*

【オリヴェイラ特集】「家宝」オリヴェイラお得意のびっくりエンディング映画

公開日: : 最終更新日:2017/10/28 2017映画, 映画 , , , , , , , , , ,

【オリヴェイラ特集】「家宝」オリヴェイラお得意のびっくりエンディング映画

家宝(2002)
O PRINCIPIO DA INCERTEZA(2002)


監督:マノエル・ド・オリヴェイラ
出演:レオノール・バルダック、
レオノール・シルヴェイラ、
リカルド・トレバetc

評価:65点

オリヴェイラDVD-BOXに収録されている作品「家宝」を観た。原題は直訳すると「不確定性原理」。なんと物理用語だ。不確定性原理は解説すると非常に厄介かつ、物理が苦手だったブンブンが正確に解説できる自身がないので興味ある人はググって欲しい。ただ、一つ言えるのは、不確定性原理の「粒子を観測しようとしても、光がその粒子の動きに影響を与えるため、性格に観測することは困難」という理論と、ファムファタールものが結びついていることだ。

果たしてどういった話なのだろうか。

「家宝」あらすじ

聖母マリア荘を舞台に、美女に惑わされ怪しい仕事を始める青年と、その青年に恋心を寄せていたが、富豪と結婚してしまった女性の四角関係が描かれていく…

歯車の乱れは測定不能

魔性の女によって、崩れていく聖母マリア荘の家族達を描いた本作は、いつ歯車が乱れたのかが分かりにくいほど行間多い作品。流石原題が「不確定性原理」だけある。

非常に難解でブンブンも完全に理解したと言い切れない本作だが、「アブラハム渓谷」の姉妹作だと思って観ると面白い。どちらもドウロ河を舞台に物語が進み、時と場所の隔たりを列車の車窓から見える圧巻な景色で描写している。そして「アブラハム渓谷」では女性の悲劇が描かれていたが、本作では男性の悲劇が描かれる。

青年は、怪しい女の仕事に乗りさえしなければ、幼なじみの女の子と結婚し平和な暮らしが出来たにもかかわらず、闇の仕事に手を付けてしまう。その天罰が、非常に滑稽ながらも凄惨な形でジェットコースターのように観客に押し寄せてくる。

オリヴェイラ監督は、オラキオ体操クラブの「思わぬエンディングを迎えるB級インド映画」かと突っ込みを入れたくなるような唐突で衝撃的な終わり方をする。それこそ「永久の語らい」のアレや「ブロンド少女は過激に美しく」のアレなんか観る者全員スッテンコロリン椅子から転げ落ちそうなエンディングだったが、この「家宝」も、原作がポルトガルの娼館火災事件から着想を得て書かれたと知った状態で観ても、あまりにびっくりするエンディングなのだから、つくづくオリヴェイラ監督のマジックは凄いと思う。個人的に消化不良だったのでまた観てみたい作品だ。

オリヴェイラ監督作品感想記事

【映画遠足】「階段通りの人々」オリヴェイラ版「どん底」
“Ç”新藤兼人より長生き!マノエル・ド・オリヴェイラ映画「アンジェリカの微笑み」
「ブロンド少女は過激に美しく」官能映画ではない!もう一つの「裏窓」だ!
【映画遠足】「アブラハム渓谷」3時間で成長を魅せるエマ
【オリヴェイラ特集】「神曲」オリヴェイラが解説する宗教と人間の関係
【オリヴェイラ特集】「ノン、あるいは支配の空しい栄光」人類と戦争の関係
【オリヴェイラ特集】「繻子の靴」オリヴェイラが描く7時間のクローデル劇

ブロトピ:映画ブログ更新
ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!

関連記事

「仮面ライダー平成ジェネレーションズ」:「ピクセル」の20倍面白いその訳とは?

仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド& ゴーストwithレジェンド

続きを読む

“Ç”「葛城事件」ライムスター宇多丸大絶賛!老害THEムービー

葛城事件(2016) 監督:赤堀雅秋 出演:三浦友和、新井浩文、 南果歩、田中麗奈etc

続きを読む

TIFF2016鑑賞記録9「パリ、ピガール広場」パリ18区は最後の砦、まさに最後のパリジャン!

パリ、ピガール広場(2016) LES DERNIERS PARISIENS(2016) 監

続きを読む

“Ç”東京国際映画祭を賑わせたあの作品が公開11月のオススメ映画

「さようなら」「アレノ」「FOUJITA」 東京国際映画祭が終了してしまいました! 見逃した作品

続きを読む

「将軍様、あなたのために映画を撮ります」北朝鮮版「地獄でなぜ悪い」

将軍様、あなたのために映画を撮ります The Lovers and the Despot(2016

続きを読む

【カイエ・ドゥ・シネマ週間】「夢が作られる森」クレール・シモンが提示する新しい幸福論

夢が作られる森(2016) LE BOIS DONT LES RÊVES SONT FAITS(2

続きを読む

TIFF2016鑑賞記録14「14の夜」レンタルビデオ屋のワクワク味わえる足立紳監督デビュー作

14の夜(2016) 監督:足立紳 出演:犬飼直紀、光石研、濱田マリetc 評価:80

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】「ifもしも…」もう一人のトラヴィスの過激な妄想

ifもしも...(1968) if...(1968) 監督:リンゼイ・アンダーソン 出演:

続きを読む

【寅さんフルマラソン②】「続・男はつらいよ」寅次郎、ラブホで母に会うの巻き

続・男はつらいよ(1969) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 倍賞千恵子, 山崎努,前田

続きを読む

“Ç”世にも奇妙なエストニア映画「ルクリ」TIFFにて

ルクリ(ROUKLI) 監督:ヴェイコ・オウンプー 出演:ユハン・ウルフサク、ミルテル・ポフ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑