*

【ネタバレなし】『RAW ~少女のめざめ~』思春期の成長を深く洞察した傑作

【ネタバレなし】『RAW ~少女のめざめ~』思春期の成長を深く洞察した傑作

RAW ~少女のめざめ~(2016)
RAW(2016)


監督:ジュリア・デュクルノー
出演:ギャランス・マリリアー,
エラ・ルンプフ,
ローラン・リュカetc

評価:80点

2月は3本もの「めざめ」映画が公開される。『RAW 〜少女のめざめ〜』『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』だ。その第一弾『RAW 〜少女のめざめ〜』を観てきた。カンヌ国際映画祭で失禁者続出したらしいゲテモノ映画だ。

『RAW』あらすじ

ベジタリアン一家に過保護に育てられた16歳のジュスティーヌは全寮制の獣医学校へ入学する。不安を抱く彼女が直面する大学生活は壮絶なものだった。入寮初日から上級生の猛烈な下級生いじめが始まる。そして、ベジタリアンにも関わらずウサギの腎臓を食わせられてしまう。救いを求めるかのように、同じ大学に通っている姉のところに行くのだが、姉は変わり果ててしまっていた。そして….ジュスティーヌにある異変が起きる…

ポランスキーの『反撥』を原液で呑んだような厭らしさ

ロマン・ポランスキーの『反撥』に近い純粋無垢な少女が大人の階段を昇る際の悪夢が描かれた作品だと思い、実際に観てみたところ、『反撥』というなのウォッカをストレートで1リットル飲む様な毒薬。吐き気が出る程の傑作であった。

神童だと言われ、親から過保護に育てられた少女が観る獣医学校の洗礼。割かと日本だけの話かと思っていた、先輩の後輩イジメ。イジメられたかつての後輩が上級生になり、あの頃の恨みを下級生にぶつける構図はフランスにもあった。

暴力、暴力、暴力の応酬。ベジタリアンにも関わらず、ウサギの腎臓を食わせられる鬼畜プレイ、とにかく断食して観て正解だと思う程に不快指数が溜まります。

ただこの映画、実は物語に強固な神話性を帯びている。それ故に、自分もかつて乗り越えてきた子どもと大人の狭間にある葛藤を思い出す。だから観終わった後、良い映画を観たという満足感を得る。これは例えるならば一本満足バー以上だ。

特に姉という存在の描き方が秀逸。
姉は1年早く獣医学校に入っている。妹は大学デビューの不安を優しかった姉に癒してもらおうとする。しかし、姉は変わり果ててしまった。これは、大人の世界を知った者とこれから知る者の対比として非常に重要だ。大人の世界を知った時に振り返る過去の自分。記憶から消し去りたい程ダサい自分。しかし、目の前にはダサい自分を思い出させる存在としての妹がいる。町山さんも語っていたことなのだが、本作は中盤から姉の話へとシフトしていくのだ。そして、厭な自分の黒歴史との決別を、妹との文字通り食ってかかったような肉欲の戦いによって描いていく。実は、本作において「食う」という行為が自分の中のガンを潰すメタファーとして重要な意味付けをされていた。

正直、万人にはオススメできない。R-15ではあるが、本当に吐き気がするほど鬼畜なショットばかりです。ただ、これは紛れもないイニシエーション映画の傑作と言える。

ブロトピ:映画ブログ更新
ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!

関連記事

【寅さんフルマラソン㊳】「男はつらいよ 知床慕情」竜造入院

男はつらいよ 知床慕情(1987) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 淡路恵子, 下條正巳

続きを読む

【#バーフバリ絶叫】マヒシュマティ王国に二度入国して気づいたこと※ネタバレあり

バーフバリ絶叫上映に行ってみた 『マッド・マックス/怒りのデス・ロード』に次ぐ映画ファンを狂わ

続きを読む

【ハル・ハートリー特集】『FLIRT/フラート』井之頭五郎さんが医者をやっていた時代

FLIRT/フラート(1995) 監督:ハル・ハートリー 出演:ビル・セイジ、マーティン・ド

続きを読む

【ネタバレ】『ガーディアンズ』ロシア版X-MEN…実は司令官最強説

ガーディアンズ(2017) 原題:Защитники 英題:THE GURDIANS 監督

続きを読む

『満月の夜』エリック・ロメールとモンドリアン、水と油の気が…

満月の夜(1984) LES NUIT DE LA PLEINE LUNE(1984) 監督

続きを読む

【キューバ映画特集】『苺とチョコレート』同性愛×華氏451

苺とチョコレート(1993) FRESA Y CHOCOLATE(1993) 監督:トマス・

続きを読む

『30年後の同窓会』リンクレイター版『さらば冬のかもめ』二次創作

30年後の同窓会(2017) LAST FLAG FLYING(2017) 監督:リチャード

続きを読む

【ネタバレ】『羊の木』はおもてなし課から出向した錦戸亮のエクストリームおもてなし映画だ!

羊の木(2018) 監督:吉田大八 出演:錦戸亮,木村文乃, 北村一輝,優香, 市川実日

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】『タクシー・ブルース』ペレストロイカがよくわかる

タクシー・ブルース(1990) TAXI BLUES(1990) 監督:パーヴェル・ルンギン

続きを読む

【ネタバレ考察】『未来のミライ』は実質、官能映画『アイズ ワイド シャット』だった!

『未来のミライ』は実質、官能映画『アイズ ワイド シャット』だった! 夏休み目玉映画として公開

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑