*

『満月の夜』エリック・ロメールとモンドリアン、水と油の気が…

『満月の夜』エリック・ロメールとモンドリアン、水と油の気が…

満月の夜(1984)
LES NUIT DE LA PLEINE LUNE(1984)


監督:エリック・ロメール
出演:パスカル・オジェ、チェッキー・カリョ、
ファブリス・ルキーニetc

評価:70点

妹がエリック・ロメールのレポートを夏休みに書くというので、無性にロメール映画を観たくなり、『満月の夜』に挑戦してみました。

『満月の夜』あらすじ

郊外とパリを行き来するレミ。彼女は郊外とパリにそれぞれ男がいる。恋をしたいが束縛されたくない。そんな複雑な女心を、エリック・ロメールが軽妙に紡いでいく…

モンドリアンが最大の謎

エリック・ロメール、愛の哲学映画。今回は、割とエリック・ロメールと意気投合した。郊外にカレシを放置プレイし、パリに直々、仕事娯楽の為遠出する女と、彼女に翻弄される男との関係を描いている。

エリック・ロメールはWikipediaでみると歌丸師匠、あるいはイカルドにクリソツだが、実に女心を汲み取るのが上手い。

ソクバッキー、とにかく「彼女の側にいたい」、そばにいるねby青山テルマな野郎共に対し、恋人関係は持続したいが、肉欲には溺れたくない。あくまで大事なのは心よ!と叫びたい女の複雑な心境をコミカルに描いている。男の「別に自由にしていいんだよ」と言いつつも、「なんとかして、我が懐に!」と画策するも、全て見透かされている感じは、全男性よ必見といったところ。

さて、本作は印象的な場面がある。女と男がくっちゃべる部屋に、ピエト・モンドリアン の抽象絵画『コンポジション』が2枚も飾られているのだ。

抽象絵画といえば、従来人の内面や思想を反映させるものだと認知されていた絵画に対し、徹底的にメッセージ性や物語たるものを廃したもの。

エリック・ロメールといえば、本作もそうなのだが、人々の内面を描く作家性故、何故水と油な関係をここで提示しなければならなかったのかとブンブン気になった。

なんせ、『コンポジション』は抽象絵画の中でも新造形主義の作品にあたり、秩序と調和の取れた表現を目指している。つまるところ、混沌とした恋愛と喧騒としたパリを映した本作の軸とは真逆のベクトルにあるのだ。

ただ、見方を変えればこれこそがロメールの狙いなのではないだろうか?一見、秩序が整った生活。郊外とパリを一定リズムで行き来し、それぞれの場所の男と、一定の距離を取る。この外見上の秩序が、ロメールの目線でじわじわと内面に迫るうちに複雑怪奇な恋愛観が見えてくる。

ロメール流舞台装置として機能していたと考えると、なんとなく腑におちてきた。芸術素人なので、誰かがっつりモンドリアンと本作の関係について解説してほしいなー

ブロトピ:映画ブログ更新
ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!

関連記事

【カンヌ国際映画祭特集】「地獄門」日本で初めてパルムドールを獲った時代劇

地獄門(1953) 監督:衣笠貞之助 出演:長谷川一夫、京マチ子etc 評価:85点

続きを読む

【ネタバレ考察】『悪魔の季節』ラヴ・ディアス版『ラ・ラ・ランド』に籠められた憤怒

悪魔の季節(2018) 原題:Ang panahon ng halimaw 英題:Season

続きを読む

【ネタバレ】『羊の木』はおもてなし課から出向した錦戸亮のエクストリームおもてなし映画だ!

羊の木(2018) 監督:吉田大八 出演:錦戸亮,木村文乃, 北村一輝,優香, 市川実日

続きを読む

【ネタバレ】『検察側の罪人』二宮和也の覚醒!井之頭五郎の裏稼業

検察側の罪人(2018) 監督:原田眞人 出演:木村拓哉、二宮和也、 吉高由里子、松重豊e

続きを読む

【釜山国際映画祭・ネタバレなし】『バーニング劇場版』村上春樹『納屋を焼く』のその先…

バーニング劇場版 BURNING(2018) 監督:イ・チャンドン 出演:ユ・アイン、ステ

続きを読む

【寅さんフルマラソン㊽】「男はつらいよ 寅次郎紅の花」衝撃の最終回

男はつらいよ 寅次郎紅の花(1995) 監督:山田洋次 出演:渥美清、 吉岡秀隆、倍賞千恵

続きを読む

【考察】『第三世代』闘争が祭に化ける瞬間

第三世代(1979) Die dritte Generation 監督:ライナー・ベルナー・

続きを読む

『アレッポ 最後の男』この世界の片隅にある地獄

アレッポ 最後の男(2017) 原題:آخر الرجال في حلب 英題:LAST MEN

続きを読む

【寅さんフルマラソン㊾】「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別編」真の最終回

男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花  特別編(1997) 監督:山田洋次 出演:渥美清、

続きを読む

『犬ヶ島』日本が今最も映画化すべき内容をW.アンダーソンが愛もってお届け!

犬ヶ島(2018) Isle of Dogs(2018) 監督:ウェス・アンダーソン 出演

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人2年目の映画オタク。 年間500本、映

【Netflixネタバレ考察】『ROMA/ローマ』タイトルから読み解く《家政婦は見た》

ROMA/ローマ(2018) ROMA 監督:アルフォンソ・キ

【映画館レポート】ココマルシアター、あの事件から1年後どう変わったのか…

【映画館レポート】ココマルシアター、あの事件から1年後どう変わったのか

【映画館リポート】アップリンク吉祥寺こそバウスの血を継ぐ映画体験施設だ!

【映画館リポート】アップリンク吉祥寺こそバウスの血を継ぐ映画体験施設だ

【東京フィルメックス】『アルファ 殺しの権利』メンドーサ監督作『どん底』の裏返し

アルファ 殺しの権利(2018) ALPHA THE RIGHT T

『北(ノルテ)-歴史の終わり』ラヴ・ディアスのクリスマス映画はいつもとは違う!

北(ノルテ)-歴史の終わり(2013) Norte, the End

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑