*

“Ç”泥棒モノ?それとも…「ブリングリング」

“Ç”泥棒モノ?それとも…「ブリングリング」

ブリングリング(THE BLING RING)

ブリングリング
監督:ソフィア・コッポラ
出演:エマ・ワトソン、ケイティ・チャンetc

評価:60点

ゴッドファーザーPARTⅢ」「スター・ウォーズ/ファントム・メナス
で役者として酷評されるものの、
ロスト・イン・トランスレーション」「SOMEWHERE」で
凄腕監督として認められたF.F.コッポラの娘
が実際に起きた事件をベースに描いた話。

しかし、毎度毎度ソフィア・コッポラ自身を反映する
スタイルを変えずに描いたので、
普通の実話ものとはひと味違ったテイストになっている。

実話の泥棒話なのに…

確かに「オーシャンズ11」や実話ものだと
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」と、
盗んだ後に裁判等で裁かれるシーンが少ない
映画もある。

しかし、この作品はヒジョーーに違和感がある。
痛快泥棒ものにするのなら、
警察に捕まってからの、
取り調べや仲間との「囚人のジレンマ」っぽい
心理戦のシーンは余計だと思う。

かといって、法廷ものだと考えると
あっさりと判決を下され、
目まぐるしく、トランプでカードを
引くように唯々出来事を追っている
よう展開するのであさーい感じになっている。

んじゃ、なんでソフィア・コッポラは
あそこまで切れ味悪く描いたのか?

そう考えたときに、やはりこの作品も
ソフィア・コッポラの人生が投影されている
と考えられる。

モノは多いが空虚の心

そもそも、本当の事件は
ガールズ泥棒集団の中に男が2人
いるとのことだが、
この作品だと「マーク」一人しか
荷担していないことからも確信犯だと言える。

マークは転校早々、ギャルに連れられ、
パリス・ヒルトン等の家へ盗みに連れられる。
マークは時に盗みの快楽を味わうが、
やはりどこかで罪の意識を感じ、
ギャルたちを止めようとするが
結局快楽の世界へ引きずり込まれる。

この感覚は、ソフィア・コッポラの
物心ついた頃からセレブな世界にいて、
少女だった彼女の常識では
あり得ないことが起きていることへの
抵抗、しかしどう頑張っても
あがなえない苦悩が描かれている。

また、実際に犯人の家庭もそうなんだろー
とは思うが、やたらと宗教つ浸かり学校に
通わせず自宅で教育する家庭が強烈に
クローズ・アップされるところは、
やはりデカダンスな上流階級の
暮らしぶり、ソフィア・コッポラの
体験した「ぶっちゃけ話」が反映されているといえる。

実は泥棒の話ではない

カンヌっぽい、オシャレだがちと掴みにくい
ストーリーで描かれた今回の泥棒物語、
やっぱり「マリー・アントワネット」の
セレブの世界で大人に呑まれていく女像や
SOMEWHERE」のようなモノに溢れているが
心は空虚な感じとテーマが被っていて、
ただ単に今回扱った話が「泥棒」だったに
過ぎないことがわかった。
だから、犯人がどうなったかについては
興味がなく、あくまで犯人が自分の思春期時代に
どう似てたかについて語った、
結構、私小説っぽい作品なんだと言える。

それにしても…

そして、驚いたことが
FASHION PRESSによると、
この作品のロケ地がなんと!
被害者のパリス・ヒルトンの
豪邸だったのだ!

ルブタンとか盗まれておきながら、
映画でも本物の家で盗みを
させる。パリス・ヒルトンの
マインドが凄すぎて
驚愕した瞬間でしたw

あと、本当にコッポラ家は映画一族で、
この前カリコレ2015で上映していたが、
ソフィア・コッポラの孫娘である
ジア・コッポラが映画を作ったってよ~
すんげー家庭やなw

関連記事

・FASHION PRESS
映画『ブリングリング』撮影場所はパリス・ヒルトンの豪邸!ルブタン、シャネルなど豪華すぎる私物を公開


・「ブリングリング」予告編
・「SOMEWHERE」予告編
・「マリー・アントワネット」予告編
・「ロスト・イン・トランスレーション」予告編

関連記事

【ネタバレ】「オクジャ(OKJA)」カンヌを騒然とさせた韓国映画は、ちびまる子ちゃんMEETS○○だった件

オクジャ(2017) OKJA(2017) 監督:ポン・ジュノ 出演:アン・ソヒョン、ティ

続きを読む

【ネタバレなし】「退屈な日々にさようならを」これぞ群像劇!夢追い人の物語と思いきや…

退屈な日々にさようならを(2016) 監督:今泉力哉 出演:内堀太郎、 松本まりか、 矢

続きを読む

“Ç”「ロブスター」リア充or非リア充?カンヌを制したエクストリーム婚活ムービー

ロブスター(2015) THE LOBSTER(2015) 監督:ヨルゴス・ランティモス

続きを読む

“Ç”SF映画のヴィジュアル原点ここにあり「アンカル(L’INCAL)」

アンカル(L'INCAL) 原作:アレハンドロ・ホドロフスキー 作画:メビウス 海外の漫画って買

続きを読む

“Ç”壁ドン三連発!!!!!「ヒロイン失格」

ヒロイン失格 監督:英勉(「はなぶさつとむ」と読みます) 出演:桐谷美玲、高橋メアリージュン

続きを読む

「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」がエイリアンVSプレデターだった件

映画ドラえもん  のび太の南極カチコチ大冒険(2017) 監督:高橋敦史 声の出演:水田わ

続きを読む

”Ç”【ヤバすぎ】すべての洋画ファンに捧ぐ「マッドマックス/怒りのデス・ロード」

マッドマックス/怒りのデス・ロード(MAD MAX:FURY ROAD) 監督:ジョージ・ミラ

続きを読む

「不安と魂/不安は魂を食い尽くす」ファスビンダー幻のカルト映画アテネフランセで観てきた

不安と魂/ 不安は魂を食い尽くす(1974) Angst essen Seele auf

続きを読む

“Ç”トム・ハーディって…「チャイルド44 森に消えた子供たち」

チャイルド44 森に消えた子供たち(CHILD44) 監督:ダニエル・エスピノーサ 出演:ト

続きを読む

「沈黙-SILENCE-」篠田正浩版と遠藤周作の原作を比較してみた!

沈黙-SILENCE-(1971) 監督:篠田正浩 出演:岩下志麻、 岡田英次、丹波哲郎、

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人2年目の映画オタク。 年間500本、映

【『若おかみは小学生!』絶賛記念】『たまこラブストーリー』から観る、吉田玲子の脚本術

たまこラブストーリー(2014) 監督:山田尚子 出演:洲崎綾

【Netflixネタバレ考察】『ROMA/ローマ』タイトルから読み解く《家政婦は見た》

ROMA/ローマ(2018) ROMA 監督:アルフォンソ・キ

【映画館レポート】ココマルシアター、あの事件から1年後どう変わったのか…

【映画館レポート】ココマルシアター、あの事件から1年後どう変わったのか

【映画館リポート】アップリンク吉祥寺こそバウスの血を継ぐ映画体験施設だ!

【映画館リポート】アップリンク吉祥寺こそバウスの血を継ぐ映画体験施設だ

【東京フィルメックス】『アルファ 殺しの権利』メンドーサ監督作『どん底』の裏返し

アルファ 殺しの権利(2018) ALPHA THE RIGHT T

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑