*

“Ç”フランス映画祭2015何がおすすめ?

“Ç”フランス映画祭2015何がおすすめ?

6/26(金)~6/29(月)開催フランス映画祭

今年もやってきました、
フランス映画祭!

毎度毎度、フランソワ・オゾンの新作が
早めに観られるので注目している映画祭ですが、
今年はクオリティがめちゃくちゃ高そうだ!

実は、上映される12本のうち5本は
既に留学中で観ており、
どれも面白かった。

また残りの作品の多くが、
留学先のアンジェでも大ヒットした
作品だけに期待度が高まる。

ってことで、留学中に観た作品で
上映されるものを紹介していくぞ~

ヴェルヌイユ家の結婚狂騒曲
(Qu’est-ce qu’on a fait au bon Dieu ?)

フランス映画祭
監督:フィリップ・ドゥ・ショーヴロン
出演:クリスチャン・クラヴィエ、シャンタル・ロビーetc

フランスでは「インターステラー」を遙かに超える
メガヒット!興行収益ナンバーワンのあの作品が
日本上陸。てっきり、日本で上映しないと
思っていたぜ!

意外と人種のサラダボウルなフランス社会。
カトリック教徒との結婚を望む両親の
前に娘が連れてきたのはコートジボワール人で
人種間によるカルチャーショックを
アメリカンコメディさながらコミカルに
描いた作品。

アメリカンコメディに比べると、
ユダヤ人、アラブ人、アフリカ人と
扱われる人種が違うため、
笑えるながらもかなりリアルな
フランス社会事情を学べる逸品となっている。
これを逃したら日本で観られない恐れが
あるので要注意だ!
「ヴェルヌイユ家の結婚狂騒曲」予告編

彼は秘密の女ともだち
(Une nouvelle amie)

彼は秘密の女ともだち
監督:フランソワ・オゾン
出演:ロマン・デュリス、アナイス・ドゥムースティエ、ラファエル・ペルソナ

日本でようやく8月シネスイッチ銀座等で公開が決まった
フランソワ・オゾンの作品!

もう、タイトルからネタバレしているから
語っていいのだろう。
親友が死に悲しみに暮れる女を慰めるのは、
母性愛に目覚めてしまった親友の夫だった
というびっくりストーリー。

留学中、70歳にもなるホストマザーも
大絶賛するほど爆笑展開の
数々に腹筋崩壊!

もちろん、女装癖の男にとって
まじめな問題だから笑ってはいけないと
思うが…ふふ!フランソワ・オゾン恐ろしい子だw
「彼は彼女の女ともだち」予告編

シルス・マリア(Sils Maria)

シルスマリア
監督:オリヴィエ・アサイヤス
出演:ジュリエット・ビノシュ、クリステン・スチュワート、
クロエ・グレース・モレッツetc

当ブログでも絶賛のヒューマンドラマ。
ヒューマンだけにヒューマントラストシネマ
今秋公開が決まってる作品だ。

映画好きよ!
こんなにも綺麗なスイスの山々を
バックに人生を懐古する
ジュリエット・ビノシュは
マジで綺麗やぞ!

観ていてこれほど心地よい映画は
珍しい。是非是非、劇場で観て欲しいものだ。
「シルス・マリア」予告編

ティンブクトゥ(Timbuktu)

ティンブクトゥ
監督:アブデラマン・シサコ
出演:イブラヒム・アメド・アカ・ピノ、トゥルゥ・キキetc

なんと、今年日本公開できるらしい!
ついに日本に名を轟かせられる
モーリタニアの巨匠アブデラマン・シサコ
が生み出した傑作。

イスラム原理主義やISISのことがよく分かる。
気分次第で、虐殺or見逃しが決まる
イスラム原理主義に支配されたティンブクトゥを
舞台に懸命に生きる人々がスタイリッシュに描かれる。

悲惨な現実にサッカーや音楽で対抗しようとする
人々の営みに感動する作品だ!
「ティンブクトゥ」予告編

セバスチャン・サルガド / 地球へのラブレター
(Le Sel de la terre)

セバスチャンサルガド
監督:ヴィム・ヴェンダース、ジュリアーノ・リベイロ・サルガド
出演:セバスチャン・サルガド

本年度アカデミー賞にもノミネートされた
ヴィム・ヴェンダースのドキュメンタリー映画。

秘境を写すカメラマン、セバスチャン・サルガド
の活動に迫るのだが、音楽の使い方
映像の撮り方がサイコー!

大画面で観るべき作品。

石油発掘上で石油まみれになる男たち、
山奥での民族の大工事など
有名な作品がこれほどダイナミックに
愛情込めて紹介されている作品は滅多にない。

ヴィムヴェンと一緒に旅に出てみませんか?
(今夏Bunkamura ル・シネマで公開決定!)
「セバスチャン・サルガド / 地球へのラブレター」予告編

他にもこんな作品が!

今回、ブンブンは留学中
ホストマザーにオススメされるものの
見逃した「エール!」「ボヴァリー夫人とパン屋」
をみたいなと思っている。

フランス語の勉強になると思うので是非
足を運んでみてはいかがでしょうか?
「フランス映画祭2015」サイト

上映作品の予告編

「ヴェルヌイユ家の結婚狂騒曲」予告編
「彼は彼女の女ともだち」予告編
「シルス・マリア」予告編
「ティンブクトゥ」予告編
「セバスチャン・サルガド / 地球へのラブレター」予告編
「エール!」予告編
「ボヴァリー夫人とパン屋」
「EDEN エデン」
「夜、アルベルティーヌ」予告編
「ヴィオレット」予告編
「チャップリンからの贈りもの」予告編
「たそがれの女心」動画

ブンブンの詳細レビュー

「彼は秘密の女ともだち」
「シルス・マリア」
「ティンブクトゥ」
「セバスチャン・サルガド / 地球へのラブレター」

関連記事

“Ç”【レポート】何故チェコ・アニメーションはアニメと実写が融合するのか?

大学の授業のレポートで 「何故チェコ・アニメーションはアニメと 実写が融合するのか?」という

続きを読む

【ネタバレ解説】『ライオンは今夜死ぬ』諏訪敦彦のラブレターに隠されたメッセージとは?

ライオンは今夜死ぬ(2018) LE LION EST MORT CE SOIR(2018)

続きを読む

“Ç”「イレブン・ミニッツ」スコリモフスキよ…本当に78歳?

イレブン・ミニッツ(2015) 11 MINITS(2015) 監督:イエジー・スコリモフス

続きを読む

「100人の子供たちが列車を待っている」映画の、教育の素晴らしき教科書

100人の子供たちが列車を待っている(1988) CIEN NINOS ESPERANDO UN

続きを読む

“Ç”「下町の太陽」日本映画監督協会劇場で山田洋次に訊く撮影秘話!

下町の太陽(1961) 監督:山田洋次 出演:倍賞千恵子、勝呂誉 評価:80点

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】『カサバ 町』ヌリ・ビルゲ・ジェイランの長編デビュー作

カサバ 町(1997) KASABA(1997) 監督:ヌリ・ビルゲ・ジェイラン 出演:C

続きを読む

“Ç”「デンデラ」熊と戦うのはレオ様だけじゃない!「レヴェナント」公開前に浅丘ルリ子の勇姿を観よ!

デンデラ(2011) 監督:天願大介 出演:浅丘ルリ子、倍賞美津子etc 評価:60点

続きを読む

“Ç”辞書使うなんてダサい!フランス語学学校の生活

最近映画や旅行の話ばかりなので、 今回は真面目な話します。 ようやく時間割(emploi de

続きを読む

“Ç”NETFLIX限定ヒッグス粒子を追い求める人々に迫る「PARTICLE FEVER」

PARTICLE FEVER(2014) 監督:マーク・レヴィンソン 出演:ニーマ・アルカニ=ハメ

続きを読む

“Ç”ジョニー・デップが怖い??「ブラック・スキャンダル」ブンブン震撼(汗

ブラック・スキャンダル(2015) BLACK MASS(2015) 監督:スコット・クーパ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑