*

第67回ベルリン国際映画祭(2017)受賞結果 金熊賞はハンガリー版君の名は。「Teströl és lélekröl」

第67回ベルリン国際映画祭(2017)受賞結果 金熊賞はハンガリー版君の名は。「Teströl és lélekröl」

第66回ベルリン国際映画祭受賞結果

金熊賞:
Teströl és lélekröl

監督:イルディゴ・エンエディ

「私の20世紀」でカンヌ国際映画祭
カメラドールを獲った
ハンガリーのイルディゴ・エンエディ
監督が18年ぶりに撮った長編映画。
あらすじを読むと、どうやら
君の名は。」っぽいストーリー。
何年もの間夢の中で出会う男性と
現実世界で出会った女性の話らしい。
監督は日本では無名だが、
この手の作品が好きな日本なら
需要はあるはず。

ベルリン国際映画祭ものの
配給が遅れがちな日本だが、
この作品は早めの日本公開を
お願いしたい。

金熊名誉賞:ナンサン・シー、
ジェフリー・ラッシュ、
Samir Farid

審査員グランプリ:
Félicité

監督:Alain Gomis
ヨーロッパの三大映画祭が
いかにも好きそうな
シリアスドラマ。
交通事故に遭った
息子の手術代を
稼ぐために
タブーを犯してしまう
母親を描いた作品。

監督賞:
アキ・カウリスマキ
(Toivon tuolla puolen)

フィンランドの巨匠
アキ・カウリスマキ引退作品。
「ル・アーヴルの靴みがき」に
次ぐ移民を描いた作品との
こと。東京国際映画祭
ディレクターの矢田部さんも
絶賛していただけに、
日本公開が楽しみ♪

ユーロスペースよ
早めに公開よろしくお願いします。

男優賞:
Georg Friedrich
(Helle Nächte)

監督:トーマス・アルスラン

日本では知名度は低いが、
ベルリン国際映画祭
常連監督トーマス・アルスラン
監督のドイツ・ノルウェー合作。
親子の関係を取り戻す
ロードムービー。

女優賞:
キム・ミニ(“On the Beach at Night Alone”)

監督:ホン・サンス

恐らく、東京国際映画祭には
招待されるだろう。
ディレクターの矢田部さんが、
とにかくキム・ミニの
演技をベタ褒めしていました。
いつものホン・サンスらしい
挑戦的な作りが特徴的
らしいので楽しみ。

脚本賞:
“Una mujer fantástica”

監督:セバスチャン・レリオ

グロリアの青春」の
チリ監督レリオの新作。
トランスセクシャルのシンガーが
パートナーの死をきっかけに
トラブルに巻き込まれるサスペンス。
「グロリアの青春」同様、
生々しい性描写がありそうな作品。

芸術貢献賞:
“Ana,mon amour”

監督:カリン・ピーター・ネッツァー

「私の、息子」で金熊賞を
受賞したルーマニアの
ネッツァー監督作品。
母の精神病のせいで
関係が崩れていく
カップルを描いた作品。

アルフレッド・バウアー賞:
“Pokot”

監督:アニエスカ・ホランド

「ソハの地下水道」のホランド監督
最新作。
連続殺人を捕まえようとする、
元エンジニアの女性教師を
描いたサスペンス。

関連記事

第67回ベルリン国際映画祭作品一覧
第66回ベルリン国際映画祭受賞結果

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

2016年ブンブン映画ベストテン(旧作邦画編) 1位は「サウダーヂ」

2017年ブンブン映画ベストテン (旧作邦画編) 今年は、就活ということもあり、 また基本

続きを読む

“Ç”第89回キネマ旬報ベストテン発表!日本映画編 1位は案の上「恋人たち」

2015年第89回キネマ旬報ベストテン日本映画部門 さて、映画ファン毎年お待ちかね、 キネマ

続きを読む

【毎週インド映画2】『サラーム・ボンベイ!』踊らぬインド映画の傑作

サラーム・ボンベイ!(1988) SALAAM BOMBAY!(1988) 監督:ミーラー・

続きを読む

“Ç”87回アカデミー賞予想1:作品賞&監督賞

YOU DO BIRDMAN! 今年もアカデミー賞予想の シーズンがやって来ました(^^)

続きを読む

カイエ・デュ・シネマ ベストテン2016発表!1位は「トニ・エルドマン(TONI ERDMANN)」

カイエ・デュ・シネマ2016発表 フランスの老舗映画誌 カイエ・デュ・シネマが今年の ベストテ

続きを読む

第90回アカデミー賞で受賞した短編映画を観てみた

第90回アカデミー賞で受賞した短編映画を観てみた 先日開催された第90回アカデミー賞。アカデミー賞

続きを読む

第37回ラジー賞 結果速報 「バットマンVSスーパーマン」とヒラリードキュメンタリーが最多4部門受賞

第37回ラジー賞受賞発表! 皆さん、明日は待望のアカデミー賞 授賞式ですが、何か忘れていませ

続きを読む

“Ç”第88回アカデミー賞予想~撮影賞&編集賞~ルベツキ前代未聞3年連続受賞!?

撮影賞 ・エド・ラチマン「キャロル」 ・ロバート・リチャードソン「ヘイトフル・エイト」 ・

続きを読む

2016年ブンブン映画ベストテン(新作邦画編) 1位は「何者」

2017年ブンブン映画ベストテン (新作邦画編) 今年は、異常な程 日本映画が豊作であった

続きを読む

“Ç”ブンブン映画ランキング2015家邦画部門、1位は邦画なのに日本未公開のあの作品

ブンブン映画ベストテン2015家邦画 今年は巨匠のちょっぴり隠れた名作に 恵まれた。黒澤明、

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑