*

「白夜と配達人」コンチャロフスキーが送る郵便配達人物語

「白夜と配達人」コンチャロフスキーが送る郵便配達人物語

白夜と郵便配達(2014)
Belye nochi pochtalona
Alekseya Tryapitsyna(2014)

%e7%99%bd%e5%a4%9c%e3%81%a8%e9%83%b5%e4%be%bf%e9%85%8d%e9%81%94
監督:アンドレイ・コンチャロフスキー
出演:アレクセイ・トリャピツィン,
イリーナ・エルモロバetc

評価:55点

北欧旅行の飛行機内で観た作品。
フィンエアーは本当にラインナップが
充実しており、
コンチャロフスキーの
こんなアート映画までおいてあるのだ!
ってわけでいってみましょう!

「白夜と郵便配達」あらすじ

ロシア北西部に位置するケノゼロ湖は
隔離された地域。
過疎化が著しく進み、
もはやほとんど人がいない場所だ。
主人公の郵便配達人は、
そんなケノゼロ湖から毎日
ボートで出勤する。

そんな彼の郵便配達ライフが
静かに綴られる…

静かだが、濃い挿話の数々

コンチャロフスキーの「或る人々」の
ある種リメイク的な話だ。
あれは、過疎化が進む沼に住む人々を
ジャーナリスト目線で追った作品だが、
本作は僻地の人々目線で描いている。

そして、ドキュメンタリータッチで
淡々と進む本作だが、これがなかなか
面白い。

郵便配達がお届けに行くと、
おばちゃんが自慰に励んでいて
気まずくなったり、
密漁疑惑の漁師たちの喧嘩を
止めに入ったり、
少年の子守をしたりと、
本当に郵便配達人のすること?
と思うほど多岐にわたる仕事をする。

また舞台はソ連時代なのか、
パンの配給をしたりする。

ストーリーとしては
非常にシンプルで、
メッセージがあるようには
見えないのだが、
日本にいると全く観られない
ような「世界」が本作で
観ることができる。

「父、帰る」みたい

本作で最大の見せ場が、
厳しい母親の子どもの
子守をする場面。

郵便配達人は独身だけに、
子どもの扱いは下手っぴだが、
頑張って親睦を深めようと、
森にボートで連れて行ったり、
釣った魚を焼いて一緒に
食べたりする。

年齢によるジェネレーション
ギャップこそあれど、
なんとかしてコミュニケーションを
図ろうとする郵便配達人の
姿がこれまた健気だ。

でも、プチ遠足から帰ると、
少年の母親が
「どこほっつき歩いていたの(怒」
とガンギレ!
郵便配達人は可愛そうだと
思いつつも仕方なしに
家に帰すところの
切なさの表現はなかなかのもの。

静かに家族愛、無骨な子育てを
描いた作品と言えば、
アンドレイ・ズギャビンツェフの
父、帰る」を思わせるところが
あった。

2年前の東京国際映画祭で
上映されたっきりなのだが、
もし、機会があれば
是非挑戦してみて下さい(*^_^*)

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【ベネチア映画祭特集】「King of the Belgians」現代版ブッダ

King of the Belgians(2016) 監督:ピーター・ブロッセン、 ジェシア

続きを読む

【ハル・ハートリー クラウドファンディング応援!】「シンプルメン」はDON’T MOVEで始まる

ハル・ハートリー クラウドファンディング始めたってよ! アメリカ・インディペンデント映画を代表する

続きを読む

「マダム・フローレンス!夢見るふたり」、M.ストリープのオンチに注目!「偉大なるマルグリット」元ネタ

マダム・フローレンス!夢見るふたり(2016) Florence Foster Jenkins(2

続きを読む

「セントラル・インテリジェンス」ロック様の笑顔が怖いwwww

セントラル・インテリジェンス(2016) CENTRAL INTELLIGENCE(2016)

続きを読む

「マイ・インターン」仙人過ぎるデニーロに男は惚れる…

マイン・インターン(2015) The Intern(2015) 監督:ナンシー・マイヤーズ

続きを読む

TIFF2016鑑賞記録8『鳥類学者』そして神になる!ポルトガルの鬼才が送るゲテモノ映画

鳥類学者(2016) O Ornitologo(2016) 監督:ジョアン・ペドロ・ロドリゲ

続きを読む

“Ç”【ネタバレ解説】「ヘイル、シーザー!」コーエン兄弟1950年代内幕もの完全再現

ヘイル、シーザー!(2016) HAIL,CAESAR(2016) 監督:コーエン兄弟 出演:ジ

続きを読む

#2017年上半期映画ベスト10 「第7回映画の“ある視点”について語ろう会」の結果発表

「第7回映画の“ある視点”について語ろう会」 上半期ベストテン発表 先月7/22(土)に

続きを読む

『死んだってへっちゃらさ』クレール・ドゥニ幻の作品を新文芸座で!

死んだってへっちゃらさ(1990) S'EN FOUT LA MORT(1990) 監督:ク

続きを読む

“Ç”「ヤコペッティの残酷大陸」あの映画にも引用された怪作

ヤコペッティの残酷大陸(1971) Addio zio Tom(1971) 監督:グァルティ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人2年目の映画オタク。 年間500本、映

【炎上】抗争勃発『カメラを止めるな!』盗作問題について考えてみた

【炎上】抗争勃発『カメラを止めるな!』盗作問題について考えてみた

【酷評】『銀魂2 掟は破るためにこそある』斬りたくないが斬るでごわす!

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018) 監督:福田雄一 出

『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』これぞ正しい夏休み映画!スポーツ観戦感覚で観れます♩

劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人(2018) 監督:西片康人

【ネタバレ考察】『ペンギン・ハイウェイ』ボインボインの陽のもとに

ペンギン・ハイウェイ(2018) Penguin Highway(2

【エリック・ロメール特集】『海辺のポーリーヌ』夏だ!このテラスハウスを観よう♩

海辺のポーリーヌ(1983) PAULINE A LA PLAGE(

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑