*

【夏休み映画特集】「EL(1952)」ヒッチコックの「めまい」の源泉ここにあり!?

【夏休み映画特集】「EL(1952)」ヒッチコックの「めまい」の源泉ここにあり!?

EL(1952)


監督:ルイス・ブニュエル
出演:アルトゥーロ・デ・コルドヴァ、
デリア・ゲルセスetc

評価:60点

夏休み映画と言えば、ホラーですよねー。暑い夏に背筋がひんやり冷えるホラーは格別。今回紹介するのは、シュルレアリズム監督であるルイス・ブニュエルが1952年に作ったホラー。古いホラーだからって侮るなかれ。メチャクチャ怖いぞー

「EL」あらすじ

敬虔なカトリック信者であるフランシスコは教会で一目惚れした女に猛アタック。夫がいるにも関わらず、なんとか婚約に成功するのだが、彼は典型的なソクバッキー!彼女に接してくる総ての男を疑い、彼女を脅す猟奇的な男へと変貌するのだった…

人間が一番怖い

ホラー映画で一番怖いのは、幽霊でも怪物でもなく実は人間だったりする。人間の心の暗部や、コントロールできない部分が表に出るとひやっつとなる。本作は、その点ピカイチの怖さを誇る。よく、恋バナの席で「あいつソクバッキーで、人の携帯電話勝手に見たりするんだよねー」といった話を耳にする。それはどうやら1950年代にもあったようだ。

ソクバッキーになってしまった男は、段々精神がおかしくなっていき、突然愛を確かめ合いたいとキスをしたり、ロープで「首を絞めるぞ」と脅してきたりする。ただそれだけなら、普通のサスペンスで終わってしまうのだが、本作の怖いところは、そのソクバッキー男から見える視点で描かれているところにあります。

カノジョさえも信じることのできなくなった男の目に映る狂気の世界を、2017年の今ですら見ないようなカット割りで魅せていく。幻覚のように映る嘲笑する人々をあそこまで見せつけられると怖い。

「めまい」の原点??

本作はライムスター宇多丸のオールタイムベストに入っていることで有名な作品だが、観ているとあの巨匠アルフレッド・ヒッチコックも大好きだったのではと思わせられる。というのも、教会のらせん階段の上でのサスペンスシーンが「めまい」の有名なあのシーンと完全に一致しているのです。「めまい」は1958年の作品なので、ブニュエルの方が先に撮っている。もしかすると、ヒッチコックは「El」を観て、「めまい」を着想したのかもしれませんね~

ってことで、暑い夏に是非このひんやりホラーを観てみてはいかがでしょうか?

関連記事

“Ç”カンヌ映画祭脚本賞受賞!俺ん家守れ!「裁かれるは善人のみ」10月31日日本公開!

裁かれるは善人のみLeviathan 監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ 出演:アレクセイ・

続きを読む

“Ç”ドローン映画と思いきや格闘技映画「フル・コンタクト」東京国際映画祭にて

フル・コンタクト(FULL CONTACT) 監督:ダビッド・フェルベーク 出演:グレゴワー

続きを読む

【ネタバレなし】『ジャスティス・リーグ』はハリウッド版テラフォーマーズだ!

ジャスティス・リーグ(2017) JUSTICE LEAGUE(2017) 監督:ザック・ス

続きを読む

“Ç”「シェル・コレクター」リリー・フランキーが盲目の貝収集家に!

シェル・コレクター(2016) THE SHELL COLLECTER(2016) 監督:坪田義

続きを読む

“Ç”マイルドヤンキー向けだがおもろい!「ガールズ・ステップ」

ガールズ・ステップ 監督:川村泰祐 出演:小野花梨、石井杏奈、上原実矩、遊馬萌弥etc

続きを読む

【シネマヴェーラ鈴木則文特集】「吼えろ鉄拳」真田広之がブルースリーに…

吼えろ鉄拳(1981) 監督:鈴木則文 出演:真田広之、志穂美悦子etc 評価:80点

続きを読む

「人生フルーツ」東海テレビ制作!ただの菜園ドキュメンタリーではないぞ!

人生フルーツ(2016) LIFE IN FRUITS(2016) 監督:伏原健之 出演:

続きを読む

“Ç”世界で最も哀れなホラー映画は?「死霊の盆踊り」

死霊の盆踊り(Orgy of the Dead) 監督:A. C. スティーヴン 出演:ウィ

続きを読む

“Ç”トロント国際映画祭観客賞受賞!フリッツル事件に基づく「ルーム」原作の翻訳が凄い!

部屋 著者:エマ・ドナヒュー 翻訳:土屋京子 年が明けて映画ファンが一番気になるのは、

続きを読む

“Ç”ダンスなきインド版「ヒロイン失格」、「IF ONLY」

IF ONLY(KAASH) 監督:イシャーン・ナーイル 出演:ニディ・スニール、ヴァルン・

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑