*

【ネタバレなし】『君が君で君だ』カルト映画化必至!松居大悟の体調を心配したくなる怪作

【ネタバレなし】『君が君で君だ』カルト映画化必至!松居大悟の体調を心配したくなる怪作

君が君で君だ(2018)


監督:松居大悟
出演:池松壮亮、キム・コッピ、満島真之介、
大倉孝二、向井理、YOU etc

評価:40点

志乃ちゃんは自分の名前が言えない』のついでにと朝からタイトルに導かれて観たのだが、スコリモフスキの『早春』、『アンナと過ごした4日間』の100倍異常な恋愛映画だった。いくらインディーズ日本映画界の鬼才・松居大悟監督作とはいえ、「何を食べたらあんな物語作れるんだい?」と不安になる程の異常性欲ビンビン映画だった。

『君が君で君だ』あらすじ

韓国人のカラオケ店員に一目惚れした男3人。彼らは薄暗いアパートの一室から、彼女を毎日監視し続けて10年が経とうとしていた。それぞれ、尾崎豊、ブラッド・ピット、坂本龍馬と彼女が好きな存在になりきり今日も彼女の私生活を覗いていたのだが、ヤクザにそのことがバレ、部屋に侵入されてしまう…

松居大悟の体調を心配したくなる怪作

特に調べず観に行ったら、あまりの常軌を逸した世界観に阿鼻叫喚した。

なんたって、韓国人のカラオケ店員に恋した3人の男が、彼女の好きな《尾崎豊》《ブラッド・ピット》《坂本龍馬》になりきり、向かいの部屋から10年間も監視するという話なのだから。しかも、彼らの生活の異常性はいくら映画とは言えドン引きレベル。中東か!と思う程多い礼拝タイム。彼女が飯を食う、トイレをすると彼らも飯を食い、トイレをするのだ。彼女がどこに何をしまっているのかまで把握している。しまいには、監視部屋を《国》に見立て、入国審査があり、《坂本龍馬》は何故か鎖で繋がれているのだ。坂本龍馬と言えば、ブンブンニコニコ動画のゲーム実況者幕末志士の坂本龍馬を思い浮かべる。彼も本作同様、人生拗らせている方だが、その比ではないことは明白だ。

松居大悟の何か思い詰めたキモチが炸裂したのだろう。映画としては、あまりにも雑。尾崎豊やブラッド・ピット、坂本龍馬といった要素が活きていない(途中に出てくる第四勢力も微妙な使われ方だ)し、回想がくどく、回想に頼りすぎだ。しかも、ラストは、「なんでお前が主役の座を奪っているんだい?」となる。ギャグも細かすぎて、また《間》を軽視しているので、ゴールになかなか決まらない(例えば、入国する時のドアノックが「はじめてのアコム」のリズムだったりするのだが、上手く回収できてない)。

しかし、なんなんだろう、この清々しいまでの真っ直ぐな青春。映画としてはダメダメだが、嫌いにはなれない。カルト的やみつき感があり、なんだか好感を抱いてしまったのでした。本作は、あまり情報を入れないで観てほしい。また、観てもネタバレ解説・考察記事を書きたいと思うほどの内容ではないのでここで終わるが、間違いなく今年最強のカルト映画だと言えよう。

松居大悟映画記事

『アイスと雨音』長回しフェチ必見!松居大悟の慟哭
【東京国際映画祭】「男子高校生の日常」松居大悟節炸裂の傑作
【ネタバレ解説】「アズミ・ハルコは行方不明」少女ギャング団、グラフィティ集団に影響与えた映画etc

ブロトピ:映画ブログ更新
ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!

関連記事

【ネタバレなし解説】『クローバーフィールド パラドックス』サプライズリリースから観る企業戦略

クローバーフィールド パラドックス(2018) THE CLOVERFIELD PARADOX(2

続きを読む

【解説】『リズと青い鳥』カイエデュシネマに観て欲しい!幻滅は愛を囀る

リズと青い鳥(2018) 監督:山田尚子 出演:種崎敦美、東山奈央、 本田望結、藤村鼓乃美

続きを読む

【アンジェイ・ズラウスキー特集】『悪魔』監督2作目にしてFPS視点を発明!

悪魔(1972) Le Diable(1972) 監督:アンジェイ・ズラウスキー 出演:ヴ

続きを読む

【緊急記事】『A』麻原彰晃に死刑執行された今だからこそ観たい作品

A(1998) 監督:森達也 評価:95点 平成の終焉に向け、次々と信じられない出

続きを読む

【カイエ・デュ・シネマ特集】『パーク』新気鋭ダミアン・マニヴェルの公園ファンタジー

パーク(2016) LE PARC(2016) 監督:ダミアン・マニヴェル 出演:ナオミ・

続きを読む

【ゴーモン特集】『鱒』もしもジョゼフ・ロージーが『俺ら東京さ行ぐだ』を映画化したら…

鱒(1982) LA TRUITE(1982) 監督:ジョゼフ・ロージー 出演:イザベル・

続きを読む

【myfff】『アヴァ AVA』盲目描写はアウトだが、映像が凄い!

アヴァ(2017) AVA(2017) 監督:レア・ミシウス 出演:Noée Abita、

続きを読む

【毎週インド映画9】『モンスーン・ウェディング』金獅子賞を制したインド映画

モンスーン・ウェディング(2001) MONSOON WEDDING(2001) 監督:ミー

続きを読む

【ネタバレなし】『ヘレディタリー/継承』ひょっとしてグァダニーノよりもサスペリア?

ヘレディタリー/継承(2018) Hereditary(2018) 監督:アリ・アスター

続きを読む

【デプレシャン特集4】『魂を救え!』アンドレ・バザンに捧げられた一本?

魂を救え!(1992) LA SENTINELLE(1992) 監督:アルノー・デプレシャン

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑