*

【カンヌ国際映画祭特集】「ELLE エル」バーホーベン×ユペールのレイプ・トラウマ講座

【カンヌ国際映画祭特集】「ELLE エル」バーホーベン×ユペールのレイプ・トラウマ講座

エル(2016)
Elle(2016)


監督:ポール・バーホーベン
出演:イザベル・ユペール、
クリスチャン・ベルケルetc

評価:75点

2016年カンヌ国際映画祭でシネフィル驚愕の事件が発生した。
それは、ポール・バーホーベンの新作がカンヌ国際映画祭のコンペティション部門に選ばれたのだ。バーホーベンと言えば、「ロボコップ」や「スターシップ・トゥルーパーズ」といった通俗的な作品や「ショー・ガール」「氷の微笑」といった悪趣味官能映画を撮る監督です。そんな彼が世界三大映画祭の舞台に躍り出たのです!

しかも、無冠に終わったものの、批評家の評価はトップレベルで、フランスの権威ある映画誌カイエ・ドゥ・シネマの2016年ベストテンでは2位の座を仕留めました。また、この前のアカデミー賞ではフランス映画にもかかわらず主演のイザベル・ユペールが主演女優賞にノミネートされるほど、話題になりました。

日本公開が2017年夏と非常に遅いため、今回DVDを輸入し、観てみました。
果たして…

「ELLE エル」あらすじ

ゲーム会社で経営者をしているミシェルは、ある日謎の男にレイプされてしまう。周りの人には悟られないよう平静を保っているが、段々ミシェルの心の奥に眠るトラウマが彼女を支配していく…

自宅侵入映画ブーム

最近異常に似たような話が流行っている。昨年、東京国際映画祭で上映された「空の沈黙」。2017年サンダンス国際映画祭グランプリ作品「この世に私の居場所なんてない」、そしてアカデミー賞外国語映画賞を受賞した「セールスマン」。いずれも、自宅に侵入された女の心情変化を描いた作品です。

「空の沈黙」、「この世に私の居場所なんてない」は既に鑑賞済みなのだが、どちらもそこまで私の心に惹きつけるものはなかった。しかし、このバーホーベンの「ELLE」は、壇蜜の「甘い鞭」に近い濃厚なトラウマ心情が描かれており、ブンブンの心を鷲掴みにした。

トラウマの心情

本作は、何も知らない方が楽しめる。シリアスな話に見えて、とんでもないコメディ映画になっているので、詳しい内容は伏せておく。ただし、本作を観る上で注目して欲しいポイントがあります。それは「トラウマの心情」です。主人公ミシェルはゲーム会社で独裁者として経営管理している。何でも自分一人で乗り越えようとする。そんな彼女がレイプされる。するとどうなるでしょう?

そう、一人でメンタルケアをしようとします。職場の人間だけでなく、家族にも悩みや苦しみを隠そうとする。「強い女」でいようとする。しかし、レイプの衝撃を忘れることができない。そして、段々と気持ちが「もう一回、犯人に自宅を襲撃して欲しい」「もう一回、犯してほしい」と思うようになってしまうのです。その後の展開は観てのお楽しみ。

イザベル・ユペールの説得力

強い女性が、問題を一人で解決しようとして間違った方向に行ってしまう。この少しずつ揺らいでいく繊細な心情変化をイザベル・ユペールが濃密に演じきっている。ポーカーフェイスでいようとしているのだが、感情が溢れ出しそうになっている臨界点を絶妙な表情捌きで演じきる。観客は「あぁ、超えてはいけないラインを超えてしまう!!!」と冷や汗を搔きながら観るであろう。彼女の演技から滲み出るトラウマに説得力があった。本作は、イザベル・ユペールのマスターピースであることは言うまでもない。

チェ・ブンブンシネマランキング2017には…

ただ、今年のベストテンに入れるかと言われたら、イラン映画「セールスマン」を観ないと分からないところがある。正直、「ELLE」より「T2 トレインスポッティング」やパキスタン映画「娘よ」、日本公開未定の法廷劇「Denial」の方を推したい。カンヌ国際映画祭ものであれば、「ネオン・デーモン」派でもあります。

ただ、傑作には間違いないので、今夏はバーホーベン映画を観に映画館へLet’s Go!

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”北欧産トマス・ピンチョン系アドベンチャー「国を救った数学少女」

国を救った数学少女 The Girl Who Saved the King of Sweden

続きを読む

【ジャック・リヴェット追悼】アウトワン#4 END OF FIRST PART

アウトワン(1971) OUT1(1971) 監督:ジャック・リヴェット 出演:ジャン=ピ

続きを読む

“Ç”ブンブンのオールタイムベスト映画「MOMMY/マミー」ドラン最高傑作!

新宿武蔵野館で「MOMMY/マミー」を観る 19歳にしてカンヌを制した天才グザヴィエ・ドラン

続きを読む

「課長 島耕作」根岸吉太郎が描く彼は無能だった…

課長 島耕作(1992) 監督:根岸吉太郎 出演:田原俊彦, 豊川悦司,坂上忍,津川雅彦

続きを読む

【ネタバレ】「ドント・ブリーズ」チアルートに次ぎ、この盲目超人もキテルw あっとこれコメディですw

ドント・ブリーズ(2016) Don't Breathe(2016) 監督:フェデ・アルバレ

続きを読む

“Ç”「脳内ポイズンベリー」との頂上決戦!?「インサイド・ヘッド」

インサイド・ヘッド(INSIDE OUT) 監督:ピート・ドクター 声の出演:エイミー・ポーラー

続きを読む

“Ç”映画芸術 2015年のベスト&ワースト映画発表!!!「ハッピーアワー」惜しい!

2015年「映画芸術」ベスト&ワースト発表 さあさあ、映画人待望の映画芸術の ベストテン及び

続きを読む

【大学卒業記念】「横道世之介」から法政大学ライフを振り返る回

横道世之介(2013) 監督:沖田修一 出演:高良健吾,吉高由里子, 池松壮亮,綾野剛et

続きを読む

“Ç”今観ると酷いジョン・フォード映画「捜索者」、しかし映像は…凄すぎる!

捜索者(1956) THE SEARCHERS(1956) 監督:ジョン・フォード 出演:ジョン・

続きを読む

“Ç”【続編出るってよ】「ちはやふる 下の句」103分の密度がヤバイ!

ちはやふる 下の句(2016) 監督:小泉徳宏 出演:広瀬鈴、 野村周平、真剣佑、上白石萌

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑