*

【釜山国際映画祭・ネタバレなし】『バーニング劇場版』村上春樹『納屋を焼く』のその先…

【釜山国際映画祭・ネタバレなし】『バーニング劇場版』村上春樹『納屋を焼く』のその先…

バーニング劇場版
BURNING(2018)


監督:イ・チャンドン
出演:ユ・アイン、スティーヴン・ユァン、チョン・ジョンソetc

評価:80点

村上春樹の『納屋を焼く』がまさかの映画化。『ペパーミント・キャンディ』の製作に携わったNHKが、『ポエトリー アグネスの詩』以来永い沈黙を貫いていたイ・チャンドン監督の心を動かし、村上春樹の小説に挑ませた…

【ネタバレ】『納屋を焼く』イ・チャンドン版を観る前に村上春樹の原作を読んでみた

『バーニング劇場版』あらすじ

Jong-suは作家である。韓国の片田舎からよく都心にやってくる。ある日、彼はHae-miと恋仲になる。そんな中、彼女はアフリカに行く。そして、Benという男を連れて帰ってくる…

村上春樹『納屋を焼く』のその先…

カンヌで上映されるや、批評家に絶賛され、国際批評家連盟賞を受賞した。私の友人も「今年ベスト1」と言っており、期待値高めで観た。

非常に不思議で歪な映画だった。原作を読み、論文まで読んだ上で書評を書いた私にとって前半2時間まで、「過大評価されすぎなのでは?」と思った。

「私(Jong-su)」がパントマイムをしている「彼女(Hae-mi)」と出会う。「彼女」はアフリカに行き、新しい「男」を引き連れて帰ってくる。「男(Ben)」から《納屋を焼く》という趣味を告白される。「私」は次に「男」が焼く納屋を探すが、見つけられず、「彼女」は何故か消えてしまう。しかし「男」は「納屋は焼いたよ」と言い出し、何が何だかわからなくなる、、、

これを忠実に、じっとりじっとり、3歩進んで2歩下がるテンポで描く。特に、「男」が「私」に告白する場面には多くの時間を費やします。なので、睡魔が襲ってきたのは確か。また、本作ならではの要素もなかなか意図が読めず、そしてフォークナーや『華麗なるギャツビー』という原作を読み解くキーワードも記号的にしか配置されない。これは私に合わないか、、、そう思った矢先、本作は牙を剥く。『納屋を焼く』のその先にて、イ・チャンドンの鋭い解釈が提示され、すべての伏線が繋がっていくのだ。

猫、2大の車、部屋とアクセサリーetc…これらの意図が分かった瞬間鳥肌がたった。

ネタバレになるので、この辺でやめとく(詳細は後日アップのネタバレ記事を参照してください)が、イ・チャンドンは『納屋を焼く』を「ギャッツビーになれなかった者の苦悩」と捉え、終盤40分で驚きの演出を魅せた。なんなんだこの鋭さは!全く衰え知らずなイ・チャンドンにビビりました。

多分ハルキストも納得な一本となるでしょう。

【ネタバレ】『納屋を焼く』イ・チャンドン版を観る前に村上春樹の原作を読んでみた

日本公開決定

2019年2月にTOHOシネマズシャンテ他にて公開が決まりました。邦題は『バーニング劇場版』と非常にダサくて哀しいものとなっていますが、これはNHKが先にドラマ版を放送するからなんだとか。それにしても、この傑作に安っぽい『劇場版』という単語を充ててほしくなかった。

ブロトピ:映画ブログ更新
ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!

関連記事

“Ç”87回アカデミー賞予想6:視覚効果・撮影・編集・音響編集賞

予想ムズい?技術賞 動画や映画を撮っているブンブンにとって 非常に興味深い技術賞。 今回、「バ

続きを読む

【ネタバレなし】『RAW ~少女のめざめ~』思春期の成長を深く洞察した傑作

RAW ~少女のめざめ~(2016) RAW(2016) 監督:ジュリア・デュクルノー 出

続きを読む

【ネタバレ酷評】『パシフィック・リム:アップ・ライジング』結局、ボイエガだけで十分じゃん!

パシフィック・リム:アップ・ライジング(2018) Pacific Rim: Uprising(2

続きを読む

【ネタバレ酷評】『彼女がその名を知らない鳥たち』蒼井優、阿部サダヲの演技は上手いが…

彼女がその名を知らない鳥たち(2017) 監督:白石和彌 出演:阿部サダヲ、蒼井優、 松坂

続きを読む

『ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男』ジョー・ライトとは相性が…

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017) DARKEST HOUR(20

続きを読む

【ブンブン速報】金獅子賞は「立ち去った女」ラヴ・ディアス4時間弱映画第73回ヴェネチア国際映画祭受賞結果はコチラ! 

第73回ヴェネチア映画祭受賞結果速報 コンペティション部門 金獅子賞Leone d'Or

続きを読む

【解説】『ジャコメッティ 最後の肖像』歩く男Iを作る映画ではないが彼の彫刻観が分かる一本

ジャコメッティ 最後の肖像(2017) FINAL PORTRAIT(2017) 監督:スタ

続きを読む

『ペンタゴン・ペーパーズ』は音楽のないオペラ!M.ストリープの熱演に注目!

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書(2017) THE POST(2017) 監督:スティ

続きを読む

【クラシック】「早春」スコリモフスキ幻のお色下映画!日本DVD化希望作品

早春(1970) DEEP END(1970) 監督:イエジー・スコリモフスキ 出演:ジェ

続きを読む

【『ブラック・クランズマン』公開決定記念】『パス・オーバー』Amazon プライムビデオで観られる演劇映画

パス・オーバー(2018) PASS OVER 監督:スパイク・リー 出演:ダンヤ・テイモ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑