*

【キューバ映画特集】『ある官僚の死』日本も他人事ではない

公開日: : 最終更新日:2018/08/15 2018映画 , , , , , ,

【キューバ映画特集】『ある官僚の死』日本も他人事ではない

ある官僚の死(1966)
LA MUERTE DE UN BUROCRATA(1966)


監督:トマス・グティエレス・アレア
出演:サルバドール・ウッド、
シルビア・プラナス、
マヌエル・エスタニージョetc

評価:75点

先日、シネフィルの映画友達に「この夏、キューバに行くんだ♫」と語ったら、「こんな映画知ってるかい?」と2本のキューバ映画を提供してくれた。一本が『低開発の記憶』トマス・グティエレス・アレア監督作『ある官僚の死』、もう一本は、『ルシア』だ。今回は前者、『ある官僚の死』について書いて行くぞ!

『ある官僚の死』あらすじ

労働者が死んだ。葬式が行われたものの、問題が発生!未亡人が年金を受け取ろうとしたら、死んだ労働者の労働者証が必要だというのだ。よりによって、その労働者証は墓の中。墓を掘り起こそうとするのだが…

バスター・キートンへの愛がカオス度を高める

本作は、国の証明書をスクリーンに映し出すところから始まる。役者の紹介、関係者のリストが書かれた紙が映し出されるのだ。インド映画みたいだ。しかし、驚くのがその紙の終盤、献辞リストが用意されており、黒澤明やオーソン・ウェルズなどに愛を捧げているのだ。それだけに、本作はいろんな名作の面影を感じる作品となっている。しかしながら、まさかのバスター・キートンやハロルド・ロイドのドタバタコメディを核として物語が進むのだ。漫画のようにコミカルに飛び交うモノ、社会派に見えないほどの追いかけっこ、労働者の死を説明する場面では、チェコアニメさながらのストップモーションアニメが展開される。さらには露骨すぎてそのまんま東な『ロイドの要心無用』の時計台シーンオマージュまである。『低開発の記憶』とは打って変わってシュールかつコミカル、ポップな演出だ。

日本も他人事ではない…

ただ、本作は全く笑えない、旋律のブラックコメディとなっている。死んだ労働者の労働者証を取得しようと、墓の掘り起こしを役所に懇願しようとするのだが、やれドキュメントが足りない、私の管轄外だとたらい回しにあう。ながーいながーい行列に並ぼうとも、1秒でも定時すぎたら強制終了明後日来やがれとなる。そして、一度マニュアルにない矛盾状態に陥入ればもう手詰まりだ。

これって、『わたしは、ダニエル・ブレイク』まんまだ!そして、この柔軟性のなさは、日本にも通じるものがある。長い時間待っても、書類一つ足りなければ、代替策も示さず強制終了。人情はなく、自分の保身しか考えていない。これは単なる社会主義の弊害を描いているわけではない。今の役所問題に通じる深刻な「たらい回し」を描いた作品でした。

それをトマス・グティエレス・アレアは、クラシックドタバタコメディベースで描くことで圧倒的作家性が滲み出る。これはめちゃくちゃ面白かったぞ!

ブロトピ:映画ブログ更新
ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!

関連記事

【映画BARリポート】高円寺にオープンBIG FISHでサイコーのクリスマスイヴを送ってきた!

高円寺に映画BAR"BIG FISH"爆誕!! 12/24に仮オープンする高円寺の洋画カフェ&バー

続きを読む

【キューバ映画特集】『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』キューバの音楽に酔いしれる

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ(1999) Buena Vista Social Club(19

続きを読む

【ネタバレ酷評】『センセイ君主』JKがすき家デートを全力で勧める、すき家プロパガンダ映画爆誕!

センセイ君主(2018) 監督:月川翔 主演:竹内涼真、浜辺美波、 佐藤大樹、新川優愛et

続きを読む

【ネタバレ解説】『ワンダー 君は太陽』デッドプールに通じる顔キレイキレイ問題に迫る!?

ワンダー 君は太陽(2017) WONDER(2017) 監督:スティーブン・チョボウスキー

続きを読む

『レディ・バード』6/1日本公開グレタ・ガーウィグの受験映画

レディ・バード(2017) Lady Bird(2017) 監督:グレタ・ガーウィグ 出演

続きを読む

【自主ベルイマン生誕100周年映画祭】『インド行きの船』ベルイマン流『アタラント号』

インド行きの船(1947) 英題:A Ship Bound for India 原題:Skepp

続きを読む

【アラン・ロブ=グリエ レトロスペクティブ ネタバレ考察】『囚われの美女』マグリットの絵からみる夢の不合理性

囚われの美女(1983) LA BELLE CAPTIVE 監督:アラン・ロブ=グリエ 出

続きを読む

【ネタバレなし】『ブラック・クランズマンBlacKkKlansman』成熟したスパイク・リー渾身の怒り

ブラッククランズマン(2018) BlacKkKlansman 監督:スパイク・リー 出演

続きを読む

【MUBI】『紙の花』インドからハリウッドへのラブレター

紙の花(1959) Kaagaz Ke Phool 監督:グル・ダット 出演:グル・ダット

続きを読む

『ブラック・パンサー』アフリカ×SFの化学反応

ブラック・パンサー(2017) BLACK PANTHER(2017) 監督:ライアン・クー

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人2年目の映画オタク。 年間500本、映

『デビルシャーク』デビルシャークと私

デビルシャーク(2015) SHARK EXORCIST 監督

第69回ベルリン国際映画祭コンペ作品追加発表、A.ヴァルダ、A.ホランド、I.コイシェetc

第69回ベルリン国際映画祭コンペ作品追加発表 先日、第69回ベルリン

『The Hate U Give』今、ブラックムービーが熱い件

ザ・ヘイト・ユー・ギブ(2018) The Hate U Give

【MUBI】『FROST』ジャーナリストには己の揺るぎなき哲学がいる

フロスト(2017) FROST 監督:シャルナス・バルタス

【『クリード 炎の宿敵』公開記念】『ロッキー4/炎の友情』バルボア、Pepperを買う

ロッキー4/炎の友情(1985) Rocky IV 監督:シル

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑