*

【ネタバレなし】『未来のミライ』決してお子さんを連れて観てはいけない3つの理由

公開日: : 最終更新日:2018/08/10 2018映画 , , , , , , , , ,

【ネタバレなし】『未来のミライ』決してお子さんを連れて観てはいけない3つの理由

未来のミライ(2018)
Mirai(2018)


監督:細田守
出演:上白石萌歌、黒木華、星野源、
麻生久美子、吉原光夫、
宮崎美子、役所広司、
福山雅治etc

評価:95点

海外の映画サイトRotten Tomatoesでは驚異の100%(2018/07/22現在)を叩き出し、高評価スタートとなっている細田守監督最新作『未来のミライ』。それが日本では、今年最大級の酷評フェスティバル状態となっている。試写会の時点から、観た人が口々に「これは…ちょっと…」「つまらん!」と言う。甘めの評価で有名なFilmarksですら、試写会後の段階で平均点3/5と低評価だった。そして金曜日。ついに一般公開されると、Twitterは荒れに荒れた。『エヴァンゲリオン』の予告編を観にいくようなものとまで言われてしまった。

ただ、実際に観てみてみたところ、ブンブンにとっては大傑作だった。と同時に、「これはお子さん連れて観てはいけない映画だ!」と思った。この記事では、これから観に行こうと思っている方に対して注意喚起、助言をしていきます。

ネタバレ解説記事はコチラ→『未来のミライ』ベルイマンの『野いちご』から謎を読み解く

『未来のミライ』あらすじ

甘えん坊の男の子くんちゃんの平穏な日常は突如失われた。ミライちゃんという妹の出現によって。家族は皆、ミライちゃんのことばっかり気にしていて全く構ってくれない。孤独に苛まれたくんちゃんの前に未来のミライちゃんが現れる…

子連れ厳禁な理由1:もはやR-15!細田守監督の性癖全開変態映画

本作は、『おおかみこどもの雨と雪』からパワーアップした変態映画である。予告編を観て想像する「妹に対し嫉妬を抱いている男の子が、未来のミライちゃんと困難を乗り越えることで成長する物語」とは全く違ったストーリーが展開されます。『おおかみこどもの雨と雪』を思い出してほしい。狼男にレイプされ、ヤリ逃げされた女。彼女から産まれた2人の子どもは奇形児で、社会の目を気にしながら女手一つ子育てをしていくというセクハラど畜生映画だったのだ。ある種、細田守版『イレイザーヘッド』なのだが、あまりに後ろめたさなく明るく描いているのでデヴィッド・リンチを上回る狂気さがあった。

そんな、彼が猛省し、本物の育児映画を撮ろうとした。確かに、本作では男が育児に翻弄される姿をしっかり描いている。育児ドキュメンタリーである。しかしながら、彼の性癖はまたしても爆発してしまったのだ!

予告編でもあった、ア◯ルに棒(=尻尾)を突っ込んでエクスタシーを感じるあの場面。物語的意味づけがあるんだろうと思う。しかし、実際に観ると、これが皆無なのだ。唐突に昇天シーンがぶっこまれている。それどころか、本作はくんちゃんが性癖に目覚めることで、成長していく物語へと舵を切っていくのだ。あまりのショッキングでクレイジーなストーリーテリング、これはお子さんに、特にくんちゃんと同じ境遇の長男、長女に魅せてはいけない。良からぬ悦楽の門を開いてしまう危険性があります。

子連れ厳禁な理由2:トラウマ必至!終盤の不意打ちが怖すぎる!

本作は、『時をかける少女』『サマーウォーズ』のように清々しい色彩を基調としたタッチで描かれている。しかし終盤に急展開を迎え、壮絶な地獄絵図が大スクリーンに映し出されるのだ。これは観てのお楽しみであるのだが、大人であるブンブンですら、「ヒィ!」と悲鳴をあげそうになるほど怖かった。

実際に、劇場に来ていたキッズはこのシーンで号泣していました。

これは町山さんが紹介してもおかしくないほどトラウマ映画案件だったのだ。夜眠れなくなること間違いなし!大人になるまで、心に深い傷跡を残すので、お子さんを連れて観るのはやめた方がよい。

子連れ厳禁な理由3:とにかく難解!だってベルイマンだもの

極め付けが、この映画、ものすごく難解なのだ。通常、この手の異世界もの、タイムスリップものは、その現象にしっかりとした意味づけがされる。映画ドラえもんシリーズに置き換えて考えると分かりやすい。

のび太が欲を提示する→ドラえもんの力によって異世界へ行く→異世界での問題を救う

必ず、異世界と通じたのであれば、何らかの異世界の問題を解決する。そうすることで、異世界に対して存在意義を与えるのだ。しかし、本作の場合、それが皆無。当の未来のミライちゃんも全然出てこない。ただただ、くんちゃんが時空を、空間を素通りするだけなのだ。だから、多くの人が観終わった後「訳がわからん」と愚痴を溢す。映画ブロガーですら、あまりの難解さに頭を抱えた。

実は、この難解さはネタバレ記事の方で詳しく書いているが、イングマール・ベルイマンのタッチにそっくりなのだ。特に『野いちご』と『仮面/ペルソナ』にそっくりな演出がされている。小学校にもあがっていない子どもにベルイマンたる世界を魅せても、猫に小判、退屈し寝るだろう。

でも、ママさん、パパさんに観て欲しい!

ただこの作品、今育児真っ盛りのママさん、パパさんには是非とも観て欲しい。子育てにおける、女性と男性の心理的移ろいを120%全力全開で描いており、必要以上に子育ての苦労を事細かく演出している。実際に本作は、細田守監督の実体験に基づいている、まさしくBASED ON A TRUE STORYなのだ。これを観ると、何故妻は最近自分に対して強くあたるのだろう?どうして夫は、こうも育児が下手なのかといったことがよく分かる。そして、観終わった後、人生のパートナーに対して共感し、「育児は二人三脚、一緒に頑張らねば」と思うことでしょう。

なので、ママさん、パパさんは子育ての合間を縫って、是非本作を観てください。得るものは大きいと思います!

それにしても….

日本人は、幼少期から4次元5次元を扱ったアニメや特撮を観て育っているので、この手の作品に強い筈だと思っていたが、ここまで鬼畜な話だとドン引きするのはやむ得ないなと思った。と同時に、児童虐待や、児童ポルノに対して厳しい筈であるアメリカでこうも賞賛されているとは驚きだ。本当に、彼らは『未来のミライ』を観たのか?と疑うレベルだ。

『未来のミライ』関連記事

【ネタバレ解説】『未来のミライ』ベルイマンの『野いちご』から謎を読み解く
【ネタバレなし】『未来のミライ』決してお子さんを連れて観てはいけない3つの理由
【ゴーモン特集】『私たちは一緒に年を取ることはない』歪さが『未来のミライ』の構図を解き明かす
【ネタバレ考察】『未来のミライ』あの建築の意味を考える(短め)
【ネタバレ考察】『未来のミライ』は実質、官能映画『アイズ・ワイド・シャット』だった!

ブロトピ:映画ブログ更新
ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!

関連記事

【東京フィルメックス ネタバレ考察】『川沿いのホテル』ホン・サンス、空間術の妙

川沿いのホテル(2018) HOTEL BY THE RIVER 監督:ホン・サンス 出演

続きを読む

『南瓜とマヨネーズ』音を奏でぬ音楽映画、それは毒々モンスターラ・ラ・ランド

南瓜とマヨネーズ(2017) 監督:冨永昌敬 出演:臼田あさ美、太賀、 清水くるみ、光石研

続きを読む

【釜山国際映画祭】『ARCTIC』マッツ・ミケルセンが北極で酷寒サバイバル!

アークティック(2018) ARCTIC 監督:Joe Penna 出演:マッツ・ミケルセ

続きを読む

『劇場版 のんのんびより ばけーしょん』ジャック・ロジエ好きにはたまらん!

劇場版 のんのんびより ばけーしょん(2018) 監督:川面真也 声の出演:小岩井ことり、村

続きを読む

【ネタバレ考察】『未来のミライ』は実質、官能映画『アイズ ワイド シャット』だった!

『未来のミライ』は実質、官能映画『アイズ ワイド シャット』だった! 夏休み目玉映画として公開

続きを読む

【東京国際映画祭特集】『パーソナル・ショッパー』予告編に騙されるな!実はホラーですw※ネタバレ

パーソナル・ショッパー(2016) Personal Shopper 監督:オリヴィエ・アサ

続きを読む

【自主ベルイマン生誕100周年映画祭】『インド行きの船』ベルイマン流『アタラント号』

インド行きの船(1947) 英題:A Ship Bound for India 原題:Skepp

続きを読む

【 #今夜は青春 】『ストリート・オブ・ファイヤー』シネマート新宿応援上映に潜入してみた

『ストリート・オブ・ファイヤー』シネマート新宿応援上映に潜入レポート 昨日、シネマート新宿でカ

続きを読む

【アニエス・ヴァルダ特集】『ラ・ポワント・クールト』:『幸福』の原石ここにあり!

ラ・ポワント・クールト(1955) La Pointe Courte(1955) 監督:アニ

続きを読む

『名探偵コナン ゼロの執行人』これは、、、『ワイルド・スピード ICE BREAK』では?

名探偵コナン ゼロの執行人(2018) 監督:立川譲 出演:高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人2年目の映画オタク。 年間500本、映

第69回ベルリン国際映画祭コンペ作品追加発表、A.ヴァルダ、A.ホランド、I.コイシェetc

第69回ベルリン国際映画祭コンペ作品追加発表 先日、第69回ベルリン

『The Hate U Give』今、ブラックムービーが熱い件

ザ・ヘイト・ユー・ギブ(2018) The Hate U Give

【MUBI】『FROST』ジャーナリストには己の揺るぎなき哲学がいる

フロスト(2017) FROST 監督:シャルナス・バルタス

【『クリード 炎の宿敵』公開記念】『ロッキー4/炎の友情』バルボア、Pepperを買う

ロッキー4/炎の友情(1985) Rocky IV 監督:シル

【ネタバレ考察】『クリード炎の宿敵』スタローンは脚本家として凄い!赤ではない青の炎を魅せた!

クリード炎の宿敵(2018) Creed II 監督:スティー

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑