*

【ネタバレ解説】『万引き家族』勝てる映画が勝利したことへの危機感

【ネタバレ解説】『万引き家族』勝てる映画が勝利したことへの危機感

取り調べ描写で浮かび上がるボロ

このように、『万引き家族』は伝統工芸品のように緻密に、丁寧に描かれている作品だ。

しかし、あまりに丁寧な作り故に、物語を収斂させていく後半でボロが目立ってしまった。まず終盤、樹木希林扮するお婆ちゃんが衰弱死する場面。今まで、彼女の年金をあてにしてこの擬似家族は暮らしていた。しかし、このエピソードによって家族は重要なマネーソースを断たれてしまう。こうなると、より一層盗みを働いて暮らさねばならなくなる。確かに、治と祥太の盗みは激しくなるのだが、前半での盗みと質感が同様のまま進むので、そこまで必死さが伝わらない。また、お婆ちゃんのヘソクリを見つけるシーンがあることにより、生活の困窮緊迫感がイマイチ伝わってこない。ここは、もっとどん底に陥っていく様子を描いた方が良かった。

また祥太が万引きに失敗したことで、家族が事情徴収を受ける最大の見せ場は、キアロスタミ的手法を用いている。まるでキアロスタミの『クローズ・アップ』、『ホームワーク』のように役者の表情にフォーカスをあて、尋問されている様子を淡々と映していくのだ。

確かに、是枝裕和映画はリアリズムに見せかけてユーモアによるファンタジーを魅せてくる監督ではあるが、あのシーンでの会話はやり過ぎ且つ説明するだけのシーンに見えてしまい、あまり上手いとは言えなかった。

勝てる映画が勝利したことへの危機感

よって、間違いなく今年賛否が極端に分かれる作品であり、映画芸術あたりはワーストに選出する作品である。個人的には、是枝裕和映画が苦手な私でも彼の技巧と役者陣の迫真の演技に圧倒されっぱなしだった傑作だと思う。『そして父になる』以来、素晴らしい成長を遂げたことを評価したいし、最近は苦手だったが応援したくなった。彼のフィルモグラフィー上マスターピースであることは疑いようがない。

なんたって、忘れているかもしれないが、本作はフジテレビ映画、テレビ屋映画だ。テレビ屋映画であそこまで作家性を出す。完璧なマーケティングで商業映画としてもシネフィル向けアート映画としても両立させてしまうその手腕。『奇跡』の時もJR九州とジェイアール東日本企画からの依頼で、九州新幹線の全線開通記念向けに作られた《企画もの》でありながら、妥協なき是枝裕和の世界を構築していた。日本のどこを探してもこんな凄腕監督はいないだろう。

しかし、この作品がカンヌ国際映画祭で最高賞を獲ったことには危機感を覚える。映画祭とアカデミー賞の大きな違いは、有権者の数だ。アカデミー賞は、多くの人の投票の末に栄冠が決まる。なので、宣伝に金をかけた知名度の高い作品や、その時の社会情勢を捉えた作品が受賞しやすい。しかし、映画祭は、観客賞を除けば、少ない人数で栄冠が決められる。つまり、インディーズの宣伝もかけられないような陰日向の良作が輝ける場所なのだ。そして、アート映画が唯一輝ける場所なのだ。

それが、『ディーパンの闘い』、『わたしは、ダニエル・ブレイク』、そして『万引き家族』と分かりやすい社会的弱者を描いた作品が毎年のように受賞するようになり、それによりパルムドール受賞対策作品が量産されることで映画の多様性が失われてしまうのではとブンブンは考える。確かに、映画は虚構という武器を使って、我々の知らないモノに目を向けさせる媒体でもある。しかしながら、その特徴を最大限に活かした作品ばかりが世に蔓延れば、それは感動ポルノ、貧困ポルノとして安く消費されてしまうであろう。

また、本作のように直接的貧困描写中心の作品が栄冠を勝ち取ってしまうことで、社会的弱者を暗号のようにして映画に盛り込む『シェイプ・オブ・ウォーター』のような作品も段々となくなってしまうのではと危惧する。

だからこそ、審査員は映画を観る目を鍛えねばならない。その映画の奥に何があるのかを見極める。そして純粋に面白い映画を評価する。社会に対する問題提起が「ある」か「ない」かで評価を簡単に決めない。これが大切だと感じた。今年のカンヌ国際映画祭は、開催当初、「ゴダールにパルムドールあげたら火炎瓶投げつけるだろう」と声高らかに宣言していた。しかし実際に『万引き家族』がパルムドールを獲るついでに、ゴダールの『Le livre d’image』が特別パルムドールを受賞した様をみると、「今年の審査員はかなり悩んだんだなぁ」と共感した。と同時に『ワイルド・アット・ハート』や『バートン・フィンク』、『パルプ・フィクション』などといった監督の個人的なアート映画が勝てる時代に戻って欲しいなと強く願うのであった。
もちろん、ブンブンだって、この手のダイレクトな貧困を描いた作品は評価している。『グッド・タイム』や『サラーム・ボンベイ!』なんかは高評価を与えている。ただ、どれもサスペンスとして、ドラマとして面白くしようとしている気概がある。極めて映画的なので評価している。やはり、勝てる方程式で作られた『万引き家族』と比べると、純粋な映画としての面白さがそこにあるのだ。

自戒も込めて、ブンブンも自分の感性を磨き、周りの評価に惑わさせずこの映画ブログを続けていきたい。

なので、『万引き家族』は良い作品であるが、ベストテンに入れる程の作品でも、ワーストに入れる程の作品でもないとここに宣言し、終わるとしよう。

是枝裕和映画レビュー

【ネタバレ解説】「三度目の殺人」尾頭ヒロミは検察官に転職していた!
“Ç”是枝最新作「海よりもまだ深く」許しが強すぎるんじゃない?
“Ç”【酷評】カンヌに媚び過ぎ「海街diary」
【『万引き家族』パルムドール受賞企画】『奇跡』は是枝裕和監督のマスターピースだった!
【『万引き家族』公開記念】利き樹木希林!貴方のキリン愛が試される!?

→NEXT:おまけ 『万引き家族』映画飯に挑戦

ページ: 1 2 3 4

関連記事

「デスノート Light up the NEW world」みんな、叩き過ぎよ!ハリウッドに負けない傑作なり!

デスノート Light up the NEW world(2016) 監督:佐藤信介 出

続きを読む

【ネタバレ解説】「ソーセージパーティー」は人種と宗教の関係を徹底的に掘り下げたケツ作だった件

ソーセージ・パーティー(2016) SAUSAGE PARTY(2016) 監督:コンラッド

続きを読む

“Ç”【EUフィルムデーズ】「特捜部Qキジ殺し」続編から観ても楽しめるバディ映画

特捜部Qキジ殺し(2014) Fasandaeberne(2014) 監督:ミケル・ノルガー

続きを読む

“Ç”【ネタバレ】原作比較「クリーピー 偽りの隣人」香川照之がマジで怖い!しかし…

クリーピー 偽りの隣人(2016) CREEPY(2016) 監督:黒沢清 出演:西島秀俊

続きを読む

“Ç”狭い一室からヒップホップが生まれた「THE COCKPIT」OMSBとbimのコラボレーション

THE COCKPIT 監督:三宅唱 出演:OMSB,bim,Hi'Spec,VaVa,He

続きを読む

『顔たち、ところどころ』日本公開9月アニエス・ヴァルダのアートツアー

顔たち、ところどころ(2017) 原題:Visages Villages 英題:Faces Pl

続きを読む

“Ç”「オマールの壁」仲間を売るか、人生を失うか?

オマールの壁(2013) OMAR(2013) 監督:ハニ・アブ・アサド 出演:アダム・バクリ,

続きを読む

【第67回ベルリン国際映画祭(2017)】カウリスマキにホンサンスに「ローガン」!注目作紹介

第67回ベルリン国際映画祭 開催期間:2017年2月9日~2月19日 今年もベルリン国際映画祭

続きを読む

【ネタバレ解説】「3月のライオン 前編」映像化不可能だった5つの理由 ※同時解説:「男はつらいよ」番外編だった件

3月のライオン 前編(2017) March comes in like a lion(2017)

続きを読む

“Ç”「FOUJITA」公開記念!小栗康平監督作「死の棘」を観る

死の棘(THE STRING OF DEATH) 監督:小栗康平 出演:松坂慶子、岸部一徳e

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人2年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレ】『若おかみは小学生!』一歩違えばガチホラー!脚本家・吉田玲子またしても快進撃

若おかみは小学生!(2018) 監督:高坂希太郎 出演:小林星

『3D彼女』英勉、キモオタクまでもサイコーのコメディエンヌに…

3D彼女 リアルガール(2018) 監督:英勉 出演:中条あや

地球の急ぎ方〜うさぎしんぼる展2018に行ってきた〜

うさぎしんぼる展2018 先日、『3D彼女リアルガール』を観にい

『判決、ふたつの希望』これって、『カメラを止めるな!』盗作疑惑問題に似てるよね?

判決、ふたつの希望(2017) The Insult 監督:ジ

【ネタバレ】『愛しのアイリーン』吉田恵輔が客席に長岡花火をぶっ放す大傑作!

愛しのアイリーン(2018) 監督:吉田恵輔 出演:安田顕、ナ

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑