【隠れたアカデミー賞候補作】「13th-憲法修正第13条-」、「バース・オブ・ネイション」公開延期になった今観るべきドキュメンタリー

13th-憲法修正第13条-(2016)
13th(2016)

13th

監督:エヴァ・デュヴァルネ

評価:55点

アカデミー賞シーズンに
入ってきて、映画ファンは
盛り上がりを魅せている。
今年の作品賞は、
大手のライバルが極端に
少なく、

「ラ・ラ・ランド」
一人勝ち
(有力候補の
「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
「ムーンライト」
はインディーズなので
厳しい。)
だろうとなっており、
あまり面白くない激戦になりそうだ。

しかし、今回
長編ドキュメンタリー部門の
予想が少し難しそうである。

「國民の創生」に闘いを挑んだ
「バース・オブ・ネイション」

監督のレイプ事件発覚で
公開延期&アカデミー賞入り
不可能となった為か、
長編ドキュメンタリー部門で
強力な黒人映画が3本もある。
それが
「O.J.:MADE IN AMERICA」
「I Am Not Your Negro」
「13th-憲法修正第13条-」

だ。

なんと、NETFLIXで
「13th-憲法修正第13条-」は
観られるとのことなので
実際に観てみましたよ。

「13th-憲法修正第13条-」概要

グローリー

」でアカデミー賞作品賞に
ノミネートされたアフリカ系
アメリカ人女性監督
エヴァ・デュヴァルネの
ドキュメンタリー。

アメリカの人口は全世界の人口のわずか
5%にも関わらず、
刑務所収監人数は全世界の20%を占める
異常な状態となっている。

実際に調べて観ると、
リンカーン大統領が制定した
憲法修正第13条の例外に
問題があることがわかる…

例外という抜け穴

憲法修正第13条というのは、
「何人たるもの奴隷的拘束を
してはならない、
ただし犯罪者を除く」

というものである。

リンカーン大統領は、
南部の黒人奴隷を
どうにかして開放しようと
憲法整備した。
しかし、一見普通、
必然的とも呼ばれる
例外が今でも悪用されている
とのことが本作を観て分かる。

軽度な麻薬所持でも
簡単に逮捕し、
無期懲役になる仕組みが
できてしまったのである。

しかも、刑務所は
民営化されているので、
犯罪者を更生させるのが
目的なのに、
利益第一で、
食品会社や
セキュリティ会社と
Win-Winの関係を
築きあげ、
とにかく常に
刑務所に
犯罪者が満ちあふれている
ような状況を維持する
社会システムができあがって
しまったのだ。

正直、鳥肌が立った。
麻薬所持で捕まったのなら、
中毒を治すのが刑務所の
仕事なのに、
利益を生む道具として
使われているのだ。

ドキュメンタリーとしては
軸がずれている

日本からは見えてこない、
アメリカの犯罪と社会の
関係性をわかりやすく
解説しているのは非常に
興味深かったのだが、
どうも軸がずれているような気がした。

憲法の例外のせいで悪化した黒人差別
という軸と、刑務所システムの
批判を同時にしており、
あたかも憲法のせいで
黒人が不当逮捕されている
ように見えた。

確かに、間違ってはいないが、
刑務所システムの問題は
黒人だけの問題ではないはず。

監督が黒人だからというのも
あるのだが、論理よりも
感情が先に出てしまっていて
惜しい作品でした。

とはいえ貴重なドキュメンタリーなので
Netflix契約している人は必見です!

ブロトピ:映画ブログ更新

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です