*

【キューバ映画特集】『ある官僚の死』日本も他人事ではない

公開日: : 最終更新日:2018/08/15 2018映画 , , , , , ,

【キューバ映画特集】『ある官僚の死』日本も他人事ではない

ある官僚の死(1966)
LA MUERTE DE UN BUROCRATA(1966)


監督:トマス・グティエレス・アレア
出演:サルバドール・ウッド、
シルビア・プラナス、
マヌエル・エスタニージョetc

評価:75点

先日、シネフィルの映画友達に「この夏、キューバに行くんだ♫」と語ったら、「こんな映画知ってるかい?」と2本のキューバ映画を提供してくれた。一本が『低開発の記憶』トマス・グティエレス・アレア監督作『ある官僚の死』、もう一本は、『ルシア』だ。今回は前者、『ある官僚の死』について書いて行くぞ!

『ある官僚の死』あらすじ

労働者が死んだ。葬式が行われたものの、問題が発生!未亡人が年金を受け取ろうとしたら、死んだ労働者の労働者証が必要だというのだ。よりによって、その労働者証は墓の中。墓を掘り起こそうとするのだが…

バスター・キートンへの愛がカオス度を高める

本作は、国の証明書をスクリーンに映し出すところから始まる。役者の紹介、関係者のリストが書かれた紙が映し出されるのだ。インド映画みたいだ。しかし、驚くのがその紙の終盤、献辞リストが用意されており、黒澤明やオーソン・ウェルズなどに愛を捧げているのだ。それだけに、本作はいろんな名作の面影を感じる作品となっている。しかしながら、まさかのバスター・キートンやハロルド・ロイドのドタバタコメディを核として物語が進むのだ。漫画のようにコミカルに飛び交うモノ、社会派に見えないほどの追いかけっこ、労働者の死を説明する場面では、チェコアニメさながらのストップモーションアニメが展開される。さらには露骨すぎてそのまんま東な『ロイドの要心無用』の時計台シーンオマージュまである。『低開発の記憶』とは打って変わってシュールかつコミカル、ポップな演出だ。

日本も他人事ではない…

ただ、本作は全く笑えない、旋律のブラックコメディとなっている。死んだ労働者の労働者証を取得しようと、墓の掘り起こしを役所に懇願しようとするのだが、やれドキュメントが足りない、私の管轄外だとたらい回しにあう。ながーいながーい行列に並ぼうとも、1秒でも定時すぎたら強制終了明後日来やがれとなる。そして、一度マニュアルにない矛盾状態に陥入ればもう手詰まりだ。

これって、『わたしは、ダニエル・ブレイク』まんまだ!そして、この柔軟性のなさは、日本にも通じるものがある。長い時間待っても、書類一つ足りなければ、代替策も示さず強制終了。人情はなく、自分の保身しか考えていない。これは単なる社会主義の弊害を描いているわけではない。今の役所問題に通じる深刻な「たらい回し」を描いた作品でした。

それをトマス・グティエレス・アレアは、クラシックドタバタコメディベースで描くことで圧倒的作家性が滲み出る。これはめちゃくちゃ面白かったぞ!

ブロトピ:映画ブログ更新
ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!

関連記事

【ネタバレ考察】『モリーズ・ゲーム』2つの文学作品から見出すA.ソーキンの超絶技巧

モリーズ・ゲーム(2017) MOLLY'S GAME(2017) 監督:アーロン・ソーキン

続きを読む

【酷評】『散り椿』木村大作よ、この醜態どうした??

散り椿(2018) 監督:木村大作 出演:岡田准一、西島秀俊、黒木華、池松壮亮、麻生久美子e

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】「地獄門」日本で初めてパルムドールを獲った時代劇

地獄門(1953) 監督:衣笠貞之助 出演:長谷川一夫、京マチ子etc 評価:85点

続きを読む

『リバーズ・エッジ』グザヴィエ・ドラン譲りのアスペクト比マジックが生む閉塞感の解放

リバーズ・エッジ(2018) RIVER'S EDGE(2018) 監督:行定勲 出演:二

続きを読む

【ネタバレ考察】『ペンギン・ハイウェイ』ボインボインの陽のもとに

ペンギン・ハイウェイ(2018) Penguin Highway(2018) 監督:石田祐康

続きを読む

【ゴーモン特集】『ファントマ対ファントマ』水曜日のダウンタウン系のオチに驚愕

ファントマ対ファントマ(1914) Fantômas contre Fantômas(1914)

続きを読む

『劇場版フリクリ オルタナ』the pillowsが赤色彗星となって青春に墜ちた…

劇場版フリクリ オルタナ(2018) 監督:上村泰、鈴木清崇etc 出演:新谷真弓、美山加恋

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】『ビューティフル・デイ』ホアキン・フェニックスの演技は凄いが…

ビューティフル・デイ(2017) YOU WERE NEVER REALLY HERE(2017)

続きを読む

【ネタバレ解説】『君の名前で僕を呼んで』忍れど 死のブレード乱れ 苦き淡

君の名前で僕を呼んで(2017) CALL ME BY YOUR NAME(2017) 監督

続きを読む

シネフィル必見最強のVOD《MUBI》は難易度高いが挑戦する価値あり!

シネフィル必見最強のVOD《mubi》を使ってみた 『スリー・ビルボード』公開のこのタイミングで、

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑