*

【釜山の映画館】Lotte Cinema Centum Cityドリンクホルダが動かせる!!

【釜山の映画館】Lotte Cinema Centum Cityドリンクホルダが動かせる!!

Lotte Cinema Centum City


先日、釜山国際映画祭に参加し、3つの映画館の様子を堪能することができました。今回は、初日に『マンタレイ(MANTA RAY)』を観た劇場Lotte Cinema Centum Cityを紹介します。

その前に、釜山国際映画祭の会場事情ですが、これが非常に面白いです。Centum City駅に降りると、ブランド店が多く入っているロッテ百貨店と庶民的ショップが多く入っている新世界百貨店があり、それぞれの上層階にそれぞれシネコンが入っています。その裏手には映画の殿堂があり、そこには浅草公会堂のような大ホール、上野の水上音楽堂のような会場があり、まさしく映画祭の為だけにあるような地域となっています。今回『マンタレイ』を観にロッテ百貨店8階に行きました。

Lotte Cinema Centum City公式サイト

チケットを引換えよう!



8階に行くと、チケットブースがあります。ここで当日券を買ったり、Webチケットを有形のチケットに換えることができます。代行サービスを使うと、「チケットはチケットブースで引き換えてください」と連絡が来ますが、スマホやプリントアウトでWebチケットを見せても入ることができます。(ただ、受付の人によっては引き換えてくださいと言われる可能性があるので、来年以降行く方は、臨機応変に対応してください。)

それにしても、釜山国際映画祭のチケット料金はとても安い。通常の作品は600円、MIDNIGHT PASSIONのような特殊上映でも1,000円ぐらいで映画を楽しむことができます。

コンセッション



基本的に映画館で飲み物、食べ物を買わないので、コンセッション事情は紹介しないのだが、一応メニューは確認しました。ポップコーンセットは若干日本より高め。1200円で買えます。ただ、大きさはかなり大きく、TOHOシネマズのポップコーンのLサイズ程あります。韓国人の友だちに味について訊いたところ、「日本のよりかは不味いよww」とのことです。

ただ、メニューの種類はTOHOシネマズレベルにバラエティに富んでおり、ホットドッグや謎のスープなんかもあります。また映画館公式のコンセッションの横にカフェも併設されています。結構、こっちで購入したものを持ち込んでいる方いました。

豪華なスクリーン5


実際にスクリーン5に入ってみました。



割と段差の高い劇場です。なので、目の前に背の高い人が座っても気になりません。また、外壁は金網の奥に釜山の景色が描かれている洒落た造りをしています。

最前列もかなりスペースがあるので、一番前で観ても見辛くないと思われます。

ドリンクホルダが動かせる!!



この劇場の面白いところは、ドリンクホルダを動かせるところにあります。近年、カップルシートというものが常設されるようになったが、これなら自由にカップルシートを創り出せますね。

釜山の観客の鑑賞スタイル

実際に映画祭に来た方のマナーを見て見ましょう。今回の釜山国際映画祭は台風25号が直撃した関係で、外国人の観客がほとんどいませんでした。日本も、塩害で成田空港から通っている電車が相次いで遅延欠便していた為、現地入りできる方が少なく、本当に周り韓国人に囲まれた状態で鑑賞しました。

驚いたのは、マイナーなタイ映画にも関わらず8割型席が埋まっていたこと。さらに、老若男女いろんな人がこの難解な映画を観にやって来ていました。そして、鑑賞マナーですが、マナーに五月蝿い日本人からすると結構衝撃的なところがありました。まず、ブンブンの隣に座っていた方は、10分に1回ペースでスマホを開いていました。そして、まさかの電話もし始めていました。難解な映画だということもあり、チラホラスマホを見ます。しかし、誰も怒る人はいません。結構寛容なようです。そして、エンドロールになると、イルミネーションのように皆スマホを付け始めます。そして、次々と退場していきます。

エンドロールで退場することすら許さない人の多い日本では有り得ないような光景が目の前に広がっていました。

ただ、映画が終わると、友人同士、「あのシーンどうだった?」「難しかったよね」と次々と意見が飛び交う。Q&Aも建設的な質問が飛び交う。劇中のスマホいじりだけは、ちょっと嫌でしたが、個人的に映画館は皆で和気藹々と楽しむもの。皆想い想いに楽しみ、尚且つみんなで観ているその空間を共有している感じが強く、個人的には満足な映画体験でした。それにしても、毎度毎度言っているが、日本人はエンドロール退場に厳しすぎる気がします。

チェ・ブンブンの世界の映画館訪問記一覧

フランスの映画館

“Ç”アンジェのシネコンGAUMONT!拷問?
“Ç”フランスのミニシアターles 400 coups
“Ç”追い込まれママと教育ママ「Mommy/マミー」:新宿武蔵野館4/25公開
“Ç”手話だけの映画?「ザ・トライブ」を観る
”Ç”助演男優賞&録音賞&編集賞受賞作「セッション」アカデミー賞のダークホース!
“Ç”アンジェ映画祭潜入レポート2:ルック・オブ・サイレンス
2016年秋岩波ホール上映決定「とうもろこしの島」ジョージア産アート映画パリUGC CINÉ CITÉにて
国民皆ジャーナリスト時代に放つ「ナイトクローラー」パリのシネコンmk2にて

北欧の映画館

地球の急ぎ方~フィンランドの映画館Finnkino Kinopalatsi調査~
【海外の映画館】スウェーデンにあるFilmstaden Scandinaviaに行ってみた
スウェーデン映画「さよなら、人類」:動く絵画から滲め出る笑いレイキャビックBíó Paradísにて

中欧の映画館

テレビの世界に惚れた時代の懐古「夏をゆく人々」ウィーンのミニKINO DE FRANCEにて
ハリウッドセレブがドロドロリン「マップ・トゥ・ザ・スターズ」プラハのミニシアターKINO ATLASにて
ノスタルジックな映像体験「インターステラー」プラハのIMAXシアターCINEMA CITY FLORAにて
“Ç”乱暴連合軍VS最終兵器!泣ける老人ホーム大運動会「エクスペンダブルズ3」
制作期間怒涛の12年「6才のボクが、大人になるまで。 」ザグレブのミニシアターkinoEUROPAにて

その他ヨーロッパの映画館

【映画館】マルタの映画館Eden Cinema 1930年代の映画館を思わせる賑わい
“Ç”地球の急ぎ方~見所多しバルセロナ編9:アンドラへ行ってみよう!(観光編)~
アメリカン佐村河内事件「ビッグ・アイズ」ボローニャのシネコンCINEMA CAPITOLにて
“Ç”日本を超えた映画館で「アクトレス~女たちの舞台~」:日本2015年秋公開予定

中南米の映画館

【映画館】キューバの映画館でエジプト映画を観てきた件(Cine YaraとCine La Rampaレビュー)

アジア・日本の映画館

【11/4グランドオープン】TOHOシネマズ上野調査!劇場環境は?オススメ食事処は?
“Ç”【悲報】くらら劇場閉館!今は亡き映画館特集
“Ç”地球の急ぎ方~ベトナムの映画館CGV Liverty Citypoint~
地球の急ぎ方~映画館シネマ尾道に行ってみた~
日本初のバリアフリー映画館シネマチュプキタバタに潜入!「かみさまとのやくそく」を観た
“Ç”【夏休み】伝説の映画館、立川シネマシティで極上音響上映体感レポート
【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・ガーデン」が客4人&上映中止になった件
【リポート】激混みTOHOシネマズ日比谷を攻略してみた※ハシゴの近道教えます
地球の急ぎ方:秘境にある映画館、御成座に行ってみた(GW旅行記 前編)

Lotte Cinema Centum City公式サイト

ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!
ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”【したコメ情報】映画秘宝祭上映作品決定「グリーン・ルーム」×「The Nice Guys」

したまちコメディ映画祭in台東 恒例企画 映画秘宝祭上映作品決定! ブンブンは、地元浅草で毎年9

続きを読む

【絶賛】『15時17分、パリ行き』タリス銃乱射事件関係者大集合!ヒーローに執着する男の映画だ!

15時17分、パリ行き(2018) The 15:17 to Paris(2018) 監督:

続きを読む

TIFF2016鑑賞記録13「ブルーム・オブ・イエスタディ」東京グランプリ受賞作!

ブルーム・オブ・イエスタディ(2016) 原題:Die Blumen von Gestern 英

続きを読む

【ネタバレ解説】『インクレディブル・ファミリー』ブラッド・バードはマーベルの先を行く

インクレディブル・ファミリー(2018) Incredibles 2(2018) 監督:ブラ

続きを読む

【東京フィルメックス ネタバレ考察】『川沿いのホテル』ホン・サンス、空間術の妙

川沿いのホテル(2018) HOTEL BY THE RIVER 監督:ホン・サンス 出演

続きを読む

『いぬやしき』ブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭は制したが…

いぬやしき(2018) 監督:佐藤信介 出演:木梨憲武、佐藤健、本郷奏多、 二階堂ふみet

続きを読む

【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・ガーデン」が客4人&上映中止になった件

10/21(土)ココマルシアター再オープン 2017/10/21(土)大雨。台風前夜とも言

続きを読む

“Ç”明日!第87回アカデミー賞受賞発表! ブンブンの予想MATOME

アカデミー賞発表間際! ついに明日2/23(月)の9時からアカデミー賞 授賞式が始まりますね~

続きを読む

“Ç”第88回アカデミー賞予想~衣装デザイン、メイキャップ&ヘアスタイリング賞~

衣裳デザイン賞 ・サンディ・パウエル「キャロル」 ・サンディ・パウエル「シンデレラ」 ・パ

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】『ユマニテ』目つきがヤバい!3冠を獲得したブリュノ・デュモン映画

ユマニテ(1999) L'humanité(1999) 監督:ブリュノ・デュモン 出演:エ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑