*

『ラストムービー』ヒッピーとはビューティフル・ドリーマーだ!

公開日: : 最終更新日:2018/11/11 2018映画 , , , , ,

『ラストムービー』ヒッピーとはビューティフル・ドリーマーだ!

ラストムービー(1971)
THE LAST MOVIE


監督:デニス・ホッパー
出演:デニス・ホッパー、サミュエル・フラーetc

評価:80点

長らく鑑賞不可の幻の作品とされていたデニス・ホッパーの作品が最近リマスターされたらしい。日本でもそのうち上映されるでしょう。

先日、TSUTAYA渋谷店に行ったらまさかのVHSが出土した。なので一足早く観てみた。

『ラストムービー』あらすじ

サミュエル・フラー監督一行は、西部劇を撮るためにペルーを訪れる。ペルーでの撮影も終わり、撮影隊は帰って行く。しかし、ペルーに止まり続ける者がいた…

ヒッピーとはビューティフル・ドリーマーだ!

話はあってないようなもの。サミュエル・フラーがペルーで西部劇を撮るのを淡々と映す。そして撮影が終わると《THE LAST MOVIE》というタイトルがドンと出る。後は、ペルーに残った役者のサイケデリックな日常(『イージー☆ライダー』のドラッグシーンのよう)がただ描かれるだけだ。

本作はなんなんだろうか?

1969年ウッドストックフェスティバルを頂点に、世界中で起きていたカウンターカルチャー、学生運動が収束する中で社会から隔絶された人々がヒッピーになる様を暗示しているように見える。祭のような映画撮影。その渦中にいながらも、どこか蚊帳の外に感じていた者が、祭の終わりの仄かな香りを求め虚無を彷徨う。現実に戻れなくなってしまった姿を、ペルーでの映画撮影に置き換えている。

祭に取り残された人々の哀愁ある熱気、まさしく押井守が『ビューティフル・ドリーマー』で描いてみせた景色がここにもあった。撮影地はペルーだし、映画の内幕者だし、我々の生活とかけ離れた物語にも関わらず、本作が観る者の心を深くエモーショナルな槍で抉るのは、まるで文化祭が終わり、いつもの授業、いつもの部活、いつもの日常に戻る時に感じつ切なさがフラッシュバックするからであろう。日本であれば、学園ドラマとしてエモく描くものをヒッピー、デニス・ホッパーは西部劇の撮影現場に置き換えて撮っていたのだ。

これはアメリカ文化史の観点から非常に重要な作品である。そして、今回4Kリマスターされたことで鮮明な映像でこのエモーショナルな世界が体験できるとなると、ニヤニヤ、ワクワクが止まらないブンブンであった。

ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!
ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【ネタバレなし】『ラブレス』ズビャギンツェフ最新作はマジでLOVELESSだった

ラブレス(2017) 英題:LOVELESS 原題:Нелюбовь 監督:アンドレイ・ズ

続きを読む

【ブンブン速報】第75回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞はNetflix映画『ROMA』

第75回ヴェネチア映画祭受賞結果速報 遂に発表されましたヴェネチア国際映画祭受賞結果。今回は、カン

続きを読む

ジョン・ウォーターズの2018年映画ベストテン発表!1位はブリュノ・デュモンの『ジャネット、ジャンヌ・ダルクの幼年期』

ジョン・ウォーターズの2018年映画ベストテン発表!1位はブリュノ・デュモンの『ジャネット、ジャンヌ

続きを読む

【東京フィルメックス】『アルファ 殺しの権利』メンドーサ監督作『どん底』の裏返し

アルファ 殺しの権利(2018) ALPHA THE RIGHT TO KILL 監督:ブリ

続きを読む

【実話】『泣き虫しょったんの奇跡』何かに熱中している人必見!完璧な感動ドラマ

泣き虫しょったんの奇跡(2018) 監督:豊田利晃 出演:松田龍平、野田洋次郎、永山絢斗、

続きを読む

【毎週インド映画6】『チャルラータ』踊らぬインド映画の巨匠サタジット・レイ渾身の一作

チャルラータ(1964) CHRULATA(1964) 監督:サタジット・レイ 出演:マド

続きを読む

『犬ヶ島』日本が今最も映画化すべき内容をW.アンダーソンが愛もってお届け!

犬ヶ島(2018) Isle of Dogs(2018) 監督:ウェス・アンダーソン 出演

続きを読む

【解説】『リズと青い鳥』カイエデュシネマに観て欲しい!幻滅は愛を囀る

リズと青い鳥(2018) 監督:山田尚子 出演:種崎敦美、東山奈央、 本田望結、藤村鼓乃美

続きを読む

【7/21公開記念】『暗殺のオペラ』ヴィットリオ・ストラーロの準備運動

暗殺のオペラ(1969) Strategia del ragno(1969) 監督:ベルナル

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】「地獄門」日本で初めてパルムドールを獲った時代劇

地獄門(1953) 監督:衣笠貞之助 出演:長谷川一夫、京マチ子etc 評価:85点

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑