*

【悲報】第31回東京国際映画祭今年もチケット戦争でサーバーが落ちました…勉強してくれ!

【悲報】第31回東京国際映画祭今年もチケット戦争でサーバーが落ちました…勉強してくれ!

【悲報】第31回東京国際映画祭今年もチケット戦争でサーバーが落ちました…勉強してくれ!

今年もこのシーズンがやってきました。東京国際映画祭(TIFFJP)チケット争奪戦。毎年チケットサーバーが落ち、全世界の映画ファンの時間を盗んで大いなるフラストレーションの渦を生み出す一大イベント。フェスである。2016年に、チケットは取れてないのにクレジット決済がされる大惨事が起きて以来、TIFFJPに対する信頼は堕ちに堕ちた。昨年は、部門別に販売時間をズラすことでサーバー負荷を軽減させる策に出たが、結局サーバーは落ち、休日映画を観にいく時間を人々から奪った。

【悲報】第29回東京国際映画祭チケット騒動顛末、果たしてブンブンは何枚取れたか?



さて、そんな悪名高い映画祭のチケット取り、今年は開催前から不安しかありません。サイトは、スマホ対応されていない。PC、webブラウザによっては、上映作品が表示されない。昨年より悪化しているではありませんか。予算が削減された為なのだろうか?

そして、運命のチケット販売大一波がやってきた。ここでは《アジアの未来》《CROSSCUT ASIA》《アジア三面鏡》《企画上映》の4部門のチケットを購入することができる。正直、この部門は目ぼしい作品が少なく、せいぜい混んでも《企画上映》ぐらいだ。しかし…

12:00サーバーはご臨終となりました


12:00早速、今回最大の注目作品ラヴ・ディアスの『悪魔の季節(Season of the Devil)』のチケット取りを行いました。今回は友人3人で、プレミアムシート狙い。昨年の場合、1度に取れる席は2席まで。なので、一人の友人には個人で頑張ってもらうことにした。自分と相方が席を押さえ次第、その友達に場所を教え、その隣を取ってもらう方式だ。しかし、開始、早々全く繋がりません。



HTTP500内部エラーが出たり、チケット購入ボタンがようやく出る画面にまで飛べ、そこから座席選択画面に行こうとしたら、「混雑中です 時間をおいて、再度アクセスしてください。」という悲しいメッセージが出る。パソコン3台体勢、macのノートPC、ASUSのノートPC、ASUSのデスクトップPCと様々なデバイスで挑むが悉く弾かれる。必死にCtrl+F5キーを連打するが全く繋がらないのだ。

ようやく20分粘り、チケットを押さえることができたが、フラストレーション溜まりまくり。これを16:00と明日、日曜日の12:00にも行わないといけないのかと思うと気が思い。まあ、チケット取りの鬼故、無事友人全員のチケットを、それも特等席で取れたので大満足だが、一向に前回から学ばない東京国際映画祭の運営方針に腹が立ってきました。

サーバーが落ちる原因というのはbotというのは既にわかりきっている事。「e+」(イープラス)が、アカマイ・テクノロジーズのbot検知システムを導入して、チケット購入アクセスの9割がbotだと判明し、それを機械学習で駆逐するシステムを構築した。東京国際映画祭もアジア最大級と謳うのであれば、こういった最先端の技術を導入すべきだ。また、釜山国際映画祭のように、botが暴れまわってもチケットが取れるような強固なサーバーを構築すべきである(釜山国際映画祭のチケット取りに挑んだ友人曰く東京国際映画祭のようにサーバーが落ちることはなかったとのこと)。ゲストを減らしてでも、こういった基礎中の基礎を固めないと、いつまで立っても底辺な映画祭のまま日本の映画ファンはもちろん、世界の業界人からも嘲笑される映画祭のままだぞ!運営サイドよ、来年こそ頑張ってくれ!!

おまけ:このアンケート、要りますか?



毎回思うのだが、チケット購入時にアンケートで年代と住んでいる地域を訊かれる。これって意味があるのだろうか?単に購入の手間を取っているだけにしか見えない。しかも外国人が購入する場合にでも、住んでいる地域を答えないといけない。そういうのは会場のアンケート用紙でやっていただきたいものだ。

関連記事

【小話】釜山国際映画祭と東京国際映画祭のメリット、デメリットをまとめてみた
【悲報】第29回東京国際映画祭チケット騒動顛末、果たしてブンブンは何枚取れたか?
スウェーデン映画「さよなら、人類」:動く絵画から滲め出る笑いレイキャビックBíó Paradísにて
“Ç”アンジェ映画祭潜入レポート1:CORPO CELESTE
“Ç”アンジェ映画祭潜入レポート2:ルック・オブ・サイレンス
“Ç”アンジェ映画祭潜入レポート3:『グッドナイト・マミー(ICH SEH,ICH SEH)』

ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!
ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【寅さんフルマラソン㊹】「男はつらいよ 寅次郎の告白」泉ちゃんの就職

男はつらいよ 寅次郎の告白(1991) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 吉岡秀隆,夏木マリ

続きを読む

『30年後の同窓会』リンクレイター版『さらば冬のかもめ』二次創作

30年後の同窓会(2017) LAST FLAG FLYING(2017) 監督:リチャード

続きを読む

【酷評】『SUNNY 強い気持ち・強い愛』韓国版をその後観てみよう♬怒りに燃えるよw

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018) 監督:大根仁 出演:篠原涼子、広瀬すず、小池栄子

続きを読む

“Ç”87回アカデミー賞予想1:作品賞&監督賞

YOU DO BIRDMAN! 今年もアカデミー賞予想の シーズンがやって来ました(^^)

続きを読む

【東京フィルメックス ネタバレ考察】『川沿いのホテル』ホン・サンス、空間術の妙

川沿いのホテル(2018) HOTEL BY THE RIVER 監督:ホン・サンス 出演

続きを読む

【炎上】近畿大学トリオよ、クラウドファンディングでフィリピン、スラム街行くならこれを観よ!

炎上クラウドファンディング(?) 「スラム街の暮らしを肌で感じたい!」プロジェクト 昨日、T

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】『クスクス粒の秘密』ココマルシアターの裏側が分かる!

クスクス粒の秘密(2007) La graine et le mulet(2007) 監督:

続きを読む

“Ç”【速報】第69回カンヌ国際映画祭受賞結果パルムドールは「I,Daniel Blake」ケン・ローチ渾身の新作

第69回カンヌ国際映画祭受賞結果 パルム・ドール:I, Daniel Blake ケン・ローチ渾身

続きを読む

【ネタバレなし】『ヘレディタリー/継承』ひょっとしてグァダニーノよりもサスペリア?

ヘレディタリー/継承(2018) Hereditary(2018) 監督:アリ・アスター

続きを読む

TIFF2016鑑賞映画15「クラッシュ」護送車の中から観るエジプト98分(最終回)

クラッシュ(2016) 英題:Clash 原題:Eshtebak 監督:モハメド・ディア

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑