*

【ネタバレ考察】『A GHOST STORY』賛否両論A24が放つカルト映画

【ネタバレ考察】『A GHOST STORY』賛否両論A24が放つカルト映画

ア・ゴースト・ストーリー(2017)
A GHOST STORY(2017)


監督:デヴィッド・ローリー
出演:ケイシー・アフレック、
ルーニー・マーラetc

評価:90点

アメリカのIMDbのレビューを読んでいたら、『ラ・ラ・ランド』以上に賛否が分かれに分かれ戦争状態になっている作品を見つけた。その名も『A GHOST STORY』。『ピートと秘密の友達』のデヴィッド・ローリー監督が撮ったアート映画で、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』のケイシー・アフレックか布を被ったレトロなおばけ役を演じた異色作だ。

またアカデミー賞を作品賞を獲った『ムーンライト』のA24製作というところもミソ。『スプリング・ブレイカーズ』『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』『スイス・アーミー・マン』とトリッキーなカルト映画を多数製作する会社が新たにカルト映画を爆誕させたのだ!

ってことで観てみました。これは事前知識入れない方が良いので、これから観る人はそっとこのページを閉じて下さい。どうやら配給が決まったようなので、来年には観られると思います。

『A GHOST STORY』あらすじ

ミュージシャンのCは交通事故で死んでしまう。すると、布を被ったおばけに変身。とは言っても、人間には見えない。彼はMを見守る為に家を徘徊するのだが…

そして概念になる作品

本作はホラー映画ではありません。言うならば、『インターステラー』のラスト30分を90分に引き延ばした作品だ。交通事故で亡くなった夫が、おばけとして人間だった頃の妻との思い出を成仏していくお話。おばけになったケイシー・アフレックは、時を駆けながら未練を浄化していく。

また、ケイシー・アフレック扮するこのおばけは話しません。ただ、妻の横に立っているだけです。5分近く、ルーニー・マーラ扮する妻が自暴自棄で飯を食いまくる横で、このおばけが立っている。人によっては退屈するでしょう。実際にIMDbのレビューで酷評する方は、このワンシーンワンシーン長々と撮る手法に「退屈だ」「オーマイゴースト!」とヤジを入れていました。

個人的には、この時間的長さが重要だと言える。人は大事なものを失ったとき、簡単に立ち直ることができない。通常の映画だったら、人間の立場でこの苦痛を描くのだが(それこそ『マンチェスター・バイ・ザ・シー』がその典型)、本作はこの世を去った者からこれをじっくり描いていく。それも、台詞はほとんどなく、ルーニー・マーラとケイシー・アフレックの立ち位置だけで表現しようとする画期的な作品だ。

そして、時を駆ける描写を入れることで、哀しみの忘れ方を概念としてしっかり説明することに成功している。人は哀しみに暮れると、過去や未来、そして現在がごちゃ混ぜになっていく。その混沌を超えたとき、自分を浄化することができる。これを、おばけに置き換えて演出することでユニーク且つ説得力をもった形となる。

それこそ、ケイシー・アフレック扮するおばけは、事故を起こす前に妻にこんな手紙を置いている。

M
I’m so very sorry.
Please call me if you need me.

Love.
Linda.

P.S. Let me know when if would the good to send over a painter for an estimate.

訳:
M(奥さんの名前)
マジでゴメン。
必要になったとき、俺を呼んでくれ。

愛しているからさ。
リンダを。

P.S.
画家に送る見積もりを教えてくれ。もし良いのがいたら。

つまり、おばけは事故を起こす前に、妻に別れの手紙を置いている。しかしながら、新しいカノジョ、リンダのところに行くことなく、死亡してしまう。おばけになった時、妻との楽しい思い出、そして妻が自分のことを哀しんでいることを知り、手紙を撤回したいと思う。そして何十年、何百年、何千年経っても後悔は言えない。だからこそラスト、溝に挟まった手紙自分の手で回収した時、無事に成仏できたと考えられる。

無神論者の意味

本作の最大のもう一つ論争を生んでいるところは、無神論者の配置だ。5分近く、無神論者がベートーベンの交響曲第9番の話を引き合いに、「神などいない」と厭と言うほど連呼するシーンがある。無神論者の話を、超能力も使えるようになったおばけの前で展開するユーモアさはもちろん。インテリぶっているが、自分の知識の外側に真実があることのある種皮肉になっているとも考えられる。

長々と「静」の描写が続く中、この「動」の描写を盛り込んだのは英断だと感じた。

好き嫌いは分かれると思うが、ブンブンはメチャクチャ好きな映画であった。

Dark Roomsの主題歌『I Get Overwhelmed』が神曲ですぞ!

ブロトピ:映画ブログ更新
ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!

関連記事

第74回ヴェネチア国際映画祭(2017)作品リスト発表!是枝裕和、北野武、ジョージ・クルーニーetc

第74回ヴェネチア国際映画祭作品リスト次々発表 ベルリン、カンヌと並ぶ世界三大映画祭の一つ

続きを読む

“Ç”河瀬直美新作「あん」急遽カンヌ出品!!

公式セクション追加作品発表 (クリックすると画像が拡大表示されます。) 4/23(木)、

続きを読む

”Ç”伝統芸能に惑わされるな「黒衣の刺客」

黒衣の刺客(聶影娘) 監督:侯孝賢(ホウシャオシェン) 出演:スー・チー、妻夫木聡etc 評価:4

続きを読む

”Ç”佐藤浩市TSUM TSUMに挑戦w「愛を積む人」

愛を積む人 監督:朝原雄三 出演:佐藤浩市、樋口可南子、北川景子、野村周平、柄本明etc 評価

続きを読む

“Ç”【リービ英雄ゼミ】三島由紀夫「憂国」映画版が凄い件

憂国(1966) 監督:三島由紀夫 出演:三島由紀夫、鶴岡淑子etc 評価:80点 ブン

続きを読む

“Ç”【ネタバレ&解説】「TOO YOUNG TO DIE若くして死ぬ」良くも悪くも学園祭ムービー

TOO YOUNG TO DIE! トゥー・ヤング・トゥー・ダイ 若くして死ぬ(2016)

続きを読む

【ドグマ95研究】「The King is Alive」砂漠のど真ん中でもっとやることあるだろうww

The King is Alive(2000) 監督:クリスチャン・レヴリング 出演:ジェニファ

続きを読む

“Ç”「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」じいじの最後の尽力 

Mr.ホームズ 名探偵最後の事件(2015) Mr.Holmes(2015) 監督:ビル・コ

続きを読む

“Ç”「スポットライト 世紀のスクープ」つまらなそう?いやいやこれが凄いんです!

スポットライト 世紀のスクープ SPOTLIGHT 監督:トム・マッカーシー 出演:マーク

続きを読む

フランス映画「憎しみ(1995)」

監督:マチュー・カソヴィッツ 出演:ヴァンサン・カッセル、ユベール・クンデetc 最近、「10

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【酷評】『GODZILLA 怪獣惑星』が実質『パシフィック・リム:アップライジング』の続編だった件

GODZILLA 怪獣惑星(2017) 監督:静野孔文,瀬下寛之

【解説】『エンドレス・ポエトリー』はホドロフスキー版『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』だ!

エンドレス・ポエトリー(2016) 原題:Poesia Sin Fi

【ネタバレなし解説】『全員死刑』を今、映画館で観なければいけない5の理由

全員死刑(2017) 監督:小林勇貴 出演:間宮祥太朗,毎熊克

『垂直のまま(RESTER VERTICAL)』日本公開不可能?局部の国のアリス

垂直のまま(2016) 原題:RESTER VERTICAL 英題

【寅さんフルマラソン㉚】「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」沢田研二夫婦出現!

男はつらいよ 花も嵐も寅次郎(1982) 監督:山田洋次 出演

さらに過去の記事





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑