*

【アテネフランセ特集上映】『マニラ・光る爪』日本映画の貧困描写に足りないものがある

【アテネフランセ特集上映】『マニラ・光る爪』日本映画の貧困描写に足りないものがある

マニラ・光る爪(1975)
MAYNILA: SA MGA KUKO NG LIWANAG


監督:リノ・ブロッカ
出演:ヒルダ・コロネル,リリー・ガンボア・メンドーサetc

評価:80点


↑入り口では、無料で豪華な冊子が配られていた。

我が聖書『死ぬまでに観たい映画1001本』に掲載されている鑑賞難易度Sランク(輸入でも入手困難)のフィリピン映画がアテネフランセの特集上映《東南アジア、巨匠から新鋭まで》で上映されるということだったので観てきた。

『マニラ・光る爪』あらすじ

エドガルド・M・レイエスの小説を映画化。失踪したガールフレンドを探しに田舎から首都マニラにやってきた青年フリオ。資金が底を尽き、工事現場の仕事を転々としながら7ヶ月が過ぎた。そんな中、とある建物にガールフレンドと思われる人物が出入りしていることに気がつくが…

体感時間5時間の旅

本作を観ると、近年日本で作られる貧困映画が如何にイメージのパッチワークで、貧困による心の変化をないがしろにしているのかがよく分かる。

まず、本作はいい意味で体感時間が5時間に感じる作品だ。フィリピンの田舎町から都会マニラに行方不明のカノジョを探しにやってきた気弱な青年が如何にして狂気に陥るのかを、2時間の壮大な旅を通じて少しずつ紡がれていく。

彼女を探しに行ったものの資金がなくなり、工事現場のバイトで凌ぐ。経営者はピンハネのプロ。契約書には1日4ペソと書いてあるのに、「タイワン」という独自ルールで1日2ペソしか貰えない。「タイワン」とは、経営が厳しくなった場合経営者が発動するルールで、給料受け取りを先延ばしにするか、減給される代わりに今受け取るかを選ぶもの。多くの労働者はその日生きるのも厳しいので、後者を選びドンドン経営者から搾取されていく。

この理不尽な現象から生まれてくる友情、そしてその友情すら潰していく事件をスタイリッシュな映像、ドープな音楽で描いていく。ただ、決して表現に逃げることはない。常にフィリピン社会と個人の関係に向き合っているからこそ、この青年に惹かれていく。

あれだけ気弱で優しい青年が怒りを爆発させた時、私は気づいた。これは日本もあながち他人事ではないのでは?と。SNS、特にTwitter界隈において、人々が火炎瓶を投げつける様子が散見される。この暴力的な現象は、まさに社会の不条理に飲まれ憎悪の塊となった人々が起こすものだと言える。

日本映画の貧困描写に足りないものがある

ここ最近感じることだが、日本映画の貧困描写があまりに薄い。《貧困》という表面的イメージをそのまま映像にトレースしているだけと言える。例えば、キネマ旬報や映画芸術でベストワンとなった『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』を例にとると、池松壮亮扮する工事現場の男はコミュ障で空気が読めず、貧しいという日本の最下層像を体現しているのだが、映画を通じて彼はどうしてそうなってしまったのかという描写もなければ、成長というのもない。ただ貧困の象徴としt描かれている。『あゝ、荒野』に関しても、貧困は障害や鬱から起こるというある種決めつけが全編を支配している。
『東京難民』のように、貧困に陥る過程と、貧困と社会の関わりをしっかり描いている作品は本当に少ないのだ。先入観で描いた貧困は超絶技巧の演出で表現すると、シネフィルからの評価は高くなりがちだが、ちょっと待ってほしい。果たしてそこに映る貧困はホンモノなのか?偽善と高慢と偏見に満ちた世界ではないのか?

この『マニラ・光る爪』を観ると、日本映画の貧困描写に疑問を強く抱く。これはそのうちクライテリオンかどこかでDVD化されそうなので、映画を作る人は是非とも挑戦してほしい。

ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!
ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【実話解説】『デトロイト』アカデミー賞まさかの落選だが『ハート・ロッカー』がお子様ランチに見える傑作だ!

デトロイト(2017) DETROIT(2017) 監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジョ

続きを読む

【ネタバレ解説】『マザー!』日本の配給会社が公開を諦めた!アロノフスキーが描く”アレ”

マザー(2017) MOTHER!(2017) 監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ジェ

続きを読む

【#バーフバリ絶叫】マヒシュマティ王国に二度入国して気づいたこと※ネタバレあり

バーフバリ絶叫上映に行ってみた 『マッド・マックス/怒りのデス・ロード』に次ぐ映画ファンを狂わ

続きを読む

【クラシック】「家庭」トリュフォーが観た「ふしぎの国のアリス」

家庭(1970) DOMICILE CONJUGAL(1970) 監督:フランソワ・トリュフ

続きを読む

【寅さんフルマラソン㊳】「男はつらいよ 知床慕情」竜造入院

男はつらいよ 知床慕情(1987) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 淡路恵子, 下條正巳

続きを読む

【酷評】『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』キネ旬1位作品は詩と映画を履き違えた最高密度の駄作だ

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2017) 監督:石井裕也 出演:石橋静河、池松壮亮、

続きを読む

【解説】『ジャコメッティ 最後の肖像』歩く男Iを作る映画ではないが彼の彫刻観が分かる一本

ジャコメッティ 最後の肖像(2017) FINAL PORTRAIT(2017) 監督:スタ

続きを読む

【ネタバレ解説】『ライオンは今夜死ぬ』諏訪敦彦のラブレターに隠されたメッセージとは?

ライオンは今夜死ぬ(2018) LE LION EST MORT CE SOIR(2018)

続きを読む

【MyFFF】『スワッガー Swagger』日本も人ごとじゃない二世の叫び!

スワッガー(2016) Swagger(2016) 監督:Olivier Babinet

続きを読む

映画芸術2017ベスト&ワースト映画! ワーストは「三度目の殺人」 そしてベストは石井裕也のアレだった件

2017年「映画芸術」ベスト&ワースト発表 さあさあ、映画人待望の映画芸術のベストテン及びワー

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

第90回アカデミー賞受賞予想②~主演男優・主演女優賞~

第90回アカデミー賞受賞予想2 今回は、主演男優賞と 助演女優賞を

第90回アカデミー賞受賞予想①~外国語映画・長編ドキュメンタリー・長編アニメーション~

第90回アカデミー賞受賞予想① 今日から少しずつ第90回アカデミー賞

『リバーズ・エッジ』グザヴィエ・ドラン譲りのアスペクト比マジックが生む閉塞感の解放

リバーズ・エッジ(2018) RIVER'S EDGE(2018)

【ネタバレなし解説】『パンとバスと2度目のハツコイ』深川麻衣アイドル映画なのに…

パンとバスと2度目のハツコイ(2017) 監督:今泉力哉 出演

【ネタバレ酷評】『グレイテスト・ショーマン』が致命的にダメダメだった8の理由

グレイテスト・ショーマン(2017) THE GREATEST SH

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑