*

TIFF2016鑑賞記録3「シエラネバダ」これはルーマニア版「サザエさん」3時間スペシャルだ!

TIFF2016鑑賞記録3「シエラネバダ」これはルーマニア版「サザエさん」3時間スペシャルだ!

シエラネバダ(2016)
SIERANEVADA(2016)

%e3%82%b7%e3%82%a8%e3%83%a9%e3%83%8d%e3%83%90%e3%83%80
監督:クリスティ・プイウ
出演:ミミ・ブラネスク、ジュディ・スタテetc

評価:80点

本年度カンヌ国際映画祭で
絶賛されるものの無冠で
終わったルーマニア映画
「シエラネバダ」。

なんと3時間家族会議という
凄い内容らしい。
ってことで東京国際映画祭にて
観てきました。
TIFFJP上映作品にしては3回
上映と回数が多いのだが、
どの回もかなり空いていた。
果たして…

「シエラネバダ」あらすじ

父が亡くなり法要で一族が家に集まる。
しかしながら、父と子、
チャウシェスク時代の者と現代っ子等で
軋轢が生じ法要はカオスの淵に立たされる…
(チャウシェスク時代については
クリスチャンムンジウ監督作
「4ヶ月、3週と2日」レビューをご覧下さい。
)

「サザエさん」+「ブルジョワジーの秘かな楽しみ」inルーマニア

本作は、意外にもコメディだ。
しかし、厄介なことに面白さを伝えるのが
ひじょーーーーーーに難しいタイプのコメディである。
3時間沢山笑わせてくれ大満足の作品だったので、
真剣に本作の面白さを伝える例を模索すること
1時間…..ついに解が見つかりました。

それは「サザエさん」である。
サザエさんは、別に受け狙い抱腹絶倒のギャグはないにも
関わらず癖になる。思わず見入ってしまう。
それに近い感覚がこの「シエラネバダ」だ。

一族が狭いアパートに集合する。
女性陣は食事の準備を
するなか、男性陣はダベル。
カツオに当たるお調子者は
「至近距離でカラシニコフ銃をぶっ放すと、
脳から血が出ないんだぜ!動画観るか?」

とくだらない話をする。

ある者は、移動中の車の中で奥さんが、
「娘の学芸会で着る服が友だちのと
被っちゃったのよ!眠り姫じゃなくて
白雪姫にしましょうよ!」
と文句を言うと
「うるせー、何故ディズニー版の
ファッションに合わせなきゃいけないんだ?
グリム童話にファッションへの記述はないぞ!」
と逆ギレする。

ワカメにあたる、しっかり者の
女性は、男性陣やガヤが引き起こす
トラブルを収集しようとする。

サザエさん以上に大家族なので、
食事は始めようと思うと毎度
トラブルが起き、ドンドン遅延する。
まさに「サザエさん」の世界観に

ルイス・ブニュエルの不条理劇
「ブルジョワジーの秘かな愉しみ」要素が
加わりさらにギャグ度が増してくる。

これは他人の家族会議であり法要であり、
食事からのぞき見しているだけなのに、
こうも楽しませてくれる、
まさにルーマニアが誇る
「サザエさん」なのだ。

社会の縮図が半径10mから見えてくる

「シエラネバダ」は劇中8割が、
半径10m以内の3LDK
という
非常に狭い空間で十数人の登場人物の
会話劇、心理劇が展開される
ミクロな話だ。

しかしながら、3時間の会話の中から
見えてくるのは、チャウシェスク時代と
現代のジェネレーションギャップ
だったり、父と子の確執。
保守派と革新派、ジェンダー問題だったりと
非常にマクロなものである。

まさに社会の縮図がここにありという作品でした。

その他上映作品とレビュー

既に鑑賞済み作品

「牯嶺街少年殺人事件」レビュー
「怒り」レビュー
「フロッキング」レビュー
「シン・ゴジラ」レビュー
「キングコング対ゴジラ」レビュー
「TOO YOUNG TO DIE!」レビュー
「ハッピーアワー」レビュー
「ダゲレオタイプの女」レビュー
「リップヴァンウィンクルの花嫁」レビュー
「バケモノの子」レビュー
「オデッセイ」レビュー
PFFアワード2016 グランプリ作品
「食卓」レビュー

「淵に立つ」レビュー
「誕生のゆくえ」レビュー
「名誉市民」レビュー

TIFFJPで観た映画

「7分間」レビュー
「ノクトラマ」レビュー
「メコン大作戦」レビュー
「ブルーム・オブ・イエスタディ」レビュー
「アクエリアス」レビュー
「シエラネバダ」レビュー
「メッセージ」レビュー
「ミスター・ノー・プロブレム」レビュー
「あなた自身とあなたのこと」レビュー
「痛ましき謎への子守歌」レビュー
「鳥類学者」レビュー
「パリ、ピガール広場」レビュー
「オリ・マキの人生で最も幸せな日」レビュー
「ミュージアム」レビュー
「14の夜」レビュー
「クラッシュ」レビュー

TIFF2015の作品レビュー

2015年グランプリ作「ニーゼ」レビュー
「ケンとカズ」レビュー
「シュナイダーVSバックス」レビュー
「フル・コンタクト」レビュー
「ヴィクトリア」レビュー
「ルクリ」レビュー
「コスモス」レビュー
「ビースト・オブ・ノー・ネーション」レビュー
「ヒトラーの忘れもの」レビュー
「ぼくの桃色の夢」レビュー
「IF ONLY」レビュー
「灼熱」レビュー
「さようなら」レビュー
「FOUJITA」レビュー

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

”Ç”捕食されるぞ!ゲスの極み、恐竜に「ジュラシック・ワールド」

ジュラシック・ワールド(Jurassic World) 監督:コリン・トレボロウ 出演:クリ

続きを読む

【第29回東京国際映画祭】10/15(土)チケット争奪戦開始TIFFで観るべき作品15選!

第29回東京国際映画祭 10/25~11/3開催! 今年も東京国際映画祭の シーズンがやっ

続きを読む

“Ç”サカナクションの音色が!アクションシーンが!「バクマン。」

バクマン。(BAKUMAN。) 監督:大根仁 出演:佐藤健、神木隆之介、小松奈々、山田孝之、 リリ

続きを読む

フランス映画「隣の女(1981)」

監督:フランソワ・トリュフォー 出演:ファニー・アルダン、ジェラール・ド・パルデューetc

続きを読む

【ネタバレ解説】「ムーンライト」はジェームズ・ボールドウィンの世界だった件

ムーンライト(2016) MOONLIGHT(2016) 監督:バリー・ジェンキンス 出演

続きを読む

【寅さんフルマラソン 総括】「男はつらいよ」総選挙 結果発表!※最終回

祝:「男はつらいよ」完走! 「男はつらいよ」シリーズ全48作+1作品からなる、寅さんフルマラソン完

続きを読む

“Ç”自宅でヴェネチア映画祭②:「The Fits」不思議なボクサー系ダンス女子

The Fits 監督:Anna Rose Holmer 出演: Royalty Hightowe

続きを読む

3/25公開のパキスタン映画「娘よ」が「怒りのデス・ロード」過ぎた件

娘よ(2014) 原題:DUKHTAR 英題:Daughter 監督:アフィア・ナサニエル

続きを読む

2014年BUNBUNのベスト10映画~外洋画部門~

1.ホドロフスキーのDUNE 明らかにDVDの特典映像にありそうな映画の制作秘話。 しかし、

続きを読む

“Ç”任天堂映画、事業参入するってよ記念「スーパーマリオ 魔界帝国の女神」

スーパーマリオ 魔界帝国の女神(1993) Super Mario Bros.(1993) 監督:

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレ考察】『海を駆ける』ディーン・フジオカ扮するLautとはなんだったのか?

海を駆ける(2018) 監督:深田晃司 出演:ディーン・フジオ

【ネタバレ解説】『天国はまだ遠い』濱口竜介の見えざる手

天国はまだ遠い(2016) 監督:濱口竜介 出演:岡部尚、小川

【毎週インド映画5】『PK』アーミル・カーン主演!多宗教が世界を救う

PK(2014) 監督:ラージクマール・ヒラーニ 出演:アーミ

【アルベルト・セラ特集】『鳥の歌』+『キューバ・リブレ』スライムすら出てこない荒野を勇者は彷徨う

鳥の歌(2008) El Cent dels ocells(2008

【アルベルト・セラ特集】『騎士の名誉』テリー・ギリアムのドンキホーテが上映されている裏側で

騎士の名誉(2006) Honor de Cavalleria

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑