*

【速報】第90回アカデミー賞(2018)受賞結果 作品賞は『シェイプ・オブ・ウォーター』

【速報】第90回アカデミー賞(2018)受賞結果 作品賞は『シェイプ・オブ・ウォーター』

長編ドキュメンタリー賞BEST DOCUMENTARY FEATURE

長編ドキュメンタリー賞ノミネート一覧


1.『ABACUS:SMALL ENOUGH TO JAIL』
2.『顔たち、ところどころ』
3.『イカロス』
4.『LAST MEN IN ALEPO』
5.『ストロング・アイランド』

長編ドキュメンタリー賞は『イカロス』が受賞

ネットフリックス映画がついにアカデミー賞に輝いた。強豪アニエス・ヴァルダ『顔たち、ところどころ』や政治的に強い『LAST MEN IN ALEPO』を倒した。それもそのはず。自転車レースのドーピング問題の仕組みを暴くために、自らドーピングをした男がやがて国家の陰謀に巻き込まれていくフィクションさながらのドラマに阿鼻叫喚だ!ネットフリックスで配信中なので是非!

短編ドキュメンタリー賞BEST DOCUMENTARY SHORT SUBJECT

短編ドキュメンタリー賞ノミネート一覧


1.『EDITH+EDDIE』
2.『HEAVEN IS A TRAFFIC JASM ON THE 405』
3.『ヘロイン×ヘロイン』
4.『KNIFE SKILLS』
5.『TRAFFIC STOP』

短編ドキュメンタリー賞は『HEAVEN IS A TRAFFIC JASM ON THE 405』が受賞

拷問を受けうつ病を発症したアーティストのミンディー・アルパーを追ったドキュメンタリー

長編アニメーション賞BEST ANIMATED FEATURE FILM

長編アニメーション賞ノミネート一覧


1.『リメンバー・ミー』
2.『ボス・ベイビー』
3.『THE BREADWINNER』
4.『FREDINAND』
5.『ゴッホ 最後の手紙

長編アニメーション賞は『リメンバー・ミー』が受賞

『ボス・ベイビー』だったら事件でしたねw

短編アニメーション賞BEST ANIMATED SHORT FILM

短編アニメーション賞ノミネート一覧


1.『DEAR BASKETBALL』
2.『GARDEN PARTY』
3.『LOU』
4.『Negative Space』
5.『REVOLTING RHYMES』

短編アニメーション賞は『DEAR BASKETBALL』が受賞

NBAプレイヤーのコービー・ブライアントがバスケットボール界から引退する前夜に、半生を省みるという内容。

短編映画賞BEST LIVE ACTION SHORT FILM

短編映画賞ノミネート一覧


1.『DeKALB ELEMENTARY』
2.『THE ELEVEN O’CLOCK』
3.『MY NEPHEW EMMETT』
4.『THE SILENT CHILD』
5.『WATU WOTE/ALL OF US』

短編映画賞は『THE SILENT CHILD』が受賞

聾唖の少女リビー(4才)にコミュニケーションの手法を教える作品。

外国語映画賞

外国語映画賞ノミネート一覧


1.『ラヴレス(Loveless)』
2.『ザ・スクエア 思いやりの聖域(The Square)』※パルム・ドール受賞作
3.『The Insult』
4.『ナチュラルウーマン(A Fantastic Woman)
5.『心と体と(On Body and Soul)』※金熊賞受賞作

外国語映画賞は『ナチュラルウーマン』が受賞

激戦を勝ち抜いたのはある種ダークホースの『ナチュラルウーマン』。他のノミネート作品は観ていないのだが、ここまで辛くそして美しい映画は観たことがない。最近強いチリ映画が底力を魅せてくれた!おめでとう!

ブンブン予想的中率

第90回アカデミー賞(2018):14/21(部門)→66.6%
第89回アカデミー賞(2017):17/23(部門)→73.9%
第88回アカデミー賞(2016):17/21(部門)→80.9%
第87回アカデミー賞(2015):12/20(部門)→60.0%

総括

今年の受賞予想は難しかった。特に技術賞が、難しく意外にも『ダンケルク』が3部門独占する結果となった。個人的に『ベイビー・ドライバー』にも1部門分けてあげてよーと思ったりもしたが。

そして今年最大のダークホースは脚本賞だ。誰が予想できたでしょう。前哨戦は『スリー・ビルボード』が圧勝。作品賞を受賞する作品が脚本賞を受賞するので、万が一『スリー・ビルボード』ではなくても『シェイプ・オブ・ウォーター』が獲る筈。そのフラグを破壊し、B級ホラー映画として初めての脚本賞受賞となった。そして、作品賞はエログロ怪獣映画の『シェイプ・オブ・ウォーター』が受賞。今回最多4部門受賞を達成しました!!

非常に画期的だった。

また、長編ドキュメンタリー賞を『イカロス』が受賞したのも意外。戦歴でいったら『顔たち、ところどころ』が圧勝していた。直前になって、『LAST MEN IN ALEPO』のスタッフが米国入国を拒否される事件が発生。これは昨年の外国語映画賞同様の展開になるかと思ったのだが、結果は『イカロス』が受賞した。Netflix映画はここ数年ノミネートするが受賞できていなかっただけに快挙。

来年はどんなサプライズを魅せてくれるのか楽しみだ。

アカデミー賞過去受賞結果

第89回アカデミー賞受賞結果
第88回アカデミー賞受賞結果
第87回アカデミー賞受賞結果

ブロトピ:映画ブログ更新
ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!

ページ: 1 2 3

関連記事

第89回アカデミー賞受賞予想①~外国語映画、長編ドキュメンタリー、長編アニメーション~

第89回アカデミー賞受賞予想① 今年もアカデミー賞のシーズンが やってきましたので、 順次予想

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】『グッド・タイム』目線の使い方が素晴らしい!

グッド・タイム(2017) GOOD TIME(2017) 監督:サフディ兄弟 出演:ロバ

続きを読む

映画芸術2016ベスト&ワースト映画! ワーストは「怒り」 そしてベストは…

2016年「映画芸術」ベスト&ワースト発表 さあさあ、映画人待望の映画芸術の ベストテン及び

続きを読む

第90回アカデミー賞受賞予想⑥~脚本・脚色賞~

第90回アカデミー賞受賞予想⑥~脚本・脚色賞~ 今回は、アカデミー賞作品賞を決めると言われる脚本・

続きを読む

【ネタバレ解説】『触手』は悦楽に溺れたメキシコ社会を反映したエロ映画だ!

触手(2016) 英題:THE UNTAMED 原題:La region salvaje

続きを読む

【第67回ベルリン国際映画祭(2017)】カウリスマキにホンサンスに「ローガン」!注目作紹介

第67回ベルリン国際映画祭 開催期間:2017年2月9日~2月19日 今年もベルリン国際映画祭

続きを読む

2014年BUNBUNのベスト10映画~家洋画部門~

1.ニンフォマニアック ラース・フォン・トリアーはこの映画を作るために今までのキャリアを踏んだらし

続きを読む

第37回ラジー賞 結果速報 「バットマンVSスーパーマン」とヒラリードキュメンタリーが最多4部門受賞

第37回ラジー賞受賞発表! 皆さん、明日は待望のアカデミー賞 授賞式ですが、何か忘れていませ

続きを読む

“Ç”第88回アカデミー賞予想~撮影賞&編集賞~ルベツキ前代未聞3年連続受賞!?

撮影賞 ・エド・ラチマン「キャロル」 ・ロバート・リチャードソン「ヘイトフル・エイト」 ・

続きを読む

2016年ブンブン映画ベストテン(新作邦画編) 1位は「何者」

2017年ブンブン映画ベストテン (新作邦画編) 今年は、異常な程 日本映画が豊作であった

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑