*

「ピートと秘密の友達」タイミングが悪すぎたオオカミ少年もの

「ピートと秘密の友達」タイミングが悪すぎたオオカミ少年もの

ピートと秘密の友達(2016)


監督:デヴィッド・ロウリー
出演:ブライス・ダラス・ハワード,
オークス・フェグリー,
ロバート・レッドフォードetc

評価:50点

今年は何故か、
「アーロと少年」
「ターザン:REBORN」
「ジャングル・ブック」

と野生児ものが流行っている
らしい。
そして、ディズニーは
なんと今年2度目の
野生児ものを
ぷっぱなした。

それが「ピートと秘密の友達」である。
「セインツ-約束の果て-」
デヴィッド・ロウリーが
メガホンを取り描く
この野生児ものはいかに…

「ピートと秘密の友達」あらすじ

森にドライブ中、事故で家族を
失ったピートは森の中で
6年間ドラゴンのエリオット
と暮らしていた。

そんなある日、森林伐採により
人間に見つかってしまい…

スピルバーグのぬくもりを感じる

本作は1970~1980年代の
ファンタジー映画
へ愛を捧げた作品だ。

怪物を通じて描かれる家族愛、
そして怪物と心を通わせていく
人々、そうスティーヴン・
スピルバーグが「未知との遭遇」
「ET」で描いてきたぬくもりを
2016年に再生させようとした
話なのだ。

主人公ピートの悲劇的すぎる
事故、あまりにも美しくも
残酷な描写から始まり
つかみは抜群。

これはまさかの傑作かと思われたのだが…

ドラゴンが苦手&既視感

ブンブンの心が全然引き込まれなかったのだ。
原因は2つある。

1つはドラゴンのエリオットの
造型が微妙過ぎた点にある。
ディズニーにしては珍しく、
可愛さも気持ち悪さも吹っ切れる
ことのない中途半端な
このエリオットという
キャラクターに全く興味が
抱けなかったのが大きい。

透明化能力も、
エリオットらしい、
エリオットだからこそ持っている魔法
みたいな必然性を感じ取ることが
出来ずにただただ宙ぶらりんに
なっている印象を受けた。

また、火を吐く描写も
人々に恐怖を植え付けるには
中途半端で、
「アイアン・ジャイアント」や
「ヒックとドラゴン」
を観ている
身としては受け入れがたいものだった。

2つ目は既視感である。
タイミングの問題もあるのだが、
「ジャングル・ブック」等の
そこら辺の野生児ものと
大差ない。独自性が希薄だった
ことも大きい。

決して悪くはないのだが、
全てがどこかで観たような
シチュエーションのつぎはぎで、
観ていて正直退屈してしまった。

なので、個人的に
全然嵌まらなくガッカリした作品でした。

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【ネタバレなし】「ミッドナイト・スペシャル(Midnight Special)」アート系B級映画の新鋭J・ニコルズが撮る「未知との遭遇」

北欧で観た映画2: ミッドナイト・スペシャル(2016) Midnight Special(20

続きを読む

“Ç”その男、意識高いにつき「ヒポクラテスの子供達」

フランコフォニー映画祭でアンジェ大ヒット映画「HIPPOCRATE」 先日、アンスティチュフランセ

続きを読む

「美女と野獣(2017)」ディズニーがコクトー版に愛を捧げた!?見事な脱構築ファンタジー

美女と野獣(2017) Beauty and the Beast(2017) 監督:ビル・コ

続きを読む

2016年秋岩波ホール上映決定「とうもろこしの島」ジョージア産アート映画パリUGC CINÉ CITÉにて

パリChâtelet-Les hallの駅地下に 映画館がある。 ブンブン切望するUGC系列

続きを読む

CHE BUNBUN戦争映画ベストテン!一位は「炎628」

はてなブログ企画! 戦争映画ベストテン! はてなブログで今、 「男の魂に火をつけろ! <戦争映画ベス

続きを読む

「トゥー・ラバーズ」ホアキン・フェニックスがドストエフスキー感を醸し出す…

トゥー・ラバーズ(2008) TWO LOVERS(2008) 監督:ジェームズ・グレイ

続きを読む

“Ç”超トリッキーな少女マンガもの「orange」

orange 監督:橋本光二郎 出演:土屋太鳳、山崎賢人、竜星涼、山崎紘菜、桜田通etc

続きを読む

TIFF2016鑑賞記録8『鳥類学者』そして神になる!ポルトガルの鬼才が送るゲテモノ映画

鳥類学者(2016) O Ornitologo(2016) 監督:ジョアン・ペドロ・ロドリゲ

続きを読む

“Ç”王道…しかし泣ける細田版ベスト・キッド「バケモノの子」

バケモノの子(THE BOY AND THE BEAST) 監督:細田守 声の出演:宮崎あお

続きを読む

TIFF2016鑑賞記録14「14の夜」レンタルビデオ屋のワクワク味わえる足立紳監督デビュー作

14の夜(2016) 監督:足立紳 出演:犬飼直紀、光石研、濱田マリetc 評価:80

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人2年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレ】『グッバイ・クリストファー・ロビン』くまのプーさんには黒歴史が…あった…

グッバイ・クリストファー・ロビン(2017) Goodbye Chr

【炎上】抗争勃発『カメラを止めるな!』盗作疑惑問題について考えてみた

【炎上】抗争勃発『カメラを止めるな!』盗作疑惑問題について考えてみ

【酷評】『銀魂2 掟は破るためにこそある』斬りたくないが斬るでごわす!

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018) 監督:福田雄一 出

『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』これぞ正しい夏休み映画!スポーツ観戦感覚で観れます♩

劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人(2018) 監督:西片康人

【ネタバレ考察】『ペンギン・ハイウェイ』ボインボインの陽のもとに

ペンギン・ハイウェイ(2018) Penguin Highway(2

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑