*

『満月の夜』エリック・ロメールとモンドリアン、水と油の気が…

『満月の夜』エリック・ロメールとモンドリアン、水と油の気が…

満月の夜(1984)
LES NUIT DE LA PLEINE LUNE(1984)


監督:エリック・ロメール
出演:パスカル・オジェ、チェッキー・カリョ、
ファブリス・ルキーニetc

評価:70点

妹がエリック・ロメールのレポートを夏休みに書くというので、無性にロメール映画を観たくなり、『満月の夜』に挑戦してみました。

『満月の夜』あらすじ

郊外とパリを行き来するレミ。彼女は郊外とパリにそれぞれ男がいる。恋をしたいが束縛されたくない。そんな複雑な女心を、エリック・ロメールが軽妙に紡いでいく…

モンドリアンが最大の謎

エリック・ロメール、愛の哲学映画。今回は、割とエリック・ロメールと意気投合した。郊外にカレシを放置プレイし、パリに直々、仕事娯楽の為遠出する女と、彼女に翻弄される男との関係を描いている。

エリック・ロメールはWikipediaでみると歌丸師匠、あるいはイカルドにクリソツだが、実に女心を汲み取るのが上手い。

ソクバッキー、とにかく「彼女の側にいたい」、そばにいるねby青山テルマな野郎共に対し、恋人関係は持続したいが、肉欲には溺れたくない。あくまで大事なのは心よ!と叫びたい女の複雑な心境をコミカルに描いている。男の「別に自由にしていいんだよ」と言いつつも、「なんとかして、我が懐に!」と画策するも、全て見透かされている感じは、全男性よ必見といったところ。

さて、本作は印象的な場面がある。女と男がくっちゃべる部屋に、ピエト・モンドリアン の抽象絵画『コンポジション』が2枚も飾られているのだ。

抽象絵画といえば、従来人の内面や思想を反映させるものだと認知されていた絵画に対し、徹底的にメッセージ性や物語たるものを廃したもの。

エリック・ロメールといえば、本作もそうなのだが、人々の内面を描く作家性故、何故水と油な関係をここで提示しなければならなかったのかとブンブン気になった。

なんせ、『コンポジション』は抽象絵画の中でも新造形主義の作品にあたり、秩序と調和の取れた表現を目指している。つまるところ、混沌とした恋愛と喧騒としたパリを映した本作の軸とは真逆のベクトルにあるのだ。

ただ、見方を変えればこれこそがロメールの狙いなのではないだろうか?一見、秩序が整った生活。郊外とパリを一定リズムで行き来し、それぞれの場所の男と、一定の距離を取る。この外見上の秩序が、ロメールの目線でじわじわと内面に迫るうちに複雑怪奇な恋愛観が見えてくる。

ロメール流舞台装置として機能していたと考えると、なんとなく腑におちてきた。芸術素人なので、誰かがっつりモンドリアンと本作の関係について解説してほしいなー

ブロトピ:映画ブログ更新
ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!

関連記事

GW暇だったのでラヴ・ディアスの10時間半映画『あるフィリピン人家族の創生』を観た結果…

あるフィリピン人家族の創生(2005) 原題:Ebolusyon ng Isang Pamilya

続きを読む

『四月の永い夢』モスクワ国際映画祭2冠!中川龍太郎監督に注目せよ!

四月の永い夢(2017) 監督:中川龍太郎 出演:朝倉あき、三浦貴大、川崎ゆり子etc

続きを読む

【大人の自由研究】m&m’sを食いながら観る2つの『M』

m&m'sを食いながら観る2つの『M』 皆さんは、フリッツ・ラングの『M』という作品をご存知だ

続きを読む

【ネタバレなし】『未来のミライ』決してお子さんを連れて観てはいけない3つの理由

未来のミライ(2018) Mirai(2018) 監督:細田守 出演:上白石萌歌、黒木華、

続きを読む

『恋は雨上がりのように』山口達也セクハラ事件後だからこそ観たい傑作!

恋は雨上がりのように(2018) 監督:永井聡 出演:小松菜奈、大泉洋、 清野菜名、磯村勇

続きを読む

【ゴーモン特集】『ファントマの偽判事』社会の恐怖はまだまだつづく!FIN

ファントマの偽判事(1914) Le Faux Magistrat(1914) 監督:ルイ・

続きを読む

【アルベルト・セラ特集】『騎士の名誉』テリー・ギリアムのドンキホーテが上映されている裏側で

騎士の名誉(2006) Honor de Cavalleria 監督:アルベルト・セラ 出

続きを読む

【ネタバレ考察】『Vision』河瀨直美の謎を読み解く鍵は中上健次にあり!

Vision(2018) 監督:河瀨直美 出演:ジュリエット・ビノシュ、 永瀬正敏、岩

続きを読む

【ゴーモン特集】『ファントマ対ジューヴ警部』必見!100年前のZOZOSUIT

ファントマ対ジューヴ警部(1913) Juve contre Fantômas(1913)

続きを読む

『ザ・シークレットマン』はリーアム・ニーソンは48時間で標的を倒せるのか?

ザ・シークレットマン(2017) Mark Felt: The Man Who Brought

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑