*

『スカイスクレイパー』ロック様こそ真のロックスター!ミスターSASUKEだ!!

『スカイスクレイパー』ロック様こそ真のロックスター!ミスターSASUKEだ!!

スカイスクレイパー(2018)
Skyscraper


監督:ローソン・マーシャル・サーバー
出演:ドウェイン・ジョンソン、ネーブ・キャンベル、
チン・ハンetc

評価:60点

サメステイサムに無駄に真摯な宇宙人毎週、木曜洋画劇場の懐かしさを感じさせるボンクラ映画が公開される。まさに文化祭の様な、熱気に溢れた9月となっている。今週は、あの巨大ゴリラと一緒に巨大鰐や巨大狼と戦ったドウェイン・ジョンソンが、高さ3500フィート、東京スカイツリーの約3倍もの高さを誇るビルでテロリストと戦う作品『スカイスクレイパー』がやってきた!会社終わりに行ってきました!

『スカイスクレイパー』あらすじ

FBIの人質救出部隊のリーダー・ウィル・ソーヤーは、人質救出に失敗し左足を失う。あれから暫くが経ち、、、危機管理コンサルタントに転職した。今抱えている案件は、香港に建築された超巨大ビル「ザ・パール」の管理。開業まであと少しに迫る中、テロリストがビルに侵入してしまい…

ロック様こそ真のロックスター!ミスターSASUKEだ!!

Q1.貴方は木曜洋画劇場が好きですか? YES/NO
Q2.貴方はSASUKEが好きですか? YES/NO
Q3.貴方はドウェイン・ジョンソンことロック様が好きですか? YES/NO

もしこの中で一つでもYESに丸をつけた方がいましたら、今すぐ劇場に行きましょう。きっと大満足します。本作は、文化祭後夜祭に相応しい祭映画だ。確かに、『MEG ザ・モンスター』同様、レイティングに気を配っているのか、妙に殺戮描写に真面目になりすぎていて、木曜洋画劇場ならではの容赦ないシュールな描写は弱いものとなっている。しかし、それは前半までだ。ロック様は危機管理コンサルタントという職業につきながらも、物語が進むうちに「危機管理なんて糞食らえ!」「雇い主なんか知らん、家族だ!」と猪突猛進していくのだ。しかも丁寧に、テロリストたちが、一生懸命ビルを破壊し、目的のブツを入手しようと頑張っている姿も描いていくので、「おい、ロック様、雇い主のこと少しは考えろよ」と思いたくなる。それが独特な本作ならではの面白さを創り出しているのだ。
それは『タワーリング・インフェルノ』や『ダイ・ハード』にない面白さである。

何と言っても、ロック様は、燃ゆるビルにいる家族を助ける為に、都合よく隣に聳え立つクレーンを登る。これはポスターや予告編でも最大の見所となっているのだが、何故かロック様はエレベーターで登らず、クレーンの側面をよじ登り始めるのだ。90階以上ある位置まで鉄骨を登る。それも物凄い速度で。もはやどうかしています。今までも家族の為なら巨大地震があろうとも死ぬ気で正面突破していたロック様ですが、今回は目つきが明らかにおかしい。もはやFamily…Family…と囁きながら全力疾走するゾンビの様な狂気がそこにはあります。これぞ、ブンブンの観たかったロック様!そして、もはや映画は物語ることを諦め始め、SASUKEに徹し始める。窓ガラスは建築基準法なんかなかったかの様にいとも簡単に割れ、外にむき出しになったタービンの様なものがそのままロック様が乗り越えるべきアトラクションに化ける。

そんなアトラクションを、筋肉頭が義足やロープ、みんな大好きダクトテープを使って攻略していく。熱い!面白い!もやはお祭りお祭りわっしょいわっしょいな作品でした。まあテロリストの動機がショボすぎるとかそういう話は置いといて、仕事疲れを癒してくれる作品です。是非劇場でウォッチあれ!

ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!
ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【デプレシャン特集3】『二十歳の死』パトリック、人生やめるってよ

二十歳の死(1991) La vie des morts(1991) 監督:アルノー・デプレ

続きを読む

【速報】第71回カンヌ国際映画祭パルムドールは『万引き家族』!21年ぶりに日本映画が受賞

第70回カンヌ国際映画祭受賞結果 パルム・ドール:万引き家族 監督:是枝裕和 すげええ

続きを読む

【寅さんフルマラソン㊽】「男はつらいよ 寅次郎紅の花」衝撃の最終回

男はつらいよ 寅次郎紅の花(1995) 監督:山田洋次 出演:渥美清、 吉岡秀隆、倍賞千恵

続きを読む

【寅さんフルマラソン㊱】「男はつらいよ 柴又より愛をこめて」ボンド要素はありませぬ

男はつらいよ 柴又より愛をこめて(1985) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 川谷拓三,

続きを読む

【MUBI】『天使の復讐』は『シェイプ・オブ・ウォーター』の100倍面白い

天使の復讐(1981) Ms.45(1981) 監督:アベル・フェラーラ 出演:ゾー・タマ

続きを読む

『犬ヶ島』日本が今最も映画化すべき内容をW.アンダーソンが愛もってお届け!

犬ヶ島(2018) Isle of Dogs(2018) 監督:ウェス・アンダーソン 出演

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】『クスクス粒の秘密』ココマルシアターの裏側が分かる!

クスクス粒の秘密(2007) La graine et le mulet(2007) 監督:

続きを読む

【絶賛】『15時17分、パリ行き』タリス銃乱射事件関係者大集合!ヒーローに執着する男の映画だ!

15時17分、パリ行き(2018) The 15:17 to Paris(2018) 監督:

続きを読む

【ネタバレ酷評】『センセイ君主』JKがすき家デートを全力で勧める、すき家プロパガンダ映画爆誕!

センセイ君主(2018) 監督:月川翔 主演:竹内涼真、浜辺美波、 佐藤大樹、新川優愛et

続きを読む

【ゴーモン特集】『とらんぷ譚』M.スコセッシ映画ファン必見!

とらんぷ譚(1936) Le Roman d'un Tricheur(1936) 監督:サッ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑