*

【ネタバレなし解説】『クローバーフィールド パラドックス』サプライズリリースから観る企業戦略

【ネタバレなし解説】『クローバーフィールド パラドックス』サプライズリリースから観る企業戦略

クローバーフィールド パラドックス(2018)
THE CLOVERFIELD PARADOX(2018)


監督:ジュリアス・オナー
出演:ググ・バサ=ロー,
デヴィッド・オイェロウォ,
ダニエル・ブリュール,
エリザベス・デビッキ,
チャン・ツィイーetc

評価:80点

SNS時代、企業のリリース情報や噂が直ぐに伝播拡散してしまう時代。サプライズニュースリリースで企業の秘密保持力=信頼性を誇示することがブームになろうとしている。

先日、任天堂がダンボール工作×Nintendo Switchの新製品Nintendo Laboを突然発表し、世間を驚かせた。

昨日、映画ファンを似たような事例が驚かせた。忘れた頃にやってくる『クローバーフィールド』シリーズ最新作をNetflixがアメリカ最大級の祭典スーパーボールで発表したのだ。しかも配信日が、、、今日(2/5)だと言うのだ。

映画製作となると何百人、何千人もの人が関わっている。しかもチャン・ツィイーなんて大御所も出演しているのに、全くその日まで新作制作の気配すら感じなかった。つくづくバッド・ロボット・プロダクションズ、そしてNetflixの秘密保持力は凄まじいなと感じた。

そして『クローバーフィールド』シリーズは物語の性質上、ネタバレ厳禁&ネタバレ地雷原という非常に語りづらいシリーズ。それ故に、このサプライズニュースリリースは全世界の映画ファンには喜ばしい出来事だ。一方で、Netflix配信につき劇場での鑑賞は絶望的になり、下手すればDVD化もしない恐れがある哀しい側面も持っている。

さて、そんな『クローバーフィールド』シリーズ最新作を今朝観ました。ネタバレしないで語るが、未見の方はこんな感想を読んでる場合ではない。すぐ観ましょう。ネタバレされる前に。

『クローバーフィールド パラドックス』あらすじ

近未来の宇宙ステーションに集められた世界各国のエンジニア。彼らは、人類発展のため、ある装置を開発していた。実験を重ねるがなかなか上手くいかない。そんなある日、ついに実験が成功するのだが…

またしても予想を裏切る作品

まず、『クローバーフィールド』シリーズは毎回、意表を突く作品になっている。一作目は、○○○のスピリットを引き継ぎ、徹底的にリアリズムに拘った○○映画だった。その拘りからお堅い映画誌カイエ・デュ・シネマ ベストテンに選ばれたりもした。

二作目は、まさかの密室劇で、徹底した会話によるサスペンスからの《奴》への展開は斬新だった。

三作目はまさかの宇宙が舞台。全くもって『クローバーフィールド』感の入り込む場所がない。そこが狙いだ。観客の思ったような物語が起きないのだ。だからTwitter,Filmarks,IMDb等のレビューを読むとぱっくり賛否両論分かれていた。一作目好きほど酷評している傾向にあった。確かに、本作の9割はB級C級SFホラーなのだから。

しかし、宇宙空間で繰り広げられる国際事業。それにより巻き起こる超常現象。この次何が起きるか分からない感じ、そしてギミックの面白さによるワクワク感は『イベント・ホライゾン』以来の新鮮さだった。確かに、雰囲気は往年のSF映画のパクリみたいなところもある。しかし、それが吹っ切れている。徹底的に観客を楽しませようとしているからこれらの通俗な描写が愛らしくなるのだ。もちろんあっと驚かされるシーンもある。びっくりする場所から、《あるもの》が出てきたり、腕がグニャングニャンになったりと…おっとこっから先は観てのお楽しみ。とにかく楽しかった。

『クローバーフィールド パラドックス』は21世紀のフランチャイズ映画に新たな発想を与えたエポックメイキングな作品だったと言えよう。

ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!
ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【キューバ映画特集】『低開発の記憶』キューバ映画史上最重要作を観てみた

低開発の記憶(1968) 原題:MEMORIAS DEL SUBDESARROLLO 英題:ME

続きを読む

『ヴァレリアン』リュック・ベッソンはホドロフスキーとメビウスに近づきたい!

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017) 英題:Valerian and the City of

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】『ユマニテ』目つきがヤバい!3冠を獲得したブリュノ・デュモン映画

ユマニテ(1999) L'humanité(1999) 監督:ブリュノ・デュモン 出演:エ

続きを読む

【 #カメ止め 】『カメラを止めるな!』2度目の鑑賞、それは完全にスタッフ目線!

まさしくポンデミック!『カメラを止めるな!』旋風 ※警告:本作は『カメラを止めるな!』の感想記

続きを読む

【速報】第71回カンヌ国際映画祭パルムドールは『万引き家族』!21年ぶりに日本映画が受賞

第70回カンヌ国際映画祭受賞結果 パルム・ドール:万引き家族 監督:是枝裕和 すげええ

続きを読む

【ネタバレ】『ストリート・オブ・ファイヤー』の凄さについて10の観点から語る

ストリート・オブ・ファイヤー(1984) Streets of Fire(1984) 監

続きを読む

第71回カンヌ国際映画祭ラインナップ発表 濱口竜介だけじゃない!シネフィル燃えるオールスター感謝祭だ

第71回カンヌ国際映画祭ラインナップ発表 今年もこの季節がやってきました。カンヌ国際映画祭。今

続きを読む

【絶賛】『バーフバリ 王の凱旋』前作未見でもノープロブレム 地を這ってでもこの映画を観てくれ!

バーフバリ 王の凱旋(2017) Baahubali 2: The Conclusion 監

続きを読む

【酷評】『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』キネ旬1位作品は詩と映画を履き違えた最高密度の駄作だ

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2017) 監督:石井裕也 出演:石橋静河、池松壮亮、

続きを読む

【実話解説】『デトロイト』アカデミー賞まさかの落選だが『ハート・ロッカー』がお子様ランチに見える傑作だ!

デトロイト(2017) DETROIT(2017) 監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジョ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑