*

【速報】第90回アカデミー賞(2018)受賞結果 作品賞は『シェイプ・オブ・ウォーター』

【速報】第90回アカデミー賞(2018)受賞結果 作品賞は『シェイプ・オブ・ウォーター』

第90回アカデミー賞受賞結果速報

※随時更新中

さあ、この日がやってきました第90回アカデミー賞授賞式。今年は、ここ10年で一番ハラハラドキドキする年だ。何と言っても、ここまで作品賞何が獲るのかわからない年は珍しい。最有力候補の『スリー・ビルボード』『シェイプ・オブ・ウォーター』はどちらもフォックス・サーチライト制作。票が割れて、ダークホース『ゲット・アウト』や『レディ・バード』が獲る可能性がある。統計的に観ると、脚本賞をほぼ確実に獲るであろう『スリー・ビルボード』が受賞するはずなのだが、それすら怪しい。それでは結果を見ていきましょう。

※青くなっている部分をクリックすると、レビューに飛べます。

作品賞BEST PICTURE

作品賞ノミネート一覧


1.『シェイプ・オブ・ウォーター(The Shape of Water)
2.『スリー・ビルボード(Three Billboards Outside Edding, Missouri)
3.『ダンケルク(Dunkirk)
4.『ゲット・アウト(Get Out)
5.『レディ・バード(Lady Bird)』
6.『君の名前で僕を呼んで(Call Me by Your Name)』
7.『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(The Post)』
8.『ファントム・スレッド(PHANTOM THREAD)』
9.『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男(DARKEST HOUR)』

作品賞は『シェイプ・オブ・ウォーター』が受賞

なんと激闘を制したのは『シェイプ・オブ・ウォーター』。『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』以来のファンタジー映画の受賞となった。そして、2011年の『アーティスト』以来の脚本賞も脚色賞も受賞していない作品の受賞となった。すげーデル・トロ!

監督賞BEST DIRECTOR

監督賞ノミネート一覧


1.ギレルモ・デル・トロ『シェイプ・オブ・ウォーター』
2.ポール・トーマス・アンダーソン『ファントム・スレッド』
3.クリストファー・ノーラン『ダンケルク』
4.グレタ・ガーウィグ『レディ・バード』
5.ジョーダン・ピール『ゲット・アウト』

監督賞はギレルモ・デル・トロ(『シェイプ・オブ・ウォーター』) が受賞

 
脚色賞をジョーダン・ピール『ゲット・アウト』が獲って冷や汗ものでしたが、無事受賞しました。オタクの鏡素晴らしいぞ!

主演男優賞BEST ACTOR

主演男優賞ノミネート一覧


1.ゲイリー・オールドマン『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』
2.ティモナ・シャラメ『君の名前で僕を呼んで』
3.ダニエル・カルヤ『ゲット・アウト』
4.ダニエル・デイ=ルイス『ファントム・スレッド』
5.デンゼル・ワシントン『Roman J.Israel, Esq.』

主演男優賞はゲイリー・オールドマン(『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』)が受賞

セクハラ魔女狩りに耐え、ゲイリー・オールドマンが受賞。

主演女優賞BEST ACTRESS

主演女優賞ノミネート一覧


1.フランシス・マクドーマンド『スリー・ビルボード』
2.サリー・ホーキンス『シェイプ・オブ・ウォーター』
3.マーゴット・ロビー『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』
4.シアーシャ・ローナン『レディ・バード』
5.メリル・ストリープ『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』

主演女優賞はフランシス・マクドーマンド『スリー・ビルボード』が受賞

フランシス・マクドーマンド、『ファーゴ』以来二度目の受賞。サリー・ホーキンスに勝利!

助演男優賞BEST SUPPORTING ACTOR

助演男優賞ノミネート一覧


1.サム・ロックウェル『スリー・ビルボード』
2.ウィレム・デフォー『フロリダ・プロジェクト』
3.ウディ・ハレルソン『スリー・ビルボード』
4.リチャード・ジェンキンス『シェイプ・オブ・ウォーター』
5.クリストファー・プラマー『All the Money in the World』

助演男優賞は
サム・ロックウェル『スリー・ビルボード』が受賞

順当にサム・ロックウェルが受賞。これは当然の結果と言えよう。あんなに暴力的で意地悪でチャラい警官に段々と心奪われていく。そして終盤に明らかにされる彼の性格のルーツがわかった際の鳥肌は尋常じゃなかった。大胆かつ繊細な演技。これはアカデミー賞助演男優賞は当然でしょう。

助演女優賞BEST SUPPORTING ACTRESS

助演女優賞ノミネート一覧


1.アリソン・ジャネイ『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』
2.ローリー・メトカーフ『レディ・バード』
3.メアリー・J・ブライジ『マッドバウンド』
4.オクタビア・スペンサー『シェイプ・オブ・ウォーター』
5.リズリー・マンヴィル『ファントム・スレッド』

助演女優賞はアリソン・ジャネイ『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』が受賞

前哨戦通り、アリソン・ジャネイが受賞。予告編からじゃわからない…日本公開5/4

脚本賞BEST ORIGINAL SCREENPLAY

脚本賞ノミネート一覧


1.ギレルモ・デル・トロ『シェイプ・オブ・ウォーター』
2.エミリー・V・ゴードン/クマイル・ナンジャーニ『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』
3.マーティン・マクドナー『スリー・ビルボード』
4.グレタ・ガーウィグ『レディ・バード』
5.ジョーダン・ピール『ゲット・アウト』

脚本賞はジョーダン・ピール『ゲット・アウト』が受賞

まさかのダーク・ホース『ゲット・アウト』が受賞!あれだけ前哨戦で『スリー・ビルボード』 が勝っていただけに衝撃だ。ちなみにホラー映画で脚本賞を受賞したのは初めて。『羊たちの沈黙』『エクソシスト』は脚色賞で受賞している。

脚色賞BEST ADAPTED SCREENPLAY

脚色賞ノミネート一覧


1.アーロン・ソーキン『モーリーズ・ゲーム』
2.スコット・ノイスタッター/マイケル・H・ウェバー『The Disaster Artist』
3.ディー・リーズ/ヴァージル・ウィリアムス『マッドバウンド』
4.ジェームズ・アイボリー/ルカ・グァダニーノ/ヴァルテル・ファサーノ『君の名前で僕を呼んで』
5.マイケル・グリーン/スコット・フランク/ジェームズ・マンゴールド『LOGAN/ローガン』

脚色賞は
ジェームズ・アイボリー/ルカ・グァダニーノ/ヴァルテル・ファサーノ
『君の名前で僕を呼んで』が受賞

『モーリス』のジェームズ・アイボリーがルカ・グァダニーノと共に作り出す耽美的な世界が受賞。

→NEXT:技術賞

ページ: 1 2 3

関連記事

“Ç”ブンブン映画ランキング2015家邦画部門、1位は邦画なのに日本未公開のあの作品

ブンブン映画ベストテン2015家邦画 今年は巨匠のちょっぴり隠れた名作に 恵まれた。黒澤明、

続きを読む

【TIFF2017】「レット・ザ・サンシャイン・イン」クレール・ドゥニの観る官能小説

レット・ザ・サンシャイン・イン(2017) 英題:Let the Sunshine In 原題

続きを読む

【ハル・ハートリー特集】『ネッド・ライフル』ベタなエディプス・コンプレックスなのだが…

ネッド・ライフル(2014) NED RIFLE(2014) 監督:ハル・ハートリー 出演

続きを読む

“Ç”【速報】第69回カンヌ国際映画祭受賞結果パルムドールは「I,Daniel Blake」ケン・ローチ渾身の新作

第69回カンヌ国際映画祭受賞結果 パルム・ドール:I, Daniel Blake ケン・ローチ渾身

続きを読む

第90回アカデミー賞で受賞した短編映画を観てみた

第90回アカデミー賞で受賞した短編映画を観てみた 先日開催された第90回アカデミー賞。アカデミー賞

続きを読む

【賞賛】『ナチュラルウーマン』にアカデミー賞外国語映画賞獲ってもらいたい!

ナチュラルウーマン(2017) 原題:Una Mujer Fantástica 英題:A Fan

続きを読む

“Ç”第88回アカデミー賞予想~長編アニメーション賞&美術賞~

長編アニメーション賞 思い出のマーニー インサイド・ヘッド [su_youtube u

続きを読む

【釜山国際映画祭・ネタバレ考察】『マンタレイ』ベルイマンの『仮面/ペルソナ』から読み解いてみる

【釜山国際映画祭・ネタバレ考察】『マンタレイ』変身が2つを1つにする ※本記事は『マンタレイ』のネ

続きを読む

【絶賛】『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2 後編』全日本人注目ナオトのコミュ力!

ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2 後編(2018) 監督:加藤肇 出演:ナオト

続きを読む

『リバーズ・エッジ』グザヴィエ・ドラン譲りのアスペクト比マジックが生む閉塞感の解放

リバーズ・エッジ(2018) RIVER'S EDGE(2018) 監督:行定勲 出演:二

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑