*

【絶賛】『バーフバリ 王の凱旋』前作未見でもノープロブレム 地を這ってでもこの映画を観てくれ!

【絶賛】『バーフバリ 王の凱旋』前作未見でもノープロブレム 地を這ってでもこの映画を観てくれ!

バーフバリ 王の凱旋(2017)
Baahubali 2: The Conclusion


監督:S・S・ラージャマウリ
出演:プラバースシヴドゥ、
アヌシュカ・シェッティ、
ラーナー・ダッグバーティetc

評価:バーフバリ!!!!!!(5億点)

今、映画ファンの間で密かに大ブームを巻き起こしている作品がある。その名も『バーフバリ』。昨年の上半期に1作目『伝説誕生』がひっそりと公開されるや否や口コミで「『バーフバリ』やべぇ」という評判が伝播していった。そして年末に、第二弾『王の凱旋』が公開されると猛烈な勢いでファンを増やしていった。
ブンブンの周りでも、どいらじを始め様々なところで絶賛され、先日ライムスター宇多丸も「昨年のシネマランキングに入れるとすれば…1位です」と語っていたほどの熱狂ぶりだ。

ってことで、ブンブン前作未見ですが、映画仲間と観てきました。新宿ピカデリーで2日前予約して正解でした。当日朝、劇場に行ったところ、既に13:05の回は満席でしたよ。

『バーフバリ 王の凱旋』あらすじ

マヒシュマティ王国の王になったアマレンドラ・バーフバリは旅先のクンタラ王国の王女デーバセーナと恋に落ちる。バーフバリに嫉妬を抱くバラーラデーバは、裏工作で二人の恋を引き裂き、バーフバリを王座から引きずり落とそうとしていた。

バーフバリでバーフバリな映画だった!

本作を観終えた私は猛烈な禁断症状に見舞われた。『バーフバリ 王の凱旋』もう一度観たい!サイコー!だと。そして、ここ1ヶ月の映画の記憶が吹き飛んでしまいました。丁度、この日午前中に観てこれまた大傑作であった『5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生』の記憶が失われる程のディープインパクト、ビッグバンが私に降りかかってきたのだ。

ただ、多くの映画ファンが本作についてまともに語れないの同様、私も上手く言語化できなかった。何度Filmarksを開いても、全く文字が進まないのだ。ただただ、この世のものとは思えない映画体験をしたとしか言えなかった。

そこで1日かけて頑張って言語化してみた。

本作は、まず映画として破綻しまくっていると言っても過言ではない。CGは雑だし、バーフバリが3本矢でアクションをしているのだが、何故か背中に背負っている矢のストックは減っていない。寧ろ増えていたりする。

また本作は、前作未見の方の為、ハイロー方式であらすじ解説を5分かけて行ってくれるのだが、後半の展開が、本作のクライマックスと酷似している、というよりか使いまわしているのだ。ストーリーもいくらバラーラデーバの囁きに嵌められたからとはいえ、シヴァガミのやっていることは鬼畜すぎてドン引きレベルだ。しまいには、戦争のさなか火鉢を頭に乗せて要塞を闊歩するという衝撃のシーンまである。もう脳内パニック。何が自分の中で起きているのかがわからなくなる。

しかし、本作はすべての否定的意見を無にする。いや、一つあたり5億点の描写へと変える力がある。ラーメン二郎も真っ青な程、アクションとDopeな音楽に全身鳥肌立ちまくり。観終わった後、シブドゥのように両手を広げて「バーフバリーーーーーーーーーー!!!!」と叫びたくなりました。そもそも、観ている間、地獄であったことを告白しないといけない。あまりに楽しい音楽、面白すぎるアクションを前にじっとしているのが本当に辛かった。


これぞ、爆音上映、絶叫上映、マサラ上映に向いている。というよりか、それ以外の鑑賞をオススメできない作品と言えよう。もはや、これは映画でもない。これは「体験」だ。

あなたの世界観が180度変わるそんな傑作『バーフバリ 王の凱旋』は前作未見でも一切問題ないので、地を這ってでも、劇場で、「劇場」でウォッチしてください。

バーフバリサイコーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!

ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!
ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

『勝手にふるえてろ』妄想か現実か?この愛の葛藤わかるー

勝手にふるえてろ(2017) 監督:大九明子 出演:松岡茉優、渡辺大知、北村匠海etc

続きを読む

“Ç”地球の急ぎ方~ベトナムの映画ポスターが超絶かっこいい件 お土産に最適です~

ベトナムの隠れた土産 先日ベトナム旅行に行きました。 皆さんはベトナムでどんな土産を 買います

続きを読む

“Ç”【解説】「光りの墓」公開記念アピチャッポン幻の作品日本上陸「世紀の光」

世紀の光(2006) Syndromes and a Century 監督:アピチャッポン・

続きを読む

【アテネフランセ特集】『どん底(2008)』メンドーサの荒ぶるマニラ世界

どん底(2008) 原題:Tirador 英題:Slingshot 監督:ブリランテ・メン

続きを読む

【実話】11/14公開「エディ・ザ・イーグル」吹っ切れたバカは清々しい!

北欧旅行で観た映画6: エディ・ザ・イーグル(2016) EDDIE THE EAGLE(201

続きを読む

【ネタバレ解説】『カメラを止めるな!』鑑賞前に《絶対に》読まないでください

【ネタバレ解説】徹底分析!『カメラを止めるな!』の超絶脚本を振り返る ※WARNING:まだ『

続きを読む

【賞賛】『ナチュラルウーマン』にアカデミー賞外国語映画賞獲ってもらいたい!

ナチュラルウーマン(2017) 原題:Una Mujer Fantástica 英題:A Fan

続きを読む

『スカイスクレイパー』ロック様こそ真のロックスター!ミスターSASUKEだ!!

スカイスクレイパー(2018) Skyscraper 監督:ローソン・マーシャル・サーバー

続きを読む

【ネタバレなし】「ダゲレオタイプの女」黒沢清海外進出作「クリーピー」の弱点を克服

ダゲレオタイプの女(2016) La femme de la plaque argentique(

続きを読む

“Ç”【カンヌ特集】「ティエリー・トグルドーの憂鬱(la loi du marché)」マジ鬱になるぞ(汗

ティエリー・トグルドーの憂鬱(2015) la loi du marché(2015) ※日本公

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑