”Ç”助演男優賞&録音賞&編集賞受賞作「セッション」アカデミー賞のダークホース!

IMG_9749.JPG

さて、ここで問題。
ココはどこでしょう?

んっ日本?中国?
ノンノン、パリだよフランスの。
フランスにも神社あるんだー?
いや、これ映画館です。

神社のような映画館LA PAGODE

元々、私邸として建てられた
ものを映画館として利用している
メトロSaint-François-Xavier駅
徒歩5分バビロン通りにある
LA PAGODEに行ってきました♡
IMG_9753.JPG

WEST MEETS EAST

IMG_9750.JPG

流石、ミニシアターだけに安いです。
学生5ユーロ!
12/30年末にあまり人は来ないようで、
10分前まで場内ブンブン一人きり。

驚いたことに、外観は
日本や中国を意識している癖に
中はオペラ座チックw
IMG_9754.JPG

最前列には玉座みたいなのまで
置いてありました(^^)
まさに西洋が東洋に出会った瞬間を
目の当たりにしましたw
「LA PAGODE」サイト

WHISPLASH

IMG_9748.JPG

監督:Damien Chazelle
出演:ミルズ・テラー、J.K.シモンズetc

日本公開4/17金曜日

「グランドピアノ 狙われた黒鍵」
の脚本を手掛けたDamien Chazelle
初監督作にして、2014年サンダンス
映画祭審査員グランプリ、観客賞を
受賞した話題作。

何が凄いかって?
音楽バトル映画の定石無視し、
音楽バトル映画と見せかけて
文字通り「ロッキー」をやった
作品なのだ!

音楽バトル映画における「敵」
とは、ライバル校・チーム、
あるいは自分の座を脅かす
チームメイトである。
大抵、3〜4回ライバルと戦い
切磋琢磨する様子を通じて
主人公の成長を描くのが
テッパンである。

し、か、し、
これは事もあろうか、
そんなライバル鼻から無視して
先生と幾度となく戦う異色作だ!

ドラマーの天才青年が、
ハゲのプロジャズバンド講師に
才能を認められ楽団に入る。
しかし、このハゲ、異常な
までの完璧主義で、
一瞬のミスですらキレはじめ、
破壊の限りを尽くす男。

いくら天才でも、
このハゲには勝てない。
しかし、この天才も伊達に天才
やってる訳ではない。
クラスメイトなんかクソくらえと、
ハゲに2本の棒持って立ち向かうの
だった…

ジャズバンドって集団でやるもん
だから、仲間との友情シーンが
あるはずなのに…ない(汗

とにかく、ミルズ・テラー扮する
天才がハゲを納得させる為、
ドラムを破壊するまで叩き続ける
狂気しか描かれない。
顔がスタローンになってきますw
どんなに血だらけになっても、
ハゲに立ち向かう彼、
もはやチーム映画崩壊の域なのだが、
スカッとする(≧∇≦)

最後の最後まで意地悪なハゲに
立ち向かう時の演奏が
かっこよ過ぎて、
ジャズに興味ないブンブンですら
感動。

エンドロールで拍手喝采まで
起きました(^^)

実際問題、ホールに立てなくなる
程愚行を繰り広げるハゲと天才だが、
この演奏を聴いたら許せてしまう。
とんでもない映画でしたw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です