*

【カンヌ国際映画祭特集】「ELLE エル」バーホーベン×ユペールのレイプ・トラウマ講座

【カンヌ国際映画祭特集】「ELLE エル」バーホーベン×ユペールのレイプ・トラウマ講座

エル(2016)
Elle(2016)


監督:ポール・バーホーベン
出演:イザベル・ユペール、
クリスチャン・ベルケルetc

評価:75点

2016年カンヌ国際映画祭でシネフィル驚愕の事件が発生した。
それは、ポール・バーホーベンの新作がカンヌ国際映画祭のコンペティション部門に選ばれたのだ。バーホーベンと言えば、「ロボコップ」や「スターシップ・トゥルーパーズ」といった通俗的な作品や「ショー・ガール」「氷の微笑」といった悪趣味官能映画を撮る監督です。そんな彼が世界三大映画祭の舞台に躍り出たのです!

しかも、無冠に終わったものの、批評家の評価はトップレベルで、フランスの権威ある映画誌カイエ・ドゥ・シネマの2016年ベストテンでは2位の座を仕留めました。また、この前のアカデミー賞ではフランス映画にもかかわらず主演のイザベル・ユペールが主演女優賞にノミネートされるほど、話題になりました。

日本公開が2017年夏と非常に遅いため、今回DVDを輸入し、観てみました。
果たして…

「ELLE エル」あらすじ

ゲーム会社で経営者をしているミシェルは、ある日謎の男にレイプされてしまう。周りの人には悟られないよう平静を保っているが、段々ミシェルの心の奥に眠るトラウマが彼女を支配していく…

自宅侵入映画ブーム

最近異常に似たような話が流行っている。昨年、東京国際映画祭で上映された「空の沈黙」。2017年サンダンス国際映画祭グランプリ作品「この世に私の居場所なんてない」、そしてアカデミー賞外国語映画賞を受賞した「セールスマン」。いずれも、自宅に侵入された女の心情変化を描いた作品です。

「空の沈黙」、「この世に私の居場所なんてない」は既に鑑賞済みなのだが、どちらもそこまで私の心に惹きつけるものはなかった。しかし、このバーホーベンの「ELLE」は、壇蜜の「甘い鞭」に近い濃厚なトラウマ心情が描かれており、ブンブンの心を鷲掴みにした。

トラウマの心情

本作は、何も知らない方が楽しめる。シリアスな話に見えて、とんでもないコメディ映画になっているので、詳しい内容は伏せておく。ただし、本作を観る上で注目して欲しいポイントがあります。それは「トラウマの心情」です。主人公ミシェルはゲーム会社で独裁者として経営管理している。何でも自分一人で乗り越えようとする。そんな彼女がレイプされる。するとどうなるでしょう?

そう、一人でメンタルケアをしようとします。職場の人間だけでなく、家族にも悩みや苦しみを隠そうとする。「強い女」でいようとする。しかし、レイプの衝撃を忘れることができない。そして、段々と気持ちが「もう一回、犯人に自宅を襲撃して欲しい」「もう一回、犯してほしい」と思うようになってしまうのです。その後の展開は観てのお楽しみ。

イザベル・ユペールの説得力

強い女性が、問題を一人で解決しようとして間違った方向に行ってしまう。この少しずつ揺らいでいく繊細な心情変化をイザベル・ユペールが濃密に演じきっている。ポーカーフェイスでいようとしているのだが、感情が溢れ出しそうになっている臨界点を絶妙な表情捌きで演じきる。観客は「あぁ、超えてはいけないラインを超えてしまう!!!」と冷や汗を搔きながら観るであろう。彼女の演技から滲み出るトラウマに説得力があった。本作は、イザベル・ユペールのマスターピースであることは言うまでもない。

チェ・ブンブンシネマランキング2017には…

ただ、今年のベストテンに入れるかと言われたら、イラン映画「セールスマン」を観ないと分からないところがある。正直、「ELLE」より「T2 トレインスポッティング」やパキスタン映画「娘よ」、日本公開未定の法廷劇「Denial」の方を推したい。カンヌ国際映画祭ものであれば、「ネオン・デーモン」派でもあります。

ただ、傑作には間違いないので、今夏はバーホーベン映画を観に映画館へLet’s Go!

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【完成披露試写会レビュー】「海賊とよばれた男」岡田准一の老経営者に注目!

海賊とよばれた男(2016) 監督:山崎貴 出演:岡田准一、 綾瀬はるか、吉岡秀隆、 染

続きを読む

【TIFF2017】『スウィート・カントリー』ヴェネチア国際映画祭審査員特別賞受賞作

スウィート・カントリー(2017) SWEET COUNTRY(2017) 監督:ワーウィッ

続きを読む

TIFF2016鑑賞記録10「オリ・マキの人生で最も幸せな日」カンヌを制すのも納得ヌーヴェルヴァーグっぽさ全開!

オリ・マキの人生で最も幸せな日(2016) 原題:Hymyilevä Mies 英題:The

続きを読む

【ネタバレ注意】「スプリット」カイエ・ドゥ・シネマも満足!シャマラン快進撃

スプリット(2017) SPLIT(2017) 監督:M・ナイト・シャマラン 出演:ジェー

続きを読む

【TIFF2017】「レット・ザ・サンシャイン・イン」クレール・ドゥニの観る官能小説

レット・ザ・サンシャイン・イン(2017) 英題:Let the Sunshine In 原題

続きを読む

【ネタバレ】「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」は実写版グラディウスだった!

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017) Guardians of the Ga

続きを読む

“Ç”「ピンク・フラミンゴ」ジョン・ウォーターズ絶賛、サイケな映画「THE FORBIDDEN ROOM」

ジョン・ウォーターズの2015年ベストテン 先日、「ピンク・フラミンゴ」や「シリアル・ママ」の

続きを読む

「マイ・インターン」仙人過ぎるデニーロに男は惚れる…

マイン・インターン(2015) The Intern(2015) 監督:ナンシー・マイヤーズ

続きを読む

「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」がエイリアンVSプレデターだった件

映画ドラえもん  のび太の南極カチコチ大冒険(2017) 監督:高橋敦史 声の出演:水田わ

続きを読む

人間Wikipedia成宮秋祥さんの激ムズ映画クイズ!あなたは全問正解できるか?

人間Wikipedia成宮秋祥さんの激ムズ映画クイズ! あなたは全問正解できるか? 先月

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【 #ワールドカップロシア2018 】ブンブンが選ぶ必見セネガル映画5選!

【 #ワールドカップロシア2018 】ブンブンが選ぶ必見セネガル映画5

【7/21公開記念】『暗殺のオペラ』ヴィットリオ・ストラーロの準備運動

暗殺のオペラ(1969) Strategia del ragno(1

【デプレシャン特集4】『魂を救え!』アンドレ・バザンに捧げられた一本?

魂を救え!(1992) LA SENTINELLE(1992)

【デプレシャン特集3】『二十歳の死』パトリック、人生やめるってよ

二十歳の死(1991) La vie des morts(1991)

【ネタバレ】『オルエットの方へ』ジャック・ロジエ流《ゆるキャン△》

オルエットの方へ(1971) Du côté d'Orouët (1

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑