようとする。観客は、本作を観てドンビキするだろう。「えっどんだけ親ばかなんだ」と。

ただ、コレはもしかするとルーマニアの文化なのかもしれない。「エリザのために」もそうだったのだが、やたらと近所館系、家族の絆が重要になってくる。「困っている人は助けよう」「皆で汚職しよう」というある種、社会主義国家だった名残を感じさせる。それ故に、集団で犯罪を全力でもみ消そうとする不気味さが際立つ。

なんたって、本作のオカンは一切被害者家族に対しての謝罪の「しゃ」の字もないのだ。被害者家族に対面しようなら、慰謝料を渡すシーンがあるのだが、謝罪の気持ちは微分たりもなく、あくまで「私の心が休まるように」とベクトルが自分に向いているではありませんか。被害者家族もあまりの哀しさに泣くしかできないのだが、怒って良いんだぞといいたくなる。

どこまでクソ野郎なんだ。グーパンしたくなるオカンの愚行に唖然とさせられる一本でした。

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【尾道映画特集】「ふたり」この親子の会話気持ち悪い…大林宣彦フェチズム全開!

ふたり(1991) 監督:大林宣彦 出演:石田ひかり、中嶋朋子、 富司純子、岸部一徳、

続きを読む

“Ç”デンマーク産エクストリーム誘拐「真夜中のゆりかご」

試写会で「真夜中のゆりかご」当る! ぴあ映画生活の試写会プレゼントでで デンマーク映画「真夜

続きを読む

【実話】4月公開「バーニング・オーシャン」メキシコ湾原油流出事故驚異の再現!

バーニング・オーシャン(2016) DEEPWATER HORIZON(2016) 監督:ピ

続きを読む

“Ç”「アイ・アム・ア・ヒーロー」ゲテモノ映画祭シッチェス等を制したのも納得傑作ゾンビ映画

アイ・アム・ア・ヒーロー(2015) I AM A HERO(2015) 監督:佐藤信介

続きを読む

“Ç”200頭の犬に追いかけられたら…「ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソティ)」

「WHITE GOD」 監督:Kornel Mundruczó 出演:Zsófia Psot

続きを読む

“Ç”第88回アカデミー賞予想外国語映画賞×長編ドキュメンタリー賞「サウルの息子」当選確実!?

外国語映画賞ノミネート作品 1.サウルの息子 新宿シネマカリテ他にて公開中 2.裸足の

続きを読む

【ネタバレなし】星野源がストーカーに!「夜は短し歩けよ乙女」はドラッグ映画だった…

夜は短し歩けよ乙女(2017) The Night Is Short, Walk on Girl(

続きを読む

【寅さんフルマラソン⑪】「男はつらいよ 寅次郎忘れな草」浅丘ルリ子のヒッピー感やばいww

男はつらいよ 寅次郎忘れな草(1973) 監督:山田洋次 出演:渥美清、佐藤蛾次郎、 倍賞

続きを読む

【ドグマ95研究】「ジュリアン」精神分裂病患者の脳内をトリップ!サイケ過ぎるww

ジュリアン(1999) JULIEN: DONKEY BOY(1999) 監督:ハーモニー・

続きを読む

“Ç”【カンヌ映画祭特集】ブルーノ・デュモンの異色ミステリー「プティ・カンカン(前編)」

プティ・カンカン(2014) P'TIT QUINQUIN(2014) 監督:ブルーノ・デュ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑