*

【海外の映画館】スウェーデンにあるFilmstaden Scandinaviaに行ってみた

【海外の映画館】スウェーデンにあるFilmstaden Scandinaviaに行ってみた

スウェーデンの映画館に行ってきた


今回の北欧旅行は、阪急交通社の
ツアー
で行きました。
この手のツアーは基本的に集団行動で、
自由時間もそれほど多くない。
また、今回のツアーでの宿泊場所が
どれも中心街から5km~10kmぐらい
離れているので、なかなか自由に
動けないのだが、
4日目の夜映画館に行けそうだったので、
ストックホルムの隣町
ソルナにあるFilmstaden Scandinavia
潜入してきました。
(Filmstaden Scandinaviaサイト)

このシネコンは日本における
東宝にあたるSF BIA
運営しているシネコンで、
なんと、船橋のららぽーと
を思わせるぐらいバカでかい
ショッピングモール
Mall of Scandinaviaの
中にありましたよ~

早速ホテルから無料トラム
乗って潜入してきました。

映画料金

%e3%82%b9%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%83%87%e3%83%b3%e6%98%a0%e7%94%bb%e9%a4%a86
今回観たオリバー・ストーン
新作「スノーデン」の
料金は一般130SEK≒
1430円,65歳以上104SEK≒1100円
でした。

やはり北欧も日本よりやや
安いですね~
ただ、この映画館は
作品によって値段が全く異なり、

「ブリジット・ジョーンズの日記
ダメな私の最後のモテ期」は一般
125SEK,老人100SEK。
「ミス・ペレグリンと奇妙な子供たち」
は一般135SEK,老人108SEKと
全然違う。

また3D料金はだいたい15SEK,
IMAXは50SEKの課金が必要です。

内観

%e3%82%b9%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%83%87%e3%83%b3%e6%98%a0%e7%94%bb%e9%a4%a85
%e3%82%b9%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%83%87%e3%83%b3%e6%98%a0%e7%94%bb%e9%a4%a84
ロビーはかなり広めです。
丁度、TOHOシネマズ日劇みたいな
感じでしたw

この映画館が面白いところは、
コンセッションフロアのでかさです!

まるでコンビニ1軒入るほどの
スペースを食べ物がひしめき
陳列されているのだ!

しかも、やたらと飴やグミの
種類が豊富で、そこら辺の
スーパーに勝る品揃えで
あります。もちろんポップコーンも
あります。

ただし、日本の映画館にあるような
パンフレットはもちろん、
映画関連グッズは置いて
ありませんでした。

シアター内

%e3%82%b9%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%83%87%e3%83%b3%e6%98%a0%e7%94%bb%e9%a4%a87
%e3%82%b9%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%83%87%e3%83%b3%e6%98%a0%e7%94%bb%e9%a4%a83
超絶美人さんに
チケットをもぎってもらい、
いざ中へ…

19:45とほぼレイトショーにも
関わらず、「スノーデン」は満席
近くまで埋まっていました。

なので、最前列しか空いてなかったのだが、
最前列でも観ていて全然辛くありませんでした。
(ちょっと椅子はかたかったけれども…)

というのも、日本の映画館とは違い
きちんと最前列からスクリーンの
距離を十分に取っており、
またスクリーンサイズも
大きすぎないからだ。

そして、面白い文化を
上映前に発見しました。

なんと、15分ぐらいの予告編が
終わるとチケットもぎりの美人さんが
スクリーン前に現れ、
「みなさんこんばんわ!」と挨拶を
始めたのだ。すると、観客は一斉に
静かになる。
「携帯電話はOFFに」的なことを
スウェーデン語で語ると、
観客から「タック(ありがとう)」の
声と拍手が巻き起こったのだ。

まるで知り合いの小規模演劇
公演を観に来ているかのような
始まり方に興奮しました(*^_^*)

やはり、海外の映画館調査は
面白いですな!
頑張って夜な夜な街に繰り出して
正解でした。
明日は、実際に観た
「スノーデン」(日本公開2017年1月)の
感想をアップします。

「スノーデン」感想
ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”日本のアクションもここまでがんばれる…が「劇場版MOZU」

劇場版MOZU 監督:羽住英一郎 出演:西島秀俊、香川照之、ビートたけしetc 評価:

続きを読む

“Ç”悲報・フランス映画社破産‼︎

1950年代の映画黄金期以降、 年々興行収入が減り続ける日本の 映画産業(アメリカもそうだが)。

続きを読む

『光(大森立嗣)』河瀬直美ではないほうの光は音楽の使い方が致命的だった

光(2017 大森立嗣) 監督:大森立嗣 出演:井浦新(ARATA)、瑛太、長谷川京子、

続きを読む

スウェーデン映画「さよなら、人類」:動く絵画から滲め出る笑いレイキャビックHáskólabíóにて

本年度ヴェネチア国際映画祭で 金獅子賞を獲ったのは、 とてもシュールな作品だ。 イニャ

続きを読む

【ネタバレ/解説】「ありがとう、トニ・エルドマン」が「男はつらいよ 寅次郎真実一路」だった件

ありがとう、トニ・エルドマン(2016) TONI ERDMANN(2016) 監督:マーレ

続きを読む

「聖の青春」村山聖VS羽生善治の静かな闘いを疑似体験

聖の青春(2016) 監督:森義隆 出演:松山ケンイチ、 東出昌大、染谷将太etc

続きを読む

【ネタバレ/解説】ブンブンが語る「ラ・ラ・ランド」が傑作な5つの理由(おまけ:ラジオに出演した件)

「ラ・ラ・ランド IMAX版」観てきた ↑テンション上がりすぎて、 絵を描いたり、

続きを読む

“Ç”「海を飛ぶ夢」地味すぎる実話を巧みに加工!尊厳死の本質に迫る

海を飛ぶ夢(2004) Mar adentro(2004) 監督:アレハンドロ・アメナーバル

続きを読む

“Ç”地球の急ぎ方~見所多しバルセロナ編3:サクラダファミリア近くのBARでTAPAS!~

サクラダファミリア近くのスペ飯屋Ardevol スペインのレストランやBarはあまり、ネットを

続きを読む

“Ç”「下町の太陽」日本映画監督協会劇場で山田洋次に訊く撮影秘話!

下町の太陽(1961) 監督:山田洋次 出演:倍賞千恵子、勝呂誉 評価:80点

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人2年目の映画オタク。 年間500本、映

『デビルシャーク』デビルシャークと私

デビルシャーク(2015) SHARK EXORCIST 監督

第69回ベルリン国際映画祭コンペ作品追加発表、A.ヴァルダ、A.ホランド、I.コイシェetc

第69回ベルリン国際映画祭コンペ作品追加発表 先日、第69回ベルリン

『The Hate U Give』今、ブラックムービーが熱い件

ザ・ヘイト・ユー・ギブ(2018) The Hate U Give

【MUBI】『FROST』ジャーナリストには己の揺るぎなき哲学がいる

フロスト(2017) FROST 監督:シャルナス・バルタス

【『クリード 炎の宿敵』公開記念】『ロッキー4/炎の友情』バルボア、Pepperを買う

ロッキー4/炎の友情(1985) Rocky IV 監督:シル

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑