*

【ネタバレ解説】『未来のミライ』ベルイマンの『野いちご』から謎を読み解く

【ネタバレ解説】『未来のミライ』ベルイマンの『野いちご』から謎を読み解く

未来のミライ(2018)
Mirai(2018)


監督:細田守
出演:上白石萌歌、黒木華、星野源、
麻生久美子、吉原光夫、
宮崎美子、役所広司、
福山雅治etc

評価:90点


『時をかける少女』、『サマー・ウォーズ』等でポスト宮崎駿と賞賛されている細田守監督。そんな彼の新作が荒れているようだ。カンヌ国際映画祭ある視点部門に出品され、海外の映画関係者から賞賛された。そしてRotten Tomatoesでは驚異の100%(2018/07/22時点)と高評価を叩き出した。高評価した媒体は、大衆よりの映画誌VarietyやHollywood Reporterだけではない。ハードコアシネフィル向けのVODサイトMUBIからも次のような賞賛の声が上がったのだ。

Unabashedly goofy, occasionally treacly, but often enchanting, Hosoda’s film captures both the elasticity and rigidness of childhood.
ブンブン訳:無邪気で馬鹿げた、時に甘ったるい、しかし魅力的なところが多い細田監督の映画は幼年期の弾性と剛性を捉えている。

しかし、日本では試写会の頃から不穏な空気が漂っていた。ブンブンの周りの映画仲間からは、試写が終わるや否や口々に不満の声が吐露されていた。基本的に、評価甘め、特に試写会後の評価は高めのFilmarks民ですら低評価が続出したのだ。そして迎える公開初日。さらに驚くべき感想が飛び交った。

「『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』を観にいくと、おまけで『未来のミライ』が観られるよ」

どうやら、2012年からずっと音沙汰がなかった、庵野監督のサグラダ・ファミリアがついに完成の兆しをみせ、その特報が劇場で流れたらしい。と同時に、あまりに『未来のミライ』がつまらないらしい。


そして、ブンブンが参考にしている映画ブロガー、映画ファンの感想も軒並み《否》のベクトルに振れている。彼らの感想をじっくり読みたい心をグッと抑えて(ブログ書き終えたら読むとしよう)、TOHOシネマズ日比谷に向かった。

きっとブンブンも5千字クラスの酷評になるだろうな。明らかに、凡庸な物語そうだし(『ボス・ベイビー』とクリソツでは?)、いくら妹持ちブンブン、くんちゃんの気持ちが分かろうとも映画としては評価しないだろうと思いながら観た。

しかし…これがまさかの大大大傑作だったのだ!

そして嫌いな人が多いのも頷ける。

細田守監督の超個人的な作品で約100分間に及ぶマスターベーション。

そして、到底子供向けとは思えない難解且つトラウマな作品。むしろ、絶賛が多い方が異常なのではと思う程に狂っていた。

ブンブンは、セクハラ映画『おおかみこどもの雨と雪』から進化した細田守監督に完全に魅せられた。

なんと驚いたことでしょう。監督は、自分の子育て話。それも数年経ったら忘れてしまうであろう気持ちを一本の中に凝縮させた。そして自分内面にとことん迫っていく様子を、イングマール・ベルイマンの世界と重ね合わせることで凄まじいミクロコスモスを誕生させてしまったのだ。

今日は、そんな怪作『未来のミライ』について徹底解説・考察していきます。後半から、詳しくベルイマン映画と本作との関連性について語っていきます。

ネタバレ記事なので、未見の方は劇場へGO!

『未来のミライ』関連記事

【ネタバレ解説】『未来のミライ』ベルイマンの『野いちご』から謎を読み解く
【ネタバレなし】『未来のミライ』決してお子さんを連れて観てはいけない3つの理由
【ゴーモン特集】『私たちは一緒に年を取ることはない』歪さが『未来のミライ』の構図を解き明かす
【ネタバレ考察】『未来のミライ』あの建築の意味を考える(短め)
【ネタバレ考察】『未来のミライ』は実質、官能映画『アイズ・ワイド・シャット』だった!

→NEXT:『未来のミライ』ネタバレ解説1 結局どういう映画だったのか?

ページ: 1 2 3

関連記事

【ネタバレ酷評】『友罪』瑛太のカラオケを観るだけ、、、暫定ワースト1作品だった件

友罪(2018) 監督:瀬々敬久 出演:生田斗真、瑛太、 佐藤浩市、夏帆、山本美月etc

続きを読む

【ネタバレ解説】『ファントム・スレッド』PTA版『召使』はダイヤのマチ針で貴方を刺す

ファントム・スレッド(2017) Phantom Thread(2018) 監督:ポール・ト

続きを読む

【キューバ映画特集】『セブン・デイズ・イン・ハバナ』実はベニチオ・デル・トロ監督デビュー作

セブン・デイズ・イン・ハバナ(2012) 7 DIAS EN LA HAVANA(2012)

続きを読む

【実話解説】『デトロイト』アカデミー賞まさかの落選だが『ハート・ロッカー』がお子様ランチに見える傑作だ!

デトロイト(2017) DETROIT(2017) 監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジョ

続きを読む

『メーヌ・オセアン』ジャック・ロジエ最強のgdgdバカンス映画

メーヌ・オセアン(1986) Maine-Océan(1986) 監督:ジャック・ロジエ

続きを読む

【自主ベルイマン生誕100周年映画祭】『インド行きの船』ベルイマン流『アタラント号』

インド行きの船(1947) 英題:A Ship Bound for India 原題:Skepp

続きを読む

『モンスター・ハント』気持ち悪い大根妖怪にあなたは涙する

モンスター・ハント(2015) 原題:捉妖记 英題:Monster Hunt 監督:ロマン

続きを読む

『ソビブル、1943年10月14日午後4時』貴方の脳内で完成する究極の戦争映画

ソビブル、1943年10月14日午後4時(2001) Sobibor, 14 octobre 19

続きを読む

【MyFFF】『婚礼』、『ビッグ・シック』と共通するパキスタンの重い宗教問題

婚礼(2017) NOCES(2017) 監督:Stephan Streker 出演:Li

続きを読む

【酷評】『BLEACH』映画学校の学生必見!ダメダメ脚本の優等生!

BLEACH(2018) 監督:佐藤信介 出演:福士蒼汰、杉咲花、早乙女太一、 雅-miy

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑