*

【カンヌ国際映画祭特集】「ELLE エル」バーホーベン×ユペールのレイプ・トラウマ講座

【カンヌ国際映画祭特集】「ELLE エル」バーホーベン×ユペールのレイプ・トラウマ講座

エル(2016)
Elle(2016)


監督:ポール・バーホーベン
出演:イザベル・ユペール、
クリスチャン・ベルケルetc

評価:75点

2016年カンヌ国際映画祭でシネフィル驚愕の事件が発生した。
それは、ポール・バーホーベンの新作がカンヌ国際映画祭のコンペティション部門に選ばれたのだ。バーホーベンと言えば、「ロボコップ」や「スターシップ・トゥルーパーズ」といった通俗的な作品や「ショー・ガール」「氷の微笑」といった悪趣味官能映画を撮る監督です。そんな彼が世界三大映画祭の舞台に躍り出たのです!

しかも、無冠に終わったものの、批評家の評価はトップレベルで、フランスの権威ある映画誌カイエ・ドゥ・シネマの2016年ベストテンでは2位の座を仕留めました。また、この前のアカデミー賞ではフランス映画にもかかわらず主演のイザベル・ユペールが主演女優賞にノミネートされるほど、話題になりました。

日本公開が2017年夏と非常に遅いため、今回DVDを輸入し、観てみました。
果たして…

「ELLE エル」あらすじ

ゲーム会社で経営者をしているミシェルは、ある日謎の男にレイプされてしまう。周りの人には悟られないよう平静を保っているが、段々ミシェルの心の奥に眠るトラウマが彼女を支配していく…

自宅侵入映画ブーム

最近異常に似たような話が流行っている。昨年、東京国際映画祭で上映された「空の沈黙」。2017年サンダンス国際映画祭グランプリ作品「この世に私の居場所なんてない」、そしてアカデミー賞外国語映画賞を受賞した「セールスマン」。いずれも、自宅に侵入された女の心情変化を描いた作品です。

「空の沈黙」、「この世に私の居場所なんてない」は既に鑑賞済みなのだが、どちらもそこまで私の心に惹きつけるものはなかった。しかし、このバーホーベンの「ELLE」は、壇蜜の「甘い鞭」に近い濃厚なトラウマ心情が描かれており、ブンブンの心を鷲掴みにした。

トラウマの心情

本作は、何も知らない方が楽しめる。シリアスな話に見えて、とんでもないコメディ映画になっているので、詳しい内容は伏せておく。ただし、本作を観る上で注目して欲しいポイントがあります。それは「トラウマの心情」です。主人公ミシェルはゲーム会社で独裁者として経営管理している。何でも自分一人で乗り越えようとする。そんな彼女がレイプされる。するとどうなるでしょう?

そう、一人でメンタルケアをしようとします。職場の人間だけでなく、家族にも悩みや苦しみを隠そうとする。「強い女」でいようとする。しかし、レイプの衝撃を忘れることができない。そして、段々と気持ちが「もう一回、犯人に自宅を襲撃して欲しい」「もう一回、犯してほしい」と思うようになってしまうのです。その後の展開は観てのお楽しみ。

イザベル・ユペールの説得力

強い女性が、問題を一人で解決しようとして間違った方向に行ってしまう。この少しずつ揺らいでいく繊細な心情変化をイザベル・ユペールが濃密に演じきっている。ポーカーフェイスでいようとしているのだが、感情が溢れ出しそうになっている臨界点を絶妙な表情捌きで演じきる。観客は「あぁ、超えてはいけないラインを超えてしまう!!!」と冷や汗を搔きながら観るであろう。彼女の演技から滲み出るトラウマに説得力があった。本作は、イザベル・ユペールのマスターピースであることは言うまでもない。

チェ・ブンブンシネマランキング2017には…

ただ、今年のベストテンに入れるかと言われたら、イラン映画「セールスマン」を観ないと分からないところがある。正直、「ELLE」より「T2 トレインスポッティング」やパキスタン映画「娘よ」、日本公開未定の法廷劇「Denial」の方を推したい。カンヌ国際映画祭ものであれば、「ネオン・デーモン」派でもあります。

ただ、傑作には間違いないので、今夏はバーホーベン映画を観に映画館へLet’s Go!

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

世界一長い映画「Ambiance」の7時間20分予告編耐久マラソンに挑戦してみた結果…

世界で一番長い映画の「Ambiancé」7時間20分予告編耐久マラソンに挑戦してみた結果... 突

続きを読む

“Ç”狭い一室からヒップホップが生まれた「THE COCKPIT」OMSBとbimのコラボレーション

THE COCKPIT 監督:三宅唱 出演:OMSB,bim,Hi'Spec,VaVa,He

続きを読む

“Ç”こんなバカンスは嫌だ「パラダイス三部作」特集③「神」

パラダイス:神(PARADIES: GLAUBE) 監督:ウルリヒ・ザイドル 出演:マリア・

続きを読む

【クラシック】「早春」スコリモフスキ幻のお色下映画!日本DVD化希望作品

早春(1970) DEEP END(1970) 監督:イエジー・スコリモフスキ 出演:ジェ

続きを読む

「ジョン・ウィック:チャプター2」公開記念!キアヌ・リーヴス暴れる前作ってどんな話?

ジョン・ウィック(2014) JOHN WICK(2014) 監督:チャド・スタエルスキー

続きを読む

「ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト」から観るスコセッシの成長

ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト(2008) Shine a Light(2008

続きを読む

“Ç”【カリコレ2016】10/8(土)公開デンマーク映画「ある戦争」を一足早く…

ある戦争(2015) Krigen(2015) 監督:トビアス・リンホルム 出演:ピルウ・

続きを読む

“Ç”【歌詞和訳リスト付き】「さらば青春の光」ザ・フーやっぱスゲー!

さらば青春の光(1979) QUADROPHENIA(1979) 監督:フランク・ロッダム

続きを読む

“Ç”自宅でヴェネチア映画祭①「Baby Bump」

Baby Bump 監督:Kuba Czekaj 出演:Kacper Olszewski, Agn

続きを読む

【ドグマ95研究】「ジュリアン」精神分裂病患者の脳内をトリップ!サイケ過ぎるww

ジュリアン(1999) JULIEN: DONKEY BOY(1999) 監督:ハーモニー・

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

『垂直のまま(RESTER VERTICAL)』日本公開不可能?局部の国のアリス

垂直のまま(2016) 原題:RESTER VERTICAL 英題

【寅さんフルマラソン㉚】「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」沢田研二夫婦出現!

男はつらいよ 花も嵐も寅次郎(1982) 監督:山田洋次 出演

【実話】『ザ・ビッグ・シック(THE BIG SICK)』日本未公開の異文化難病ラブコメディ

ザ・ビッグ・シック(日本未公開/2017) THE BIG SICK

【日本未公開・ネタバレ酷評】『It Comes at Night』“それ”が見えたら、終わり。

イット・カムズ・アット・ナイト(日本未公開・2017) It Com

【ネタバレ考察】『A GHOST STORY』賛否両論A24が放つカルト映画

ア・ゴースト・ストーリー(2017) A GHOST STORY(2

さらに過去の記事





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑