*

【小話】ブンブンの小説オールタイムベスト発表 1位は「1984」

【小話】ブンブンの小説オールタイムベスト発表 1位は「1984」

チェ・ブンブンの小説
オールタイムベスト


先日、ゼミのリービ英雄教授と
小説のオールタイムベストの話で
盛り上がったので、
私も10本選んでみました。
どれも面白いので、是非。

1.1984
ジョージ・オーウェル

↑アップル社のマッキントッシュ発表
CMでもオマージュが捧げられた。

ブラッドベリの「華氏451」も好きだが、
ジョージ・オーウェルの
描く監視社会は本当に怖い。
特にネズミを使った
拷問シーンの描写は、
読んでいて「もうやめて〜」となる。

2.華麗なるギャッツビー
F.S.フィッツジェラルド

私の選ぶ究極のラブストーリー。
身分という劣等感を克服して、
好きな女の子に求愛するのに燃えるし、
それ故に哀しい話でもある。

3.砂の女
安部公房

ゼミでも盛り上がったが、
安部公房程「日本」を
逸脱した世界を描く作家はいない。
蟻地獄のような砂の空間に
閉じ込めらた男のもがきが
ヒシヒシと伝わる。
映画版も文芸映画として、
最高レベルに良い。

4.希望の国のエクソダス
村上龍


中3の時に学校の課題本で読んだのだが、
今思うと先生トンデモナイチョイスを
するなーと。
SNSで人々か過激化しやすい
世の中だからこそ、
大事な1冊だ。

5.岬
中上健次


ゼミで2回も発表しただけに思い入れがある。
「WOOD JOB」や「溺れるナイフ」
「ディストラクションベイビーズ」は、
中上健次の映画「火まつり」に
影響を受けているが、
その原点はまさに「岬」である。

6.午後の曳航
三島由紀夫

三島由紀夫の小説の中で、
エンディングがもっとも美しい。
読むと頭に、
世界が終わる刹那が浮かぶ
芸術品だ。

7.勝手に生きろ!
チャールズ・ブコウスキー

↑「酔いどれ詩人になるまえに」という題で映画化
されている。

バイトをクビになりまくるクズ男の
生き様を描いているのだが、
吹っ切れているのでスカッとします。

8.路上
ジャック・ケルアック

僕を海外旅行マニアにさせたのは、
「深夜特急」とこやつだ。
ジャズのように即興的で、
荒々しくて旅に出たくなる。

9.由熙 李良枝


ヨーロッパかぶれ故に通常なら
絶対読まない小説なのだが、
ゼミで扱い衝撃を受けた。
朝鮮人でも日本人でもない者の
苦痛、日本語かハングルかと
毎朝、言葉の杖を
選ばねばならぬ苦痛は、
留学経験者にとって共感した。

10.LAヴァイス
トマス・ピンチョン

ただのヒッピー探偵ものと、 思いきや、
時代に取り残された
ヒッピーの苦悩を滲ませてくる技巧。
「重力の虹」に比べ読みやすく、
理解も出来たのでこちらに軍配をあげた。

ブロトピ:映画ブログ更新
ブロトピ:こんな記事あります

関連記事

【Netflix】ナイジェリア映画「オクラを買いにいかせたら(GONE TOO FAR!)」が大大大傑作だった件

オクラを買いにいかせたら(2013) GONE TOO FAR!(2013) 監督:Dest

続きを読む

“Ç”奇人ボビー・フィッシャーをスパイダーマンが好演「完全なるチェックメイト」

完全なるチェックメイト(PAWN SACRIFICE) 監督:エドワード・ズウィック 出演:

続きを読む

【速報】第90回アカデミー賞(2018)受賞結果 作品賞は『シェイプ・オブ・ウォーター』

第90回アカデミー賞受賞結果速報 ※随時更新中 さあ、この日がやってきました第90回アカ

続きを読む

第89回アカデミー賞受賞予想⑨短編アニメーション賞、短編ドキュメンタリー賞

第89回アカデミー賞受賞予想9 アカデミー賞予想ついに最終章。 例年、予想はしないのですが、

続きを読む

“Ç”シネコンより爆音な映画館知りたい?「百円の恋」

アップリンクすげ〜   アップリンクで、昨年留学につき見逃した 「百円の恋」を観てき

続きを読む

“Ç”ドローン映画と思いきや格闘技映画「フル・コンタクト」東京国際映画祭にて

フル・コンタクト(FULL CONTACT) 監督:ダビッド・フェルベーク 出演:グレゴワー

続きを読む

”Ç”「ウィークエンドはパリで」公開間近!老夫婦の青春をもう一度

今月9/20(土)からシネスイッチ銀座で公開の「ウィークエンドはパリで」 実はチェ・ブンブン、

続きを読む

“Ç”ジャパニーズよ、ドクたちが来るのは日本時間で10/22だぞ!BTTF特集PARTⅡ

バック・トゥ・ザ・フューチャーPARTⅡ 監督:ロバート・ゼメキス 出演:マイケル・J・フォ

続きを読む

「セントラル・インテリジェンス」ロック様の笑顔が怖いwwww

セントラル・インテリジェンス(2016) CENTRAL INTELLIGENCE(2016)

続きを読む

【釜山国際映画祭・ネタバレ】『BURNING』イ・チャンドンは村上春樹の原作を『華麗なるギャツビー』と解釈した

【釜山国際映画祭・ネタバレ】『BURNING』イ・チャンドンは村上春樹の原作を『華麗なるギャツビー』

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑