*

『恋は雨上がりのように』山口達也セクハラ事件後だからこそ観たい傑作!

『恋は雨上がりのように』山口達也セクハラ事件後だからこそ観たい傑作!

恋は雨上がりのように(2018)


監督:永井聡
出演:小松菜奈、大泉洋、
清野菜名、磯村勇斗、葉山奨之etc

評価:80点

傑作ボスラッシュな今週。観る予定はなかったのだが、映画仲間から、「ブンブンは雨上がり決死隊は観ないの?」と煽られた。どうやら予想に反して巷では好評らしい。何と言ってもブンブン、高校時代陸上部だった。定時に仕事終わったので、急遽観にいった。

『恋は雨上がりのように』あらすじ

眉月じゅんの同名コミックを映画化。靭帯損傷により、陸上部から遠ざかった女子高生・橘あきらはファミレスでアルバイトをしている。彼女は、実は恋心を抱いていた。しかし、その恋の相手は40代バツイチの店長だった。想いをなかなか伝えられない彼女。しかし遂に店長に告白する…

山口達也セクハラ事件後だからこそ観たい傑作!

期待はしていなかったが、これが大正解だった。『ジャッジ!』『世界から猫が消えたなら』『帝一の國』と毎度レベルアップしている永井聡がまたしてもフォースを覚醒させた!

小松菜々のスライディング&爆走クラッチングスタートから始まる。山戸結希映画のような鋭い音楽捌きに、こっこれは、、、と息を飲む。

そして、そのまま人物紹介のショット。長回しの中に登場人物の説明を封じ込める。無駄なく、全てをフレームに収める。圧倒的職人技だ。

ようやく始まる本編は、まさしく輝ける青春を象徴する陽光の下繰り広げられる。

そこには、単純な40代店長と10代女子高生の愛は描かれてなかった。

怪我で陸上部を去った女子高生、気まずさ、未練、後ろめたさ、モヤモヤした気持ちから逃避するようにバイトをし、店長に恋をしているのだ。ただ、これがなんとなくではなく、しっかりとした意志の上で店長に想いを寄せていることが段々と分かってくる。チャラい青春キラキラ映画だと侮るなかれ、反復、伏線、キャラクター配置が抜群。故に小松菜奈は、彼女のキャリア史上最も美しく清い、大泉洋も清い!応援したくなる。

しかし、御察しの通り叶うわけがない恋。難易度高すぎるラブアフェア。今や#MeTooや山口達也セクハラ事件等、少しでも粗相をすれば簡単に人生が破滅する時代。店長にとってはたまったもんじゃない。さあこの困った情事どう決着をつけるのか?それは映画を観てのお楽しみ。これ以上にない正解を映画は提示してくれます。

これは、デートで観ても良し、「おすすめな映画教えて!」と言われたら気軽におすすめできる作品だ!

ただ、唯一残念だったことがある。それは、肝心な陸上の試合描写がカット割り過ぎで、逃げてしまったこと。確かに、短距離走をリアルに描くのは難しい。ボディダブルを使っても、なかなか激戦を表現するのは困難だ。でも100m走をあそこまで逃げ腰で撮るとは、永井さん、何を恐れているのだ?躍動感を出せたはずだと思いました。

ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!
ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【myfff】『アヴァ AVA』盲目描写はアウトだが、映像が凄い!

アヴァ(2017) AVA(2017) 監督:レア・ミシウス 出演:Noée Abita、

続きを読む

【ネタバレ解説】『ピーターラビット』群兎の血が騒ぎ出す傑作!

ピーターラビット(2018) PETER RABBIT(2018) 監督:ウィル・グラック

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】「地獄門」日本で初めてパルムドールを獲った時代劇

地獄門(1953) 監督:衣笠貞之助 出演:長谷川一夫、京マチ子etc 評価:85点

続きを読む

【寅さんフルマラソン㊽】「男はつらいよ 寅次郎紅の花」衝撃の最終回

男はつらいよ 寅次郎紅の花(1995) 監督:山田洋次 出演:渥美清、 吉岡秀隆、倍賞千恵

続きを読む

【毎週インド映画1】『ダンガル きっと、つよくなる』最凶毒親映画

ダンガル きっと、つよくなる(2016) DANGAL(2016) 監督:ニテッシュ・ティワ

続きを読む

『レディ・バード』6/1日本公開グレタ・ガーウィグの受験映画

レディ・バード(2017) Lady Bird(2017) 監督:グレタ・ガーウィグ 出演

続きを読む

【ネタバレ解説】『夜明け告げるルーのうた』あり得ないほど近くそして遠い『崖の上のポニョ』

夜明け告げるルーのうた(2017) 仏題:Lou et l'Île aux sirènes 英題

続きを読む

【ネタバレ酷評】『パシフィック・リム:アップ・ライジング』結局、ボイエガだけで十分じゃん!

パシフィック・リム:アップ・ライジング(2018) Pacific Rim: Uprising(2

続きを読む

【アルベルト・セラ特集】『鳥の歌』+『キューバ・リブレ』スライムすら出てこない荒野を勇者は彷徨う

鳥の歌(2008) El Cent dels ocells(2008) 監督:アルベルト・セ

続きを読む

【ネタバレ酷評】『嘘八百』武正晴も足立紳も大手映画に堕ちた、、、

嘘八百(2018) 監督:武正晴 出演:中井貴一、佐々木蔵之介、友近etc 評価:25

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【デプレシャン特集3】『二十歳の死』パトリック、人生やめるってよ

二十歳の死(1991) La vie des morts(1991)

【ネタバレ】『オルエットの方へ』ジャック・ロジエ流《ゆるキャン△》

オルエットの方へ(1971) Du côté d'Orouët (1

【ネタバレ解説】『ワンダー 君は太陽』デッドプールに通じる顔キレイキレイ問題に迫る!?

ワンダー 君は太陽(2017) WONDER(2017) 監督

『ワンダー 君は太陽』原作はサブカル(スター・ウォーズネタ多め)全開だった件

『ワンダー 君は太陽』原作を読んでみた 昨日から、第90回アカデ

【毎週インド映画8】『ボンベイ to ナゴヤ』B級インド映画名古屋で大暴れ

ボンベイ to ナゴヤ(1993) BOMBAY TO NAGOYA

さらに過去の記事





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑