*

カイエ・デュ・シネマベストテン2017発表 1位はなんとテレビドラマ『ツイン・ピークス THE RETURN』

カイエ・デュ・シネマベストテン2017発表 1位はなんとテレビドラマ『ツイン・ピークス THE RETURN』

第5位:The Day After

監督:ホン・サンス

カンヌ国際映画祭に出品される度に、カイエ・デュ・シネマぐらいしか絶賛してくれない可哀相、いや作家性が強烈すぎる監督ホン・サンス。今年は『On the Beach at Night Alone』『Claire’s Cinema』そして本作の3本が公開されホン・サンス年であった(日本では総て未公開、もしかしてどっかの映画祭で上映された?)だけにカイエ・デュ・シネマも阿鼻叫喚だったんじゃないだろうか?話は出版社で働く男が自分の元を去った女のことが忘れられず…といった内容。フランスの映画サイトAllo Cineのあらすじを読んだがどんな話になるのか想像もつかない。そう、ホン・サンス映画は観た人にしか分からない世界があるのだ。

第4位:ゲット・アウト
Get Out

監督:ジョーダン・ピール

11月号の表紙を飾っただけに見事に入選。意外とカイエ・デュ・シネマにしては意外なセレクト。ホラーに見せかけて抱腹絶倒なこのインディーズホラーは、実は悪夢の演出が凄まじいことでブンブンの心も鷲掴みにした。それにしても、今回上半期ではベストテンに入れる気満々だったジェームズ・グレイ『THE LOST CITY OF Z』を差し置いて4位の座を仕留めるのは偉業だ。

第3位:ライフ・ゴーズ・オン 彼女たちの選択
Certain Woman

監督:ケリー・ライヒャルト

日本ではまだまだ無名の監督ケリー・ライヒャルトのオムニバス映画。残念ながら日本ではビデオスルーになったが、カイエ・デュ・シネマでは2011年のベストテン第6位に、ライヒャルト監督作である『Meek’s Cutoff』という西部劇を入れており、作家性が認められつつある。
物語はマイリー・メロイの短編小説を映画化であり、2人の女弁護士、新居のことで頭を悩ます女、馬と暮らす女の4人の心の揺らぎを描いたもの。

第2位:JEANNETTE, L’ENFANCE DE JEANNE D’ARC

監督:ブルーノ・デュモン

日本ではアンスティチュフランセですら無視するようになってしまったフランスの鬼才ブルーノ・デュモン。『プティ・カンカン』『Ma Loute』で完全にデヴィッド・リンチ的フォースの覚醒を果たした彼が今回、ジャンヌ・ダルクものに挑戦。これは観たい!どうかアンスティチュフランセさんお願いします!有給取って観にいきます。

第1位:ツイン・ピークス THE RETURN
TWIN PEAKS THE RETURN

監督:デヴィッド・リンチ

他の映画誌ができないことをカイエ・デュ・シネマはやってのけた!それはテレビドラマをベスト1位に選んだのだ。日本の映画芸術って雑誌は、ベストテンの選定基準からアニメ映画を外したっていうのに…。ひねくれ映画雑誌のイメージが強いカイエ・デュ・シネマは実はゆるいところがあって、テレビドラマは何度か選んだことがある。2002年のベストテンでは第10位に『24 TWENTY FOUR』を選んでいる、またテレビドラマの総集編である『プティ・カンカン』を2014年のベストテン第1位にしている。ただ、今回のベストテン第1位は事件だ。なんたって、デヴィッド・リンチが『HUNTER×HUNTER』は冨樫義博並に焦らしに焦らしたカルトドラマ『ツイン・ピークス』の最新シリーズなのだから。カイエ・デュ・シネマもそんな『ツイン・ピークス』に魅せられており、1990年代のベストテンの第4位に映画版である『ツイン・ピークス/ローラ・パーマー最期の7日間』を挙げているのだ。

やっぱり、カイエ・デュ・シネマの本能的に「誰がなんと言おうともこの映画を推したい」という姿勢は尊敬したい。ってことで今年も大満足楽しませて頂きました。

カイエ・デュ・シネマベストテン2014
カイエ・デュ・シネマベストテン2015
カイエ・デュ・シネマベストテン2016

ブロトピ:映画ブログ更新
ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!

→BACK:10~6位

ページ: 1 2

関連記事

第89回アカデミー賞受賞予想④~作曲・歌曲賞~

第89回アカデミー賞受賞予想4 今回は音楽賞です。 とは言っても、 今年はミュージカル映画

続きを読む

【ブンブン速報】金獅子賞は「The Shape of Water(水の形)」オタクの鏡ギレルモ・デル・トロが受賞!第74回ヴェネチア国際映画祭受賞結果はコチラ! 

第74回ヴェネチア映画祭受賞結果速報 今年のベネチア国際映画祭は、東京国際映画祭の作品選定

続きを読む

“Ç”「ピンク・フラミンゴ」ジョン・ウォーターズ絶賛、サイケな映画「THE FORBIDDEN ROOM」

ジョン・ウォーターズの2015年ベストテン 先日、「ピンク・フラミンゴ」や「シリアル・ママ」の

続きを読む

TIFF2016鑑賞記録3「シエラネバダ」これはルーマニア版「サザエさん」3時間スペシャルだ!

シエラネバダ(2016) SIERANEVADA(2016) 監督:クリスティ・プイウ 出

続きを読む

TIFF2016鑑賞映画15「クラッシュ」護送車の中から観るエジプト98分(最終回)

クラッシュ(2016) 英題:Clash 原題:Eshtebak 監督:モハメド・ディア

続きを読む

“Ç”「SHOAHショア」9時間半で明かされるナチスの諸悪※上半期ベスト同時公開

SHOAH-ショア-(1985) 監督:クロード・ランズマン 出演:ホロコースト関係者

続きを読む

“Ç”87回アカデミー賞予想3:俳優部門

主演男優賞ノミネート一覧 1.スティーヴ・カレル 「フォックスキャッチャー」 2.ブラッド

続きを読む

2016年ブンブン映画ベストテン(新作邦画編) 1位は「何者」

2017年ブンブン映画ベストテン (新作邦画編) 今年は、異常な程 日本映画が豊作であった

続きを読む

TIFF2016鑑賞記録7「痛ましき謎への子守唄」ラヴ・ディアス8時間の世界

痛ましき謎への子守唄(2016) Hele sa hiwagang hapis(2016)

続きを読む

【東京国際映画祭特集】「誕生のゆくえ」普遍的すぎて個性がなかったな~

誕生のゆくえ(2016) 英語題:Being Born 原題:Be Donya Amadann

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレなし】『ビジランテ』入江悠が描く地方都市のギリシャ悲劇

ビジランテ(2017) 監督:入江悠 出演:大森南朋、鈴木浩介

【ネタバレ酷評】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ブンブンが一本満足できなかった5つの理由

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017) STAR WARS T

【寅さんフルマラソン㉝】「男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎」タコ社長の娘登場

男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎(1984) 監督:山田洋次

『ガールズ&パンツァー 最終章 第1話』いきなりダンケルク!

ガールズ&パンツァー 最終章 第1話(2017) GIRLS UND

『gifted/ギフテッド』少女と似た境遇のブンブンが語る生々しさ

gifted/ギフテッド(2017) gifted 監督:マー

さらに過去の記事





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑