*

『ディスオビディエンス Disobedience』チリの新鋭が贈る二人のレイチェル禁断の恋

『ディスオビディエンス Disobedience』チリの新鋭が贈る二人のレイチェル禁断の恋

ディスオビディエンス(2017)
Disobedience(2017)


監督:セバスティアン・レリオ
出演:レイチェル・マクアダムス、レイチェル・ワイズ、
アレッサンドロ・ニヴォラetc

評価:55点

ナチュラルウーマン』でアカデミー賞外国語映画賞を受賞したチリの新鋭監督セバスチャン・レリオ、アメリカ進出作。『グロリアの青春』をハリウッドでセルフリメイクする案件より、先にこちらが出来上がったようです。日本公開は未定だがAir Canadaで一足早く観ることができました。

『ディスオビディエンス』あらすじ

Naomi Aldermanの同名小説の映画化。ロンドンの閉鎖的なユダヤ・コミュニティを嫌いニューヨークで写真家として羽ばたいた女性ローニ。しかし、父の訃報を受け、ロンドン、そして過去に引き戻される。再び閉鎖的な世界に嫌気がさしていた彼女であったが、目の前にかつて友人以上の関係だったアスティが現れ心がざわつく。そして二人は、かつてのことを思い出すかのように触れ合い…

意外と見ない組み合わせのレズビアン映画

本作はレイチェル・ワイズとレイチェル・マクアダムス、二人の《レイチェル》によるレズビアン映画だ。ねっとりした作風でお馴染みセバスチャン・レリオ監督節がアメリカでも炸裂している。ロンドンのユダヤコミュニティでユダヤ教の法学者として人々から尊敬されていた父。そんな父から逃れるようにニューヨークに渡っていた娘は、彼の訃報によりロンドンへと舞い戻る。そこで、かつて友人以上の関係だったエスティと再会し、再び愛が芽生えていくという内容だ。

原題の”DISOBEDIENCE”とは《不服従》という意味。敬虔なユダヤ教一家、コミュニティに服従しない女の苦悩を象徴させたタイトルになっている。本作は、宗教と同性愛を描いた作品なのだが、ユダヤ教とレズビアンというあまり見かけない組み合わせになっていて興味深い。ねっとりとしたタッチがユダヤコミュニティの閉塞感、レズビアンであることをひた隠しにする息苦しさをよく表現している。

ただ、ちょっと自分の味覚に合わなかった。鈍重な物語展開に退屈してしまった。

ブロトピ:映画ブログ更新
ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!

関連記事

【考察】『第三世代』闘争が祭に化ける瞬間

第三世代(1979) Die dritte Generation 監督:ライナー・ベルナー・

続きを読む

【ネタバレ考察】『悪魔の季節』ラヴ・ディアス版『ラ・ラ・ランド』に籠められた憤怒

悪魔の季節(2018) 原題:Ang panahon ng halimaw 英題:Season

続きを読む

『ランペイジ 巨獣大乱闘』おさるのジョージ シカゴへ行く

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018) RAMPAGE(2018) 監督:ブラッド・ペイトン

続きを読む

【東京フィルメックス ネタバレ考察】『川沿いのホテル』ホン・サンス、空間術の妙

川沿いのホテル(2018) HOTEL BY THE RIVER 監督:ホン・サンス 出演

続きを読む

『アイスと雨音』長回しフェチ必見!松居大悟の慟哭

アイスと雨音(2018) 監督:松居大悟 出演:森田想、田中怜子、田中偉登、 青木柚、紅甘

続きを読む

【酷評】『BLEACH』映画学校の学生必見!ダメダメ脚本の優等生!

BLEACH(2018) 監督:佐藤信介 出演:福士蒼汰、杉咲花、早乙女太一、 雅-miy

続きを読む

【エリック・ロメール特集】『海辺のポーリーヌ』夏だ!このテラスハウスを観よう♩

海辺のポーリーヌ(1983) PAULINE A LA PLAGE(1983) 監督:エリッ

続きを読む

【アンジェイ・ズラウスキー特集】『夜の第三部分』男は女の幻影を観てシラミ工場へ

夜の第三部分(1972) Trzecia część nocy(1972) 監督:アンジェイ

続きを読む

『3D彼女』英勉、キモオタクまでもサイコーのコメディエンヌに…

3D彼女 リアルガール(2018) 監督:英勉 出演:中条あやみ、佐野勇斗、清水尋也、 上

続きを読む

【寅さんフルマラソン㊽】「男はつらいよ 寅次郎紅の花」衝撃の最終回

男はつらいよ 寅次郎紅の花(1995) 監督:山田洋次 出演:渥美清、 吉岡秀隆、倍賞千恵

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑