*

【MUBI】『昔のはじまり』ラヴ・ディアス驚異の5時間半

【MUBI】『昔のはじまり』ラヴ・ディアス驚異の5時間半

昔のはじまり(2014)
英題:From What Is Before
原題:Mula sa Kung Ano ang Noon


監督:ラヴ・ディアス
出演:Perry Dizon,Roeder,
Hazel Orencio etc

評価:75点

先日契約したマニア向けVODのMUBI。常時1ヵ月分のレア映画が観られるのだが、実は400円課金するとMUBI秘蔵の映画が観られる機能を発見した。ラインナップは、アピチャートポン・ウィーラセタクンの実験映画『ASHERS』やアベル・フェラーラのカルト映画『天使の復讐』、R.W.ファスビンダーの『不安と魂』、ブリュノ・デュモンの『欲望の旅』など日本では本当に視聴困難。輸入でも入手できないor高額な作品だらけだ。
そんな中に、フィリピンの怪物監督ラヴ・ディアスの作品が入っていた。彼の作品は3時間を超えるものが多く、DVD化もほとんどされていない(DVD Fantasiumで調べたところ、『立ち去った女』、『北(ノルテ)-歴史の終わり』はDVDが出ている)。

これは観るしか!ってことでこの前の週末に鑑賞した。

『昔のはじまり』あらすじ

1970年代。マルコス大統領の独裁の手が忍び寄る時代。フィリピンの辺境のとある村。少女は狂い、人々は倒れ、家が火事になり不穏な事件が相次いでいた。やがて、マルコス大統領が戒厳令を発令。田舎の村にも軍が配備され、人々は行動が制限、居住区も追い出される羽目になる。

時間が語る歴史の変遷

ラヴ・ディアスは一貫して《時間》と《歴史》の関係を描いている。4時間、時には8時間と通常の映画の尺を超えた時間をかけてゆっくりと変化する歴史を紡ぎ出す。一見、関係のない場面に見えても、最後の最後で非常に強い結びつきが見えてくる。これは、ラヴ・ディアスが独裁による混沌の歴史的変遷を歩んだフィリピンという国を世界に、後世に伝えていこうとする意思が貫かれている為だと言えよう。中々日本にいると感じることのできない、フィリピン庶民が常に味わう辛酸。それはテレビ番組は、2時間の映画で描かれるフィリピンの貧困像では決して味わえぬ苦汁をラヴ・ディアスは我々に提供してくれる。

そんな彼が『昔のはじまり』で魅せてくれたのは、独裁政治の闇が田舎の限界集落へ伝播していく様子だ。時は1970年から物語が始まる。草原をカメラは映す。フィックスで延々と映し出される草原。段々と、白い服を着た人が一人、また一人と増えていく。そしてゆっくりと、ゆっくりとカメラの方へ向かっていく。そしてやがて観客は気づく。病に冒された女性を運んでいるんだと。そして、儀式の間が映し出される。住民が、その村土着の楽器を奏で、踊り子が舞う。そこに雨音と森林の騒めきが共鳴する。幻想的な儀式が展開される。

観る者を高揚させる儀式。現地民の祈りと叫びが10分近く続くのだが、物語は、その村の信仰を徹底的に潰していくのだった。

オツムの弱い女性は、突然叫び出し自分を傷つける。村人は献身的に介護するが、全くもって治る兆しが見えない。村人は次々と倒れるし、突然火事にもなる。村人同士不信感が募り、暴行事件まで起きてしまう。この、不気味な雰囲気はミヒャエル・ハネケの『白いリボン』を彷彿とする。

観客は、何もヒントがなく、ただただ不条理が支配するこの世界になんなんだと思う。1時間、2時間、3時間経てどもマルコス政権との関係が見えなくフラストレーションすら溜まってくる。そしてようやく、3時間20分経過したあたりで、この村に軍人が駐留しはじめる。一度始まったら、勢いのまま。軍の横暴で直接的な理不尽が爆発する。5時間半のラヴィ・ディアスが導く過去の旅は、1970年代のフィリピンの闇を時間的体感と共に体験させてくれる者だった。

とはいえ、『痛ましき謎への子守唄』や『立ち去った女』と比べると物語的面白さには欠けている気がした。この2作品は、登場人物同士のアンサンブルがよくできている。特に後者は、バロット売りや魔性のドラッグクイーンの扱い方にキレがあった。そういったキレのあるキャラクター配置に弱く、発狂する女、軍人、先生といったキャラクターを並べているだけに過ぎなかった。

また、終盤で燃ゆる筏が川を流れるシーンがあるのだが、上手く筏が流れなかったのであろう。筏がカメラの手前に流れ着くまでのシークエンスを中途半端にカットし繋ぎ合わせてしまっている。あれだけ、時間を意識した演出をしていたのに、最後の最後で妥協してしまっているのがかなり痛い。

とはいえ、3作しかラヴ・ディアスの作品を観ていないが、本作での反省点がしっかりと『痛ましき謎への子守唄』や『立ち去った女』へと活かされて、キレが増している気がした。

今年ベルリン国際映画祭で出品された新作『ANG PANAHON NG HALIMAW』はロックオペラだそうだ。『昔のはじまり』のミュージカルシーンはサイコーだった。この高揚が4時間も味わえるとは、こりゃ楽しみだ。是非とも東京国際映画祭で上映してほしい。有給取ってでも観に行きたい。

ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!
ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【ハル・ハートリー特集】『ヘンリー・フール』ポエムを魅せないポエム映画

ヘンリー・フール(1997) HENRY FOOL(1997) 監督:ハル・ハートリー 出

続きを読む

『顔たち、ところどころ』日本公開9月アニエス・ヴァルダのアートツアー

顔たち、ところどころ(2017) 原題:Visages Villages 英題:Faces Pl

続きを読む

『サファリ SAFARI』現実世界のモンスターハンターに驚愕必至!

サファリ(2016) SAFARI(2016) 監督:ウルリヒ・ザイドル 評価:80点

続きを読む

“Ç”第88回アカデミー賞予想~衣装デザイン、メイキャップ&ヘアスタイリング賞~

衣裳デザイン賞 ・サンディ・パウエル「キャロル」 ・サンディ・パウエル「シンデレラ」 ・パ

続きを読む

【TIFFネタバレ】『シェイプ・オブ・ウォーター』のミュージカル映画シーンについて考察

『シェイプ・オブ・ウォーター』を考察 昨日、東京国際映画祭で観たギレルモ・デル・トロ監督作にし

続きを読む

『南瓜とマヨネーズ』音を奏でぬ音楽映画、それは毒々モンスターラ・ラ・ランド

南瓜とマヨネーズ(2017) 監督:冨永昌敬 出演:臼田あさ美、太賀、 清水くるみ、光石研

続きを読む

カイエ・デュ・シネマ ベストテン2016発表!1位は「トニ・エルドマン(TONI ERDMANN)」

カイエ・デュ・シネマ2016発表 フランスの老舗映画誌 カイエ・デュ・シネマが今年の ベストテ

続きを読む

【寅さんフルマラソン㊴】「男はつらいよ 寅次郎物語」寅さん子育て能力向上

男はつらいよ 寅次郎物語(1987) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 五月みどり, 倍賞

続きを読む

【酷評】『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』キネ旬1位作品は詩と映画を履き違えた最高密度の駄作だ

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2017) 監督:石井裕也 出演:石橋静河、池松壮亮、

続きを読む

“Ç”87回アカデミー賞予想3:俳優部門

主演男優賞ノミネート一覧 1.スティーヴ・カレル 「フォックスキャッチャー」 2.ブラッド

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【カンヌ国際映画祭特集】「リアリティー」ゴージャスすぎて怖すぎるホラー

リアリティー(2012) REALITY(2012) 監督:マ

【ネタバレ解説】『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ 拉麺大乱』には我々が観たかった『カンフー・ヨガ』がある

映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ 拉麺大乱(2018)

【アンジェイ・ズラウスキー特集】『悪魔』監督2作目にしてFPS視点を発明!

悪魔(1972) Le Diable(1972) 監督:アンジ

【アンジェイ・ズラウスキー特集】『夜の第三部分』男は女の幻影を観てシラミ工場へ

夜の第三部分(1972) Trzecia część nocy(19

『アレッポ 最後の男』この世界の片隅にある地獄

アレッポ 最後の男(2017) 原題:آخر الرجال في ح

さらに過去の記事





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑